dokusyo

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

Top page

f:id:tetuneco:20161112103929j:plain

こんにちは、tetunecoです。

私は、書評、本の選び方などを書き、そして、おすすめの本をジャンルや著者別にまとめたリストを作っています。

 

私の記事が、あなたと本の出会いのきっかけになるといいなと思っています。 

 

【記事一覧】 

 

 

小説などのおすすめリスト

 

実用書リスト

生き方

 

働き方

読む書く

 

お金のこと 

 

 

新書・教養書リスト

おすすめの新書

 

宇宙の本

 

生物の本

 

 

私の好きな作家さん おすすめリスト

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

  

私の好きな作品 順番まとめ

 

本を選ぶ方法(私の場合)

 

 

電子書籍のメリット・デメリット

 

プロフィール

このページを書いている私のプロフィールはこちらです↓

 

こんなことやってます

 

【毎日更新】Kindle日替わりセール本を買って読んで感想を書く! 今日の本は?

f:id:tetuneco:20171105150108j:plain

「あなた」という商品を高く売る方法 キャリア戦略をマーケティングから考える

 

はじめに

ルール 

AmazonKindleでは、日替わりセールとして、毎日1冊(夜中0時から23時59分)Kindle本のセールが行われています。

私は、日替わりセール本を毎日買い、24時間以内に、とにかく読めるところまで読んで簡単に紹介を述べることにしました。

ただし、

 

1 私がもうすでに読んだ本は買わない。

2 本当に必要のない本は買わない

3 コミックは読まないので、お休みとする。

4 むやみにおすすめはしない。

どこまで続くかわかりませんが、とりあえず頑張ります!

  

 

【これまでの記録】

継続684日目 買った本480冊・買わなかった本204冊

 

今日の日替わりセール本は?   

 
No.684 平成29年12月17日
タイトル 「あなた」という商品を高く売る方法 キャリア戦略をマーケティングから考える 

 【買う?買わない?】

どこかに就職して、滅私奉公して定年まで勤め上げるという、ただ働き続けるだけでは、これからの時代、ダメなのかな。
キャリア戦略にマーケティングと、幅広く働くことについて考えつつ、戦略的になる必要があるとしたら、これから社会に出る若者は、大変だなぁ。
と、なんだか他人事のように考えているけれど、私もまだまだ社会の荒波に飲まれないように、戦略的になる必要があるのだろう。
 著者は、マーケティングのプロ。人を商品として見た時に何が見えるのか。
著者のサイトはこちら↓
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
どんな内容なんだろうな、と思って読み始めたのだけど、以外と単純で、好きなことを伸ばす、これと決めたら徹底的に集中して取り組む、人のやらないことで戦わずして勝つということが、この本の基本的な考えでした。
どれも当たり前の考えのようだけれど、多くの人がキャリアアップを目指す中で、自分探しを始めてしまい、自分本来の強みを生かそうとしないのは、当たり前のことに気付かずにいるからなんだろうな。
また、この本では、自分の成功を、いつかは社会貢献につなげることを考えるよう勧めている。なりたい自分を想像する時の大きなヒントになると思った。
で、私の強みってなんだ?
 
No.683 平成29年12月16日
タイトル 1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則
1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則

1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則

 

 【買う?買わない?】

このところ、仮想通貨が話題を集めている。
仮想通貨といえども、新たな形の通貨というだけで、今後、仮想通貨の利用が広まっても、お金の本質は変わらないと思う(たぶん)。
そして、通貨の形が変わり、世の中が大きく変化しても、「世界最高の投資家=ウォーレン・バフェット」の教えも変わらず生きていくのではないかと思う(これもたぶん)。
そんなわけで、今日も買います。
 
 
【ナナメ読み感想】
この10年くらいで、世の中が変わりすぎて、そのスピード感についていけないなと思う反面、スマホに加えて、スマートウォッチまで使うようになり、仮想通貨にも興味津々の私。
この本を読みながら、世界の変化に惑わされず、身の丈にあった判断を行い、着実に生きていかねばならぬなぁと、ちょっと諌められた気分になった。
「最も重要なのは、自分の能力をどれだけ大きくするかではなく、その輪の境界をどこまで厳密に決められるかです。自分の輪がカバーする範囲を正確に把握していれば、投資は成功します。輪の面積は人の5倍もあるが境界が曖昧だという人よりも、裕福になれると思います。」
性格的にも、この本にあるような、身の丈にあったお金との向き合い方が、私にはちょうどいいのかも。
時にこういう昔気質な人の言葉にも耳を傾けることもいいものだ。
 
 
 
No.683 平成29年12月15日
タイトル ギター・マガジン 最後まで読み通せる音楽理論の本
ギター・マガジン 最後まで読み通せる音楽理論の本

ギター・マガジン 最後まで読み通せる音楽理論の本

 

 【買う?買わない?】

音楽に、理論があるとは知らなかったなぁ。私の周りでギターが弾けるという人は、音楽理論とは離れて、ただカッコいいという思いだけで弾いていたような気がする。
 そういえば、その昔、音楽で宇宙の法則が説明できるとか考えられていたとかいう話、聞いたことがあるような、ないような。
まあ、そんな私のうろ覚え情報と、この本に書いている音楽理論は全く関係ないと思うけど、音楽そのものには、何かしらの法則があるのだろう。
とはいえ、私はギターが弾けないので、この本はいらないかな。
今日は買いません。
 
【ナナメ読み感想】
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
知っていればとっても便利な音楽理論ですが、独学で習得するのはなかなか骨の折れるもの。特にギタリストは、理論に対して極端なアレルギーを持ってしまうことが多いようです。“五線譜を見ると頭がボーっとする”、“ソロと言えばペンタ一発”、“コードのつながりが見えない”、“理論と聞くと、音楽は感性だろ!と反論したくなる”……そんなギタリスト諸氏のため、基礎の基礎だけを徹底的に解説したのが本書です。なぜ理論を学ぶのか? 五線譜を読むにはどうすればいいのか? コードとは何? そんな素朴な疑問に、経験豊富な著者が軽妙な語り口でお答えしています。読み進むほどに理論の面白さ、楽しさがわかり、5年後10年後でも役立つ理論的思考力がぐんぐん育つことでしょう!
 
 
 
 
No.682 平成29年12月14日
タイトル ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣
ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣

ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣

 

 【買う?買わない?】

この頃急に寒くなったというのを言い訳に、朝起きるのにぐずぐずしたり、外に出るのが億劫になったり、ダラダラ気分が続いている。
ダラダラ気分で、ダラダラと時間を過ごすと、これが結構楽チンで、そういう生活には、すぐ慣れきってしまう。
この本では、そんなダラダラ気分をスカッと一瞬で変える方法を教えてくれるというのだからありがたい。
いのち短し、ダラダラなどしていられない。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
この本には、小さな習慣が50個も詰まっています。

1日を気分よく始めたいときは「ゴール(目的地)」に向かって指差し確認する

 

通勤電車で時間を持て余すときは「1分間勉強」をする

 

仕事で失敗して動揺しているときは洋服のホコリを払って「ミスを払う」 

 とまあ、こんな感じ。

中には、ん?と思うようなのも混じっているけど、それは人それぞれ、自分に合ったちょっとした習慣を取り入れるといいんだろうと思う。

私は、来年の手帳に、気に入った習慣を書き取りしようと思う。

 

 
No.681 平成29年12月13日
タイトル トップ営業マンは極道だった 実録 修羅場の人間学
トップ営業マンは極道だった 実録 修羅場の人間学

トップ営業マンは極道だった 実録 修羅場の人間学

 

 【買う?買わない?】

なんだこの表紙は!と思ったけど、もしかしたら、この表紙、著者がモデルなのかな・・・。
当然ながら、極道の世界は、ドラマで見る程度しか知らないので、「極道やめてセールスマンに転身」なんて、無理なんじゃ・・やめるとか言ったら、ひどい目に会うんじゃ・・・とか思ってしまうけど、違うのかな。
それはさておき、極道からセールスマンに転身した著者が、どうやら大活躍したみたいなので、営業マンとして参考にするというより、1人の人間の実録として楽しく読んだらいいのかななどと思っている。
今日も買います。
 
早起きが寒いです。
 
【ナナメ読み感想】
 
世の中には、いろんな人がいて、面白いなぁ。
この本の主人公は、元大学生ヤクザさんみたいなんですけど、頭が良くて、コミュニケーション能力が高い、曲がった事が大嫌いで、やると決めたらとことんやる。
どんなことするにしても、成功しそうな要素を兼ね備えていらっしゃる。
それに、 本で読むより、きっと実物は素敵なお方なんだろうな、と思う。
というのも、著者の若気の至りのうちには、本に書けないこともたくさんあったでしょうから、多分この本の何倍も面白いお方なんだろうなと思うのだ。
きっと、この本を書いた中島さんも、主人公である氷嶋さんの魅力に取り憑かれた1人なんだろう。
どんな人が読んだらいいのかよくわかなない本だったけど、気晴らしにはなったかな。
 
 
No.680 平成29年12月12日
タイトル ツィス
ツィス(広瀬正小説全集2) (集英社文庫)

ツィス(広瀬正小説全集2) (集英社文庫)

 

 【買う?買わない?】

時間をテーマにしたSF作品を多く残し、「時に憑かれた作家」とも呼ばれる著者。
この日替わりセールで、以前「マイナス・ゼロ」を読んで以来、とても好きな作家さんだ。

マイナス・ゼロ(広瀬正小説全集1) (集英社文庫)

今日の本は、「ツイス」。
ん?なんだ?と思わせるタイトルで、本を読む前から、この本の物語に取り込まれている。
今日も買います。 読むの楽しみ!
 
 今日も外はよく冷えている模様。皆様暖かくしてお過ごしください。
 
【ナナメ読み感想】
 
いやはや。
まずは、耳のいい人だけに謎のツイス音が聞こえるようになる。人々は初め、気にもとめず、大げさにも考えていなかったのだが、音が大きくなるに従い、その影響も大きく広がり始める。 
淡々と、時には面白おかしく、表現された現象は、原因のわからないままに、次第にむしろ、音のない世界へと導かれていくようで、面白い。
どう落とし所をつけるのか、物語のオチが全く見えず、とにかく今は、読了したい一心である。
今日は、この本を読み終えるべく、夜更かしになりそうだ。
 
 
No.679 平成29年12月11日
タイトル 悪意とこだわりの演出術
悪意とこだわりの演出術

悪意とこだわりの演出術

 

 【買う?買わない?】

著者は、バラエティ番組を作っているお方らしい。
残念なことに、ウィキペディアで調べてみた範囲では、著者が作った番組で、見たことのあるものは、一つもなかった。
番組自体は、人気があるらしいので、多分きっと、著者自身が面白い人なんだろうけど、番組を見たことのある人に比べたら、この本の面白さは、半減してしまうんだろうなぁと予測。
 
今日も買います。
 
寒いです。冬が来ましたね。
 
【ナナメ読み感想】
お笑い番組って、きっと天才的なお笑いのセンスの持ち主が作っておられるんだろうな、なんて思っていた。
ところが著者は、天才肌ではなく、番組つくりを徹底的に考えに考えぬく、努力家でした。その努力の一つ一つが、この本に綴られています。
 私が、著者の作った番組を見ていたら、著者の努力日々も、もっと臨場感を持って、この本を楽しめたのだろうと思えて、残念でならない。
なんでもしぶとくこだわり抜いたものが勝つ!そんな執念を感じる本でした。
  
 
No.678 平成29年12月10日
タイトル ゴルフは直線運動で上手くなる!
ゴルフは直線運動で上手くなる!

ゴルフは直線運動で上手くなる!

 

 【買う?買わない?】

電車に乗っていると、こういうゴルフの上達法を含めた情報雑誌を読んでいるおじさんをよく見かける。好きこそ物の上手なれで、やるからには、上手くならなきゃ楽しくない。
止まった球を打つ、という競技だけに、動作をする前に、頭で考える時間が長くとれるだろうから、こういう本を読んで、しっかり良いイメージをつければ、上手になれそうない気がする。
まあ、ゴルくはやったことがないので、勝手な想像だけど。
今日は、ルール2により買いません。
 
【ナナメ読み感想】
 
私が買わない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ。
この本では、「スイング=直線運動」に基づいた体の動かし方を学ぶドリルをはじめ、アドレス、グリップ、そしてスイングの具体的な直線動作をわかりやすく解説。また、著者の指導現場で連携しているトレーナーとスイングと体の動きについて対談。スライス、ダフリといったミスショットの具体的な修正法も収録した。
 
 
 
 
No.677 平成29年12月9日
タイトル 5000円ではじめる仮想通貨投資入門
5000円ではじめる仮想通貨投資入門

5000円ではじめる仮想通貨投資入門

 
【買う?買わない?】
 おお。今とっても熱い仮想通貨投資。ビットコインも、色々あったけど、結局えらく値上がりしてる。
仮想通貨については、以前、ビットコイン入門の本が、日替わりセール対象になっていて、ちょこっと理解して、それっきりになってる。
この本では、ズバリ投資について、解説してくれるようだ。グヒヒ、楽しみ。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
とにかく読みやすいので、さらさらっと読めちゃいます。
そんでもって、仮想通貨投資も簡単そうなので、さくさくっとやっちゃいそうになります。
 この本は、仮想通貨の解説ではあるものの、意外と?堅実な??投資の解説本なんじゃないかなと思ったけど、誤った理解してるのかしら。
私が、本当に仮想通貨投資をするかどうかはさておき、この本を読んで、仮想通貨の仕組みを開発する人が出てきて、世界中の人が直接取引できるようになる時代に突入しているんだなと感じた。
仮想通貨投資に興味はなくても、仮想通貨の入門書として読むといいと思います。
 
  
No.676 平成29年12月8日
タイトル 図解・ベイズ統計「超」入門
図解・ベイズ統計「超」入門 (サイエンス・アイ新書)

図解・ベイズ統計「超」入門 (サイエンス・アイ新書)

 

 【買う?買わない?】

むむ。ベイズ統計って、初めて聞いた。「超」入門って、書いてあるけど、何だか難しそうだ。私に理解できるだろうか。 
Amazon様の内容紹介によると、
ベイズ統計は「確率論」をベースにし、「融通がきく」「経験を生かせる」という2つの大きな特長があります。
とのこと。
興味が湧いたような、湧かないような・・・。理解できるかどうかは、読んでみないとわからないし、何でも挑戦!
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
確かに、「超」入門ということもあって、わかりやすいような気がするというか、わかったような気になっている。とはいえ、読み進めているうちに、じわじわ難しくなっている気がする。そうして読み進めていくと、なんだかよくわからない謎の理論を頭に植え付けられている気がしてきた。
しかし、「ベイズ統計」、ちゃんと理解できて、操ることがたら、楽しそうな気配がしている。とはいえ、じっくりと楽しめるまでには、私の理解が追いつかない。悔しい。
おそらく、この本より、わかりやすい本はないんだろうけど、これからも「ベイズ理論」は機会を見つけて、本を読みたいと思う。
 
  
No.675 平成29年12月7日
タイトル 西南シルクロードは密林に消える
西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)

西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)

 

 【買う?買わない?】

昨日は、帰りが遅くなって、寝不足気味なので、今日はできたら本は読みたくないなぁと思っていたのだけれど、今日の日替わりは、高野秀行さんでした。
結構疲れた朝なんかでも、高野さんの本は読めちゃう不思議。好きなのかな。
世界の辺境を旅し、本にしている高野さん。今日の本は何だか、表紙がおどろおどろしいけど、内容はどうなんだろ。
今日も買います。
 
そういえば、先日、ツイッターで、高野さんが「38度線に向けてゴー!!」とか呟いておられたけど、何してきたんだろ。そのうち本になるのかな。
 
【ナナメ読み感想】
 今日は嫌なことがあって、本を読んでるそばから、言葉がどんどん心を離れていきそうになりつつも、さらにどんどん読み進めていくと、心はふわりふわりと、著者と一緒に旅を始めてしまった。
とはいえ、今度の本は、出だしで旅の行き詰まりシーンが描かれていて、旅の始まる前からこれからどうなるのぉ??という始まりで、何だか嫌な感じしかしない。
このまま読書のふわふわ旅をして、嫌なことも忘れてしまいたいなぁ。
色々あるけど、はちゃめちゃな旅も楽しんでいるかのような著者の姿は、心を明るくし、元気付けられるなぁ。
  
 
No.674 平成29年12月6日
タイトル 空海の言葉に学ぶシリーズ 高野山開創1200年 空海1 すごい言葉 空海の言葉に学ぶシリーズ1
空海の言葉に学ぶシリーズ 高野山開創1200年 空海1 すごい言葉 空海の言葉に学ぶシリーズ1

空海の言葉に学ぶシリーズ 高野山開創1200年 空海1 すごい言葉 空海の言葉に学ぶシリーズ1

 

 【買う?買わない?】

歴史の教科書に登場し、空海という名前だけはなぜか、はっきりと記憶しているのに、空海が、どのような人物だったのか、ということに関しては、実は何の知識もなかったりする。
高野山は好きで、何度か訪れてはいるものの、これまで、観光気分で歩き回っていただけで、宗教的な観点でどのような場だったのか考えてみたこともなかった。
この本のタイトルを見て、空海がどんな言葉で、人々を導いてきたのか、急に気になってきた。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 この本では、空海の言葉の中から、著者が、これを伝えたいと思う言葉を選び出して、現代風の解説をしている。
そのため、空海の言葉そのものは、あまり多くは掲載されていない。その点では残念ではあるものの、著者による熱い解説から、著者の空海への熱い想いがひしひしと伝わってくる。
そして、空海のものとも著者のものともつかない熱い言葉は、私を力強く励ましてくれた。
ちょっとお疲れの中高年男性に、ちょうどいい熱さなんじゃないかな、と思った。
  
 
No.673 平成29年12月5日
タイトル 「おつきあい」の壁を乗り越え48キロやせました
「おつきあい」の壁を乗り越え48キロやせました (幻冬舎単行本)

「おつきあい」の壁を乗り越え48キロやせました (幻冬舎単行本)

 

 【買う?買わない?】

痩せるために乗り越えるべき「おつきあい」の壁、というのがあるのか。
どんな壁なのか、ちょっと興味がある。多分それは、痩せること以外にも、自分のっ見た目や性格を変えたい共通する壁なんじゃないかなと思うから。
とはいえ、今日は、コミックエッセイのようなので、買いません。
 
今日は、寝坊したので、文章短め。
 
【ナナメ読み感想】
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
人付き合いを制するものがダイエットを制す!
痩せてもすぐ太る「形状記憶デブ」の著者が人生を賭けて紡いだ渾身のダイエット体験記

苦労して痩せてもまたすぐに太ってしまう、「形状記憶」の体を持った著者。子ども時代に受けたいじめのトラウマから、自己否定の言葉を生み出し続ける「自虐アプリ」が脳内にインストールされてしまう。社会人になってからも、デブいじめ・デブハラはなくなるどころか攻撃性が増していくばかり。そんな中で挑んだ決死のダイエット。そこで著者を待ち構えていたものは、ダイエットを妨害する「人づきあい」の難しさ、世間の目の厳しさ、巷に流れる嘘情報……。辛い日々を乗り越えた先で見つけた、形状記憶デブな自分と上手に付き合っていく生き方とは?
 
 
No.672 平成29年12月4日
タイトル 答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」
答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」

答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」

  • 作者: ウィリアム・A・ヴァンス,神田房枝
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 【買う?買わない?】

「答え方」を解説する本って、珍しいと思うんだけど、どうだろう。
そのせいか、一体何が書いてあるのか、答え方にどんなテクニックがあるのか、全く予想もつかない。
もしかしたら、「答え方」は、質問とは違って、相手からの問いかけあってのことだから、上手く答えることが出来れば、高いコミュニケーション能力があると相手に思わせることができるのかもしれないな。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
この本の著者曰く、世間一般では、良い質問をすることが、重要なことのように言われているが、人はそうそう良い質問などできないのだそうだ。
つまりは、質問の大半が、的を得ない質問であるというのだ。
そこで、この本では、どんな質問でも質問された範囲にとどまらず、質問者にとってもプラスになるような情報、自分のアピールなんかも織り交ぜて、少し長めに回答することで、会話をも実りあるものにしようと考えている。
なんかよくわからない、自己中心的な考えのような気がするけど、まあ、質問者の方でも満足してくれるのなら、それはそれで、コミュニケーションの方法としていいのかな・・・とか思ったり、思わなかったり。
外資系の会社なんかで、いろんな国の人と一緒に働くなら、こういう回答の仕方もありなんだろうけど、日本人だけだと、なんか鬱陶しがられるような気がする。
少なくとも、私が質問者だったら、質問したこと以外に色々付け加えて答えられても、そんなに嬉しくないし、そういう人には、面倒なので質問しないようにすると思う。まあこれも、好みの問題なんだろうけど。
 
 
 
 
No.672 平成29年12月3日
タイトル 日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか
日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか

日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか

 

 【買う?買わない?】

 なぜ凄さに気づかないって、日本が凄くないからなんじゃないの?と思ったりするけど、どうなんだろ。
ただ単に、国民性というか、性格的なもののような気もするけど、違うかな。
日頃、日本のみならず、自分自身についても、「私の凄いところは、こういうところです。」って、捉えたり、誰かに話したりすること自体、ないもんね。
ただまあ、「いや、お前凄いよ。もっと自信持てよ。」と言って、妙に励ましてくるやつがいるのは確かで、この本もおそらく、そういう上から目線の本なんじゃないかと、推測している。
一体日本の何が凄いのか、聞くだけ聞いてみようか。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
この本では、日本が凄いんじゃなくて、中国や韓国が、国としてお粗末であるのに対して、日本は、まあまあいいんじゃないのかな、という感じで書かれている。
読み手の私は日本人なので、周りの国ではどうだか知らないけど、日本にとっては、普通のことなので、そんなに凄くは思わないよね、という感じだ。
それにしても、この本では、中国や韓国の歴史や思想にも触れていて、中国や韓国がいかにお粗末なのかが延々と書かれている。
私なんて、事なかれ主義なので、いつまで怒っていないで、中国や韓国も仲良くやろうよなんて呑気に考えていたけど、この本を読んで、中国や韓国を知れば知るほど、いつまでも仲良くできそうにないと思った。
 
 
No.671 平成29年12月2日
タイトル 子どもの脳を傷つける親たち
子どもの脳を傷つける親たち NHK出版新書

子どもの脳を傷つける親たち NHK出版新書

 

 【買う?買わない?】

 この本の著者は、福井大学の子どものこころの発達研究センターで教授をされておられるそうです。親からの虐待による子供への影響を研究しておられるみたい。
気になった方はこちらを。
なんとなく、内容が暗そうな、重そうな気がしていますが、今日も買います。
 
 
【ナナメ読み感想】
虐待によって、心に傷を負うとはよく聞くが、虐待という危険下における人間の生存本能が、子供の脳を変化させるというのだから恐ろしい。
そして、虐待には、身体的なものから精神的なものまであり、程度の差もあるが、いずれも子供への影響があるという。
一方、虐待による傷が回復する可能性もあるという。それには、親ばかりでなく、親子の周囲の人たちの助けも必要だ。そんな中、この本の著者の研究や活動も、大きな支えの一つになっていると思う。
一向に減ることのない虐待に目を背けることなく、研究し、子供たちの支援を行う著者は、正義感が強いというか、強い人なんだろうな。
この本は、子育てに関係のない人にも、読んでもらいたい本だ。 
 
 
No.670 平成29年12月1日
タイトル 臆病者のための億万長者入門
臆病者のための億万長者入門

臆病者のための億万長者入門

 

 【買う?買わない?】

 著者の本は、何冊か読んでいるけど、多分この本が、よく知られているんじゃないかなと思う。タイトルが印象的で、本屋でも目立ってた。

言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)

 
今日の本は、億万長者入門、しかも臆病な人向けということで、何やら面白そうな設定だ。
今日も買います。
私も億万長者になりたいなぁ・・・。
 
【ナナメ読み感想】
 
早く走りたいなら、走る練習が必要だし、医者になりたいなら、勉強が必要だ。
億万長者もしかり。そりゃ、生まれながらに億万長者の人だっているんだろうけど、お金を増やしたいなら、お金が増える仕組みを勉強する必要があるというのは、当たり前のことだろう。ただ漫然と暮らしていて、気がつけば億万長者になっていたというような奇跡は、ほとんどの人には起こらない。
この本では、金融資産、不動産、年金まで、資産運用について幅広く解説されている。
本の途中あたりからは、億万長者という言葉が消えてしまっているものの、今、資産運用において知っておくべきことはほとんど網羅されているのではないだろうか。
とにかく、お金を増やして億万長者になるのは難しそうだ。当たり前だけど・・・。
 
 
 
No.669 平成29年11月30日
タイトル がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事
がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事 (幻冬舎単行本)

がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事 (幻冬舎単行本)

 

 【買う?買わない?】

ガンで余命ゼロを宣告されて、それでもなお生き続ける著者の食事法は、この本が全ての正解ではないだろうけど、少なくとも多少の説得力を持って、健康に結びついていくのだろうなと思う。
私だって、病気はしたくない。病気はしたくないものの、食生活は結構なおざりになっていた。この本から、参考になること、そして続ける秘訣なんかを得られるといいな。
今日も買います。
 
今日で11月もおしまい。エライコッチャ。
 
【ナナメ読み感想】
 
末期ガンだと診断された著者は、まさに命がけで、調味料から、使用する食材まで、添加物の入っていないものにこだわって、こだわって、こだわりにこだわった。そのおかげか、末期ガンとともに14年間生きていくという奇跡が起きた。
 確かに、これは一つの奇跡の事例であって、著者と同じ食生活を送って、同じ奇跡がまた起きるとは限らないだろう。しかし私は、この本を読んで、ガンを発症した先輩からの助言として、自分の体を作る食べ物については、こだわっていかなければ、という思いを強くした。
 とはいえ、周囲の人から見て、それはやりすぎなんじゃないかと思われたり、自分自身も食べることを楽しめにようなことにはならないよう注意が必要だ。
先日、日替わりセールで栄養士さんの本を読んで、サプリメントやら手作りふりかけの材料を買ってきて、小さな取り組みを始めたところなのだが、今日は、アーモンドを買ってきた。小さいことからコツコツ初めて、続けていこう。
 
 
 
No.668 平成29年11月29日
タイトル サバイバル英文読解 最短で読める! 21のルール
サバイバル英文読解 最短で読める! 21のルール NHK出版新書

サバイバル英文読解 最短で読める! 21のルール NHK出版新書

 

 【買う?買わない?】

この頃ちょっと、英語の勉強またやろうかな、という気になっている。
その中で、スマホで寝る前にちょっと勉強っていうのが、楽しそうでいいなと思っていたところだ。
どうやら、この本の著者が、まさにそのスマホでちょこっとの動画で、講師を務めるお方のようで、しかもカリスマ講師なんだそうな。
気になった方はこちらを↓
この本には、多分きっと、なるほど!と思うようなことがわかりやすく書いてある本なんだろうけど、 私の英語力がこの本の内容におぼつかない気がする。
今日は、ルール2を適用して、買いません。
 
いつの日か、私の英語力がこの本を必要とするところに到達したときのために、Amazon様の「ほしいもの」に登録しておこう。
 
【ナナメ読み感想】
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ

ラクせよ大人。英語はもっとラクに読める!
英字新聞やWeb記事、趣味や資格の長文でも、英語を読むのはハードルが高く、とかく難しいものと思いがち。しかし、英語が書かれる「定石」を知れば、難解な語句や表現の意味を補いながら、あらゆる英文の核心が、一気につかめるようになる! 最も大切な部分を瞬時に見抜く法則から、文章が「まとめ」や「具体例」に入るサインと、そのスマートな活用法まで。快速で英語を読みこなしていくポイントを凝縮した、英文読解“虎の巻”。
圧倒的わかりやすさでおなじみ、大人気カリスマ講師による「超効率的」入門講義、待望の第2弾。  

 
 
No.668 平成29年11月28日
タイトル 眠れなくなるほど面白い<図解>物理の話
眠れなくなるほど面白い<図解>物理の話

眠れなくなるほど面白い<図解>物理の話

 

 【買う?買わない?】

おお。今日の本は、物理の話を図解したもののようですね。 
私にとって物理は、たいしてわかっちゃいないものの、とにかく好きで、物理関連の本もよく読んでいる。 下手の横好きなのだ。
大学での著者の研究室のホームページものぞいてみたけど、何を研究されているのかさっぱり見当がつきませんでした・・・。
この本は、図解したものなので、まあきっと、専門的なことは端折って書いて、詳しくは違うんだけど、というところもあるんだろうけど、「文系の人でも理解できるよう」に書いてくれているようなので、その点に期待して読みたい。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 物理と一言に行っても、いろんな分野があって、守備範囲が広いぞ。というか、世の中のいろいろを説明するためにあるのが物理学なんだろうから、それも当たり前か。
結構いろいろとどうでもいいような話も、物理で真面目に解説しているのが楽しい。
エアーホッケーのしくみとは?
アメンボが水面に浮いていられるワケは?
着地でスキージャンパーがケガをしないワケは?
ヘリウムガスを吸うと声が高くなるワケは?

他にももっと、なるほどそうだったのか!と思わせる項目もありました。

とはいえ、一体どんな人がどんな目的で読んだらいい本なのか、いまいちピンと来なかったかな。

いろんな人に読んでもらいたくて、わかりやすくしたりすると、仕方ないことなのかな。

 

 

 
 
No.667 平成29年11月27日
タイトル 日本人の9割が知らない遺伝の真実
日本人の9割が知らない遺伝の真実 (SB新書)

日本人の9割が知らない遺伝の真実 (SB新書)

 

 【買う?買わない?】

今日は、コミックが対象になって、昨日の小松左京の続きが読みたいなぁと思っていたけど、何やら私の好奇心をくすぐる新書が登場です。
この本を書いたのは、一卵性双生児を比較することで、遺伝や環境が人に与える影響を調べるなどして、人の行動遺伝学を研究し、また、それを踏まえて、教育心理学も研究しておられるお方だ。
気になった方は、こちらを↓
遺伝のことは、よく知らないので、今日の本からは、いろいろな発見がありそうだ。
今日も買います。
 
 
【ナナメ読み感想】
 
確かに、遺伝は人に与える影響は、小さくはない。とはいえ、遺伝によりもたらされた素質は変えられないにしても、その素質が発揮されるかどうかは、環境による影響が大きいということのようだ。 
少なくとも、優秀な親から優秀なこともが産まれるとは限らないということだけは、よくわかった。つまりは、優秀な親の子も、そうでない子も、等しく教育を受け、優秀になる可能性があるし、どう頑張っても優秀になれない場合もある。
自分の親からの遺伝に捉われず、とにかくなんでもやってみる、そうして、最終的には、どんな才能があるのか不明だが、自分の遺伝に従って、無断な努力は続けず、自分に折り合いを付けるというのが良さそうだ。
 
 
No.666 平成29年11月26日
タイトル アメリカの壁
アメリカの壁 (文春文庫)

アメリカの壁 (文春文庫)

 

 【買う?買わない?】

お!小松左京!!
この本は、トランプ大統領の登場を予言したかのような本と言われているようです。
今日は、ちょっと予定が立て込んでいるので、どうしようかな、と思っていたけど、これは迷わず買いですね。
短編集みたいなので、隙間時間で読めるかな。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
ある日突然、アメリカを覆う白い壁。通信も空や海の行き来も阻まれてしまう。
メキシコとの境に壁を作る!とかいうのとは、スケールが違います。そして、結末もちゃんとSFしてるからすごい。
今日はいろいろあって、体はクタクタだけど、話のテンポに乗せられて、短編一つ一気読みでした。
さすが!小松左京!!SFとしては、古典ぽく思われがちだけど、若い人にも読んで欲しいし、ずっと残って欲しい本だなぁ。
今日は、クタクタなので、一話だけにしておいて、残りは後のお楽しみにしようっと。
 
 
 
 
 
No.665 平成29年11月25日
タイトル 1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート
1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート

1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート

  • 作者: 永谷 研一
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2015/06/27
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 【買う?買わない?】

タイトルからすると、この本は、毎日5分、ノートにできたことを記録することでよい習慣が無理なく身につくよ、という、自己啓発ほんとしては、かなりベーシックな内容の本のようだ。 
調べてみたら、著者は、学校や企業にITを活用した教育サービスを提供する会社を設立し、人材育成に必要なITを考案・開発し、日米で特許を取得するなど、発明家でもあるようだ。
気になった方はこちらを↓

Profile | 発明家永谷研一 教育イノベーション

できたことノートの専用ページもあり、書き込み用シートのダウンロードができます。また、できたこと手帳も販売されていたり、オンラインサロンがあったり、なかなか手広く活動されているようです。。

dekitakoto.jp

今日も買います。 
 
【ナナメ読み感想】
 いやー。この本、できたことを書くノートつけるのねーなんて、簡単に考えていたのは、私だけでないはず。
正直なところ、なめてましたけど、いい本でした。
確かに、毎日するのは5分で、できたことを記録するだけ。しかし、それだけに止まらず、週1回、それらのできたことのうち一つにフォーカスして、何がどうできたのか、できたことでどう感じたかをしっかりと振り返り、次のステップへとつなげるようにしている。
 振り返りたくないことばかりだけど、いいことだけを綴ったものなら、振り返りも前向きにできるような気がする。
そういえば、そろそろ年末に向かって、来年の手帳には何をどう綴ろうかなんて、悩んでいたところだった。
予定管理に合わせて、できたことノートも実践できればいいな。
できたことノートの1日目は、「できたことを記録できた」になりそう。
 
  
No.664 平成29年11月24日
タイトル 世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術
世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術

世界のピークパフォーマーが実践する脳を操る食事術

 

 【買う?買わない?】

 調べてみたら、この本の著者は、スポーツ整形外科にて、栄養管理をされている栄養士さんでした。プロスポーツ選手などの栄養管理などにも携わっておられるご様子です。
気になった方はこちらを↓
スポーツ選手の身体能力はもちろん、集中力も、栄養管理で高められるらしい。それが本当なら、むやみやたらに精神論で、集中しようとするより、ずっと楽なように思える。
このところ、集中力なく散漫な毎日なので、食べ物で変われるなら取り入れたい。
今日も買います。
 
 
【ナナメ読み感想】
 
実のところ、あんまり内容は期待していなかったのだけど、読んでみたら、著者の解説は理解しやすくて、推奨している取り組みも簡単なものばかりで、とても参考になる本でした。
それは、この本が、忙しい(ことを理由にしている)ビジネスパーソンを対象にしているからなんだろうけど、忙しい中でもちょっとした工夫で栄養管理が行えるように配慮してくれているからだろう。 

とりあえず、帰り道にサプリメントを買ってきた。そしてさっき早速飲んだ。

それから、自分に足りない栄養素を簡単に取れるように、すりごまやかつお節などで手作りするふりかけも、作って持ち歩いてみようと思う。 

 

 
 
 
No.663平成29年11月23日
タイトル 稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則
稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書)

稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書)

 

 【買う?買わない?】

 高校生の時に、商店街再生に関わったという著者のプロフィールを見て、なんかどこかで見たことあるぞと思ったら、以前、この日替わりセールで同著の本が対象になっていました。
 こちらの本です↓

地方創生大全

あんまりよく覚えてないけど、ゆるキャラ作ったらいいってもんじゃないとかいうようなことが書いてあったような気がする(うろ覚え)。今日の本には、どんなこと書いてあるのかな。

今日も買います。

 
【ナナメ読み感想】
私が学生時代に住んでいた町も、駅周辺はかつての人通りを失い、シャッターが下りたままの店舗も長くそのままになっています。
今では、数年おきに通りかかるだけですが、昔の賑わいを思うと、寂しくなります。
それは日本全国どこも同じで、かつての活気を取り戻して欲しいと願っている人はたくさんいるだろうと思う。
この本の著者は、願うだけでなく実行に移し、高校生の頃から商店街の再生に取り組み、大学へ進んでも研究を続けていました。この本では、著者の失敗を含めた経験談や海外での町づくりにも触れられており、10の鉄則も実に地に足着いた内容です。
日本ではなかなか、こういう活動が根付かないようですが、この本を読んでいると活動に勇気付けられますし、応援したい気持ちになります。
興味のある方は、ゆるキャラ頼みの地域再生からの卒業に、この本を読んで見てはいかがでしょうか。
  
 
 
No.662 平成29年11月22日
タイトル 大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本
大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本 (集英社文庫)

大人の発達障害 アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本 (集英社文庫)

 

 【買う?買わない?】

 「大人の発達障害」は、なんというか、周りの人が発達障害と思しき人に、どう接するかという方法はあっても、当人は、こういう本を読んで、本当に内容を理解できるのかよくわからないし、そもそも発達障害自体の根本的な治癒の方法はない。
周りの人と当人とで、そこそこ折り合いを付けて楽になるということくらいしかできないのかなとか、いろいろ考えてしまうな。
今日は、ルール2を適用し、買いません。
 
 
【ナナメ読み感想】
 
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
あなたは、「変わった人」と言われたことはありますか? ちょっと「変」には理由がある。周囲の空気が読めない、何度注意されても同じミスを繰り返してしまうなど10のケースを例に現役精神科医の著者が発達障害を徹底解説。「生きづらさ」を解消する第一歩は理解すること。自分は他人と違うかもしれないと悩むあなたへ。そして、身近にいる「変わった人」と、良好な関係を築きたいと願う人へ
 
 
 
 
No.661 平成29年11月21日
タイトル いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編
いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編

いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編

 

 【買う?買わない?】

表紙の写真を見て、今日の本は佐藤優さんの本かと思ったら、この本は、なんと佐藤優さんが外交官時代に肌身離さず持ち歩いていた本なんだそうだ。
表紙をよく見てみると、
「この一冊だけで、新書100冊の基礎知識が身につく」
とある。
なんとまあ。日本史音痴の私にもってこいの本ではないか。
今日も買います。
 
寒くなりました。風邪などひかないようお気をつけください。
 
【ナナメ読み感想】
 
ううむ。
この本は、読むための本ではなく、学ぶための教本なんだな。
「いっきに学び直す」とタイトルにはあるが、ここはひとつ、一息などと言わず、じっくりじっくり読んで、佐藤さんのように手元に置いて、繰り返しながら学んでいきたいなと思います。そうしないと、この本がもったいない気がします。
それもそのはず、Kindleですと、この本を「読み終えるまでの平均的な時間」が表示されるのですが、この本の平均的な時間は、なんと15時間48分でした!
恐ろしや!!
今年の年末年始のお休みに、改めてこの本を読みたいなと思います。 
 
  
 
 
*オススメの本あります

Kindle日替わりセール本買って読むマラソンの足跡15 (651日から)

f:id:tetuneco:20171105150500j:plain

 

 

こんにちは、tetunecoです。

いやはや、早いもので、この日替わりセール買って読むマラソンを始めてから2年という月日が経とうとしております。

このままダラダラ続けていいのか、多少悩むところもありますが、いまはともかく、3年目突入を目指して、淡々と続けていきたいと思います。

 

では、651日から660日まで、どんな本があったのか、見てみましょう。

 

 

No.660 平成29年11月20日
タイトル 人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!
人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!

人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!

 

 【買う?買わない?】

著者の名前がそのまま、Twitterのアカウント名なんだな。
調べてみたらフォロワー数30万に超えで、多くの方が、著者のツイートをダイエットのみならず、生き方の参考にしているようだ。
気になる方はこちらをどうぞ↓
私自身は、筋力は並以下だけど、筋トレ嫌い。しかし、メンタルが弱いので、問題が解決するなら筋トレもやむなし。 
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
筋トレするといろんないいことがあるみたいだけど、この本によると、筋トレすると、とにかく女子にモテるみたい。ほんとかな、と思いつつ、この本につられて、筋トレ始めちゃう人もいるのかも・・・。
この本は、筋トレのきっかけにはなると思うけど、短絡的なきっかけは、継続したトレーニングにはつながらないような気がするなぁ。
この本は、筋トレしたいとか悩みを解決したいという重たい感じじゃなくって、筋トレ大喜利的な感じで、楽しく読むといいのかなと思う。
 
 
 
 
No.659 平成29年11月19日
タイトル トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦<1> ブランド人になれ!
トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦<1> ブランド人になれ!

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦<1> ブランド人になれ!

 

 【買う?買わない?】

なんともポップな表紙の本が登場ですね。
著者は、アメリカの経営コンサルタントだそうですが、内容も表紙同様ポップな感じなのかしら。
この本は、サラリーマンに向けて書かれた本のようですが、アメリカのサラリーマンと日本のサラリーマンとでは、雇用や給与の形態が違って、没個性が求められるように思うので、どうかな、参考になるところあるかな。
されはさておき、今日も買います。 
 
【ナナメ読み感想】
 
表紙だけでなく、内容もなかなかポップな感じだ。
自分をブランド化するための50項目に加えて、「やってみよう」が 200以上もあって
恥知らずのスローガンをいろいろ考えてみよう。

とか、楽しい「やってみよう」が提案されている。

どれもこれもポップでとにかく前向き。この本を読んで、いろいろやって見た結果、ブランド化というより、とにかく前向きでめちゃめちゃガッツのあるアメリカ人になりそうな気がする。

 

 
 

 

No.658 平成29年11月18日
タイトル 情熱大陸への執拗な情熱
情熱大陸への執拗な情熱 (幻冬舎単行本)

情熱大陸への執拗な情熱 (幻冬舎単行本)

 

 【買う?買わない?】

おお。またもやコミックエッセイ。表紙から察するに情熱大陸大好き人間の日常ってとこかな。情熱大陸・・ほぼ見たことない・・・。
なんとなく、自分自身の生活にノリツッコミする感じで、書かれているコミックのように思うんだけど、それはそれで読んだら楽しいのかな。
本に対しては、どうしても、どういう人がどんな時に読むんだろうとか考えてしまうんだけど、多分コミックは、面白かったらそれでいいのかな。
 
ま、いっか。今日は、ルール3により買いません。
 
それにしても、コミックエッセイって、すんごい個性的な人が、赤裸々に書いている感がすごいのだけど、エッセイ書くときも、これぐらい個性的で、これぐらい赤裸々じゃないとダメなのかなとか思う。私もエッセイ書いているんだけど、凡人中の凡人だしなぁ。
著者の本は、こちらが人気みたいですね↓

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (バンチコミックス)

 
 
【ナナメ読み感想】
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
「このシリーズマジでおもしろすぎる」――ぼくのりりっくのぼうよみ(アーティスト)
「感動のラストだった……」――はあちゅう(作家・ブロガー)
人気サイト「オモコロ」で100万PVを達成した、爆笑コミックエッセイ!

もし、ドラゴンボールが7つ揃ったら、僕は神龍に土下座してこう頼むだろう。巨万の富や永遠の命、そんなつまらないものではなく、TBS系列局で毎週放送されている人間密着ドキュメンタリー番組、あの「情熱大陸」に自分を出させてくださいと――(冒頭より)。情熱大陸に執拗な情熱を燃やし、いつ出演オファーがきてもいいように、日々「情熱大陸」っぽい生活を送る漫画家・宮川サトシ。情熱大陸に出演することを「上陸」とよび、お酒はアサヒビールのスーパードライ(番組スポンサー)しか飲まず、情熱大陸っぽい食事を「大陸メシ」と表現する、かつてない爆笑偏愛漫画
 
 
 
No.657 平成29年11月17日
タイトル ルポルタージュ (1) (バーズコミックス)
ルポルタージュ (1) (バーズコミックス)

ルポルタージュ (1) (バーズコミックス)

 

 【買う?買わない?】

Amazon様の内容紹介を読む限りでは、恋愛小説?近未来小説?のどちらでもありそうだし、そのどちらでもない思想的なもの?を書いているような感じもする不思議なコミックのようです。
表紙の柔らかい感じと色使いは割と好きだけど、好みが分かれそうな気がするな。
今日も昨日に続いてルール3により買いません。
 
やっと辿り着いた金曜日。淡々と過ごします。
 
【ナナメ読み感想】
 私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
2033年、近未来の日本。そこでは恋愛する者はマイノリティとなり、“飛ばし”結婚という、面倒事や痛みを伴わない男女のパートナーシップが一般化されていた。その象徴とも言える「非・恋愛コミューン」と呼ばれるシェアハウスが突如テロリストに襲撃され大勢の犠牲者が発生。中央新聞社会部記者・青枝聖は、テロ被害者のルポを書きながら恋愛に巻き込まれていく――。
 
 
No.656 平成29年11月16日
タイトル 花より女子
花より女子

花より女子

 

 【買う?買わない?】

 この頃は、コミックエッセイは流行りのようで、この日替りセールにもたびたび登場する。そのタイトルを見ているだけでも、地味な暮らしで、交友も少ない私からすると、世の中にはいろんな人がいるんだなあと、驚くばかりだ。
中には、こんな友達がいたらいいなぁなんて、楽しそうで羨ましいというのもあったりする。
今日の本は、なんとなく楽しそうだ。女子の集まりには嫌なこともあるが、この本の登場人物たちは、ほぼセクシャルマイノリティな友人とのなので、もっと自由な世界が待っていそうだ。
とはいえ、今日は、ルール3により、買いません。
 
 
【ナナメ読み感想】
私が読まない日はAmazon様の内容紹介をどうぞ
レズビアン漫画家竹内佐千子率いる“チーム変態”豪遊録!! 
ハプニングバー・緊縛プレイ・変態イベントetc…ほぼセクシャルマイノリティの奇妙な友人たちとの恐るべき日常を描いた爆笑エッセイ!
 
 
 
 
No.655 平成29年11月15日
タイトル スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック
スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

 

 【買う?買わない?】

マインドフルネスは、近年流行のようで、マインドフルネスの解説本が多く出版されているし、集中力を高める、仕事の効率あげる本にも、その方法の一つとして、紹介されていたりもする。 それは特に海外で注目を浴びているようだが、日本国内では、言葉は広まっても、実際に行なっているという人に会ったことはない。
日本ではどうしても、お寺で行う座禅と結びつけてしまって、宗教的な感じがするからなのかな、と思ったりもする。
今日も買います。
実は結構、マインドフルネスには興味あり。
 
 
【ナナメ読み感想】
 
マインドフルネス自体は、思っていた以上に実践的な瞑想の方法が書いてあって、
これから瞑想を始めたいという方には、とても参考になるし、実際に取り組みやすい本かなと思う。 
ただ、この本は、瞑想の技術的なことや、脳の働きなどの解説は、男の子を主人公と彼を導く女生徒の対話形式の物語調で、マインドフルネスで人生うまく生きましたーって感じで書かれている。そういうのは要らなかったかなぁ。
瞑想による心の平穏はにとそれぞれだし、瞑想によって夢みたいなことが起こるなんて思いたくない。
  
 
No.654 平成29年11月14日
タイトル ヴァラエティ 
ヴァラエティ

ヴァラエティ

 

 【買う?買わない?】

わわ。奥田英朗さんの本だ!
精神科医・伊良部シリーズが好きで、著者の本にハマった。ドラマ化された「ナオミとカナコ」は、本も読んだし、ドラマもドキドキしながら観た。確かエッセイも読んだ気がする。
著者の本には、一時期はまっていたけど、この本は読んだことがない。表紙の絵も実に素敵で、今日は、とても嬉しい。
 今日も買います。
 
 
【ナナメ読み感想】
 うふふ。期待通りの愉快さでしたが、なぜかイライラさせる人が発する嫌な感じ感じも味わいました。
短編集もそれぞれいいんだけど、著者とイッセー尾形との対談が、お互いそれぞれの世界観を披露しあっていて、楽しかった。また、打って変わって、著者と山田太一さんと作品内の言葉や生き方について語る対談も良かった。
この本を読んで、私はきっと、著者の書くものも、著者自身も好きなんだなと思いました。 
また、著者の作品を何か読みたいなと思いました。
 
 
No.653 平成29年11月13日
タイトル 青い月の夜、もう一度彼女に恋をする
青い月の夜、もう一度彼女に恋をする (双葉文庫)

青い月の夜、もう一度彼女に恋をする (双葉文庫)

 

 【買う?買わない?】

わわわ。今日の本は、珍しくラブストーリー。表紙の雰囲気から、20代若いくらいまでの若い人を読み手に想定してそうな本だ。
 調べてみたら、著者は、恋愛小説を書いている小説家さんみたいです。可愛らしい人なんだろうなと思わせる、著者のTwitterアカウントを見つけました。
さて、今日も買います。 
めっきり秋らしくなってきました。恋愛小説で、温まります。
 
【ナナメ読み感想】
 
ううむ。タイムスリップものだったのね。
いろいろツッコミどころは満載なのだけど、一番は、この物語のキーパーソンである主人公のおばあちゃんの話し言葉が、おばあちゃんぽくないし、京都っぽくもなくて、違和感ありまくりなんだよなぁ。それから、タイトルと内容もなんだかしっくりこないなあ。
京都に住んでいない高校生くらいの子なら、気にならないのかもしれないけど。
ああ。恋愛小説も言葉使いやらに気を取られて、素直に読めなくなっているんだなあ、私。
 
  
 
No.652 平成29年11月12日
タイトル デザインの次に来るもの
デザインの次に来るもの

デザインの次に来るもの

  • 作者: 安西洋之,八重樫文
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2017/04/24
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 【買う?買わない?】

 少し前に流行っていた「デザイン思考」。この日替わりセールでもデザイン思考の本が何冊か取り上げられていたと記憶しています。
今日の本は、デザイン思考の長所と短所を押さえつつ、別のアプローチとして「意味のイノベーション」を解説してくれるようだ。
「意味のイノベーション」という言葉には、なんだかワクワクする響きがある。
今日も買います。
読むの楽しみ。
 
【ナナメ読み感想】
 
意味のイノベーションとは
 「使い方、シンボル、ユーザーの感情」の3つに変化、つまり「なぜ?」を起こしていくもの
 なんだそうな。
今あるものでも、そこに新たな意味をデザインし、ユーザーの欲求に訴えかけていくというか、ものを買えずに、見方を変えることでイノベーションを起こすというか。
例えばロウソク。
当初は、部屋の明かりなどとして使われていたものだが、電気の普及とともにその意味は失われ、今では、癒しの演出などに使われるようになった。新たな意味が与えられたということだ。
この本では、「意味のイノベーション」は、もの自体を変えないため、大きな投資も必要ないことから、中小企業にオススメされている。
それにしても、この本に書いていあること、すごくいいことのように思えるんだけど、いまひとつ読んでいても、ピンとこないのはなぜだろう。多角的にものをみる柔軟さに欠けているんだろうなぁ、私。
  
 
No.651 平成29年11月11日
タイトル ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本
ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本

 

 【買う?買わない?】 

発達障害の人って、本当にいるんだなぁって思うことが、実際に職場であって、正直なところ、いろいろと困っている。どうしたらいいのかわからなかったが、こういう本があるんだな。 
私自身もおっちょこちょいで、発達障害?と疑わなくもなくもないけど、その自覚があって、自分なりの対処法でなんとかなっているから、この本はいらないかな。
今日は、ルール2により買いません。
 
楽しくて、いい日曜日になりますように。
 
【ナナメ読み感想】
 
私が読まない日はAmazon様の内容紹介をどうぞ

「わかっているのになぜかできない」ができるようになる!

大人になってから発達障害の症状に悩む人が増加しています。
ここ10年で「発達障害」の知名度が飛躍的に上がったことで、
「もしかして自分も…」と成人になってから気づく人が増えたのが
最大の要因と思われます。

発達障害の人には、「同時並行作業力が弱い」「段取りが取れない」
「ケアレスミスをする」「コミュニケーションが苦手」といった特徴があり、
これらが仕事の達成を阻害しています。

本書では、そうした症状に悩む人のために、「仕事」「職場」に対する
具体的な解決方法に焦点を絞って解説しています。本書で紹介する解決法は、
デジタルを使った仕事術や、コミュニケーションのための練習法など、
ちょっとした工夫で実践できるビジネススキルばかりです。

 
 

 *オススメの本あります

tetuneco.hatenablog.com

 

Kindle日替わりセール本買って読むマラソンの足跡14 (601日から650日まで)

f:id:tetuneco:20171016105318j:plain

 

どこまで続くのか、日替わりセール買って読むマラソン。

まさかの3年目突入も見えてきました。 

 

これからも日替わりセール対象本ならではの本との出会いがあると期待して、読み続けていきたいと思います。

 

では、601日目から650日目まで、どんな本があったのか見てみましょう。

 

No.650 平成29年11月10日
タイトル   ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問
ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)

ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)

 

 【買う?買わない?】

この頃、嫌なニュースやが多かったり、ニュースに対する過度な反応をする人がいたりして、極力ニュースを見ないようにしていたりする。
様々ニュースを過度な反応をせず、理解して受け取ることができるようになるには、やっぱりその背景となる世界史の理解が必要なんだろうなぁ。
わかっちゃいるけど、世界史も敬遠気味だ。
今日の本は、100もの疑問に答えてくれるそうだが、ニュース、世界史嫌いの私にも読めるだろうか。まあ、楽しんで読もう。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
この本を読んで、何かに似ていると思ったら、かの池上彰さんの本に似ている。
なんというか、とにかくわかりやすくニュースと歴史が結びつけられていて、100もの疑問にテンポよく解説していく。文体も歯切れが良い。
ニュースや歴史が苦手の私でも、理解しやすく、楽しくどんどん読み進めることができました。
また、一つ一つの質問に短く答えているので、隙間時間にちょこちょこ読むのにもいいかも。
 
 
 
No.649 平成29年11月9日
タイトル 幸せな小金持ちという生き方 ― 本田健初期作【完全版】
幸せな小金持ちという生き方 ― 本田健初期作【完全版】

幸せな小金持ちという生き方 ― 本田健初期作【完全版】

 

 【買う?買わない?】

自己啓発本を良く読んでいた時期に、この著者の名前はよく書店で見かけた。

確かこの本を読んだように記憶している。↓↓

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

当時は気にならなかったが、調べてみたら、著者は、なんかよくわからんセミナーやさんという感じでした。いろんな職業の人がいるなぁという感じ。
著者の初期の作品とのことなので、いろいろ装飾されていない著者の考えの原点のようなものが読めるかもしれない。 
今日も買います。
 
 
【ナナメ読み感想】
 
この本を読めば、何を幸せと感じるか、お金とどう向き合うかなど、自分の気の持ちようの部分を改善することで、生活に満足感が出て、幸せに感じたり、それなりの小金持ちになったような気になったりすることはできるだろう。要は、気の問題なのだから。
その点においては、この本を読めば多くの気付きがあるし、この本は読み手の味方になってくれるだろう。
だがしかし、当たり前のことだけど、それは、実際に、金持ちになるかどうかとは別問題で、収入を増やす、お金を増やすということに関しては、結局は個人の頑張りの問題なんだろうなと思う。 気持ちだけではダメなのだ。
この本を読んで、この頃ちょっと消極的になっていたけれど、お金のことも積極的な姿勢で考えていきたいと思った。
 
 
 
 
No.649 平成29年11月8日
タイトル チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ
チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

 

 【買う?買わない?】

今日の本は、チーム論か。表紙見ると、「チームとしての当たり前がなぜできない?」と書いてある。
そういや私も当たり前なこともできていないんだろうなぁ。とはいえ、人が集まって何かを成し遂げていくということは、何が当たり前かなんてよくわからないし、難しいことなんだよ。
今日も買います。
 
昨日読んだ本の80対20の法則を生かして、この本全体の20パーセントに当たる肝となる部分を見つけて、サクッと読み終えたいと思う。
 
 
【ナナメ読み感想】
いやー。サクッと読み終えるどころが、訳のせいなのか、原文がそうなのかわかんないけど、とにかく文章がくどくて、とにかく読みにくくて仕方がない。
大事なことが書いてありそうなのだが、なんだかその真髄が見えてこない。
きっと、すごく優秀な方が読んだらスラスラ読めるのだろう。 
そんなわけで、今日は途中ですが、中身がよくわからないままギブアップ。
 
  
No.648 平成29年11月7日
タイトル 並外れたマネジャーになる 80対20の法則
並外れたマネジャーになる 80対20の法則

並外れたマネジャーになる 80対20の法則

 

 【買う?買わない?】

この本は、「人生を変える80対20の法則」の著者の続編的な存在のようだ。本の表紙には、「大部分のアウトプットを生み出す ごく少数のインプット」と書いてあるが、どういう意味なんだろう。並外れたマネジャーになりたいとは、そんなに思わないけど、80対20の法則には興味がある。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】 
全体の20パーセントが、成果の80パーセントをあげている。
成果を上げたいなら、成果を上げている20パーセントに集中すべき。
 
私の理解では、80対20の法則とはこういうことらしい。この考えを元に、マネージャーが成果を上げたいなら、どうしたらいいかを書いたのが本書なわけだが、所々で、どう80対20の法則と関連しているのか理解しにくいところがあって、ちょっと混乱した。 
それは、私が80対20の法則を十分に理解できておらず、自分の中に落とし込めていないせいではないかと思う。この本が、80対20の応用編であることから、それは致し方ないことなんだろう。
当たり前のことだが、まずは「人生を変える80対20の法則」を読むべきだろう。
 
  
No.647 平成29年11月6日
タイトル 閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済
閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 (集英社新書)

閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 (集英社新書)

 

 【買う?買わない?】

のんきで鈍感な私でも、経済的にも政治的にも、その変化には驚きをもって気付かされる今日この頃。これからの21世紀経済は、どこに向かっていくのだろう。
著者は、長年エコノミストとして証券会社でお仕事をされた後、大学教授になられたようだ。
 資本主義は終焉を迎えるとお考えのようで、新聞社などのインタビューにもたびたび登場されているようだ↓
今日も買います。 
 
 
【ナナメ読み感想】
 
久しぶりに難しい本に当たったなという印象。
これまでの経済の流れを中心とした世界情勢の解説に、今後の世界の詳細な予測が描かれている。読み応え十分だ。
ただまあ、前半のほとんどが、もう世界は発展しないし、日本ももうダメだということに終始しており、読んでいて気が滅入る。現状は確かにもうダメだという感じが否めないし、仕方ないといえば、仕方ないんだろうけど。ちょっとした終末論的な感じ。
月曜から重たい本を読んでしまったなぁ。
 
 
 
No.646 平成29年11月5日
タイトル 会社では教えてもらえない 残業ゼロの人の段取りのキホン 【会社では教えてもらえないシリーズ】 

 【買う?買わない?】

仕事を効率よく進めるためには、段取りは必須だ。それなのに、会社では教えてもらえない。それは本来、社会人になるまでの期間の中で、自然に身についていくべきものなのだからではないかと思う。
例えば、家事を手伝う、夏休みの宿題を計画的にやる、家庭科の調理実習でメンバーと協力して時間内に料理を作る、試験勉強の対策を練るなどなどの場面で、段取りは身についていくように思う。
なので社会人になってからでも学べば身につく、という簡単なものではないような気がしないでもない。
とはいえ、今日も買います。
私は仕事より、休日を有効に使うため、段取り良くなりたいなぁ。
 
【ナナメ読み感想】
タスク管理にTODOリスト、PDCAも回して、時間も仕事も無駄を省いて、会議や打ち合わせも減らしてと、なんだかもう盛りだくさん。 
段取りって、いろんな能力が総合的に組み合わさって初めて、発揮できるもののようだ。多分、この本を読んでも、明日にはすぐ出来るようなるということはないんだろう。
この本の中にある段取りの要素を、少しずつ試行錯誤していくしかないんだろうな。
段取りには関係ないんだけど、
職場は居場所ではない、ということ。仕事をするところだということ。
仕事を家庭に持ち込まないという考えの反対、仕事に個人を持ち込まない という考えは面白いなと思った。
それと、自分のやるべきことが定まらない人は、
人事評価を上げることにトライする
 こと、出世を目指すのではなく、求められている役割を果たすことを勧めている。今まで読んだ本で、評価を上げろと書いていた本はなかったので、これも面白いなと思った。今度、後輩からアドバイス求められたら、人事評価を上げるよう言ってみようかな。
 
 
 
No.645 平成29年11月4日
タイトル 「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法 
「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法

「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法

 
【買う?買わない?】
あ、この表紙どこかで見たことあるなぁと思ったら、同著のこちらの本でした。
↓↓

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法 』は、実践しやすく、効果も感じられる本でしたので、今日の本も、ちょっと期待しちゃうなぁ。
今日も買います。
 
連休2日目、今日ものんびり過ごします。 
 
【ナナメ読み感想】
著者も不安になりやすい方のようで、読み手と一緒になって、「不安あるある」を語り合う感じで、この本は書かれている。
そして、この本では、不安になりがちな人に、「あなたは悪くないよ。」と言ってくれ、さほど頑張らなくてもいい方法で、気持ちを落ち着かせるように仕向けてくれる。
不安になりがちな人は、本を読んで、より一層不安になったりするもんだ。心が落ち着く本が手元にあれば、それだけで心強い。
明日は久しぶりに、本の書き取りをしてみようかな。 
 
  
No.644 平成29年11月3日
タイトル [新形式問題対応]TOEIC(R) L&R テスト 究極のゼミ Part 5 & 6 TOEIC究極シリーズ
[新形式問題対応]TOEIC(R) L&R テスト 究極のゼミ Part 5 & 6 TOEIC究極シリーズ

[新形式問題対応]TOEIC(R) L&R テスト 究極のゼミ Part 5 & 6 TOEIC究極シリーズ

 
【買う?買わない?】
アルクの本や教材を買い込んで、英語の勉強していた時期があった。もちろんTOEICも受けたりして。懐かしいなぁ。
今ではすっかりやめてしまったけど、ずっと続けてたらそれなりに身についたのだろうか。 
さて、今日の本は、英語の教材。勉強に使う本は、Kindle版じゃなくって紙の本の方がいいような気がする。
今日は、ルール2により買いません。
 
今日から3連休。久しぶりに、英語の勉強始めてみるかな。
 
 
【ナナメ読み感想】
 私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
シリーズ累計50万部突破! 「得点源」Part 5 & 6 の対策に取り組む本書では、TOEIC スコア UP 指導の第一人者・ヒロ前田が、講義と豊富な問題演習で文法・語彙問題の戦略的アプローチを伝授します。Part 6の「文選択問題」もカバーし、新形式に完全対応! 
 
 
 
 
No.643 平成29年11月2日
タイトル 野良猫を尊敬した日
野良猫を尊敬した日

野良猫を尊敬した日

 

 【買う?買わない?】

著者は、現代を代表する歌人とのこと。いやはや、お恥ずかしながら、日本にまだ、歌人と称するお方がいらっしゃるなんて、全く知りませんでした。
また、エッセイも人気とのことだが、歌人ともなると、一体どんな言葉を操り、どんな文章を書いていらっしゃるのか、読む前から大変興味津々である。
今日も買います。
読むの楽しみ!
 
【ナナメ読み感想】
 
確かに歌人らしく情景を切り取って、柔らかな物語のように綴ったエッセイだ。 
ただまあ、ちょっと薄味というか、色味の薄い水彩画のような感じで、ちょっと物足りない感じがしないでもない。
日頃、味付けの濃いミステリーやら、世知辛い人間関係を嘆く本を読んでいるせいかもしれない。
明日から、3連休。久しぶりにいい天気みたいなので、なんだか嬉しい。そういうまったりした午後に、この本は似合うんだろうと思う。
 
 
No.642 平成29年11月1日
タイトル 国会女子の忖度日記 議員秘書は、今日もイバラの道をゆく 
国会女子の忖度日記 議員秘書は、今日もイバラの道をゆく

国会女子の忖度日記 議員秘書は、今日もイバラの道をゆく

 

 【買う?買わない?】

 この本、国会議員秘書歴20年の著者が、議員秘書の日常というか裏話的なことを書いた連載をまとめたもののようだ。
調べてみたら、著者は、議員秘書という仕事は、ブラックすぎる議員事務所もあって、結構大変だという記事を書いておられました。
議員秘書というお仕事が、どんな仕事なのか、どんな経緯で秘書になるのか、どんん人が秘書になるのかなどなど、皆目見当がつきませんが、気分を暗くすることなく、笑って読める内容であることを祈る。 
 今日も買います。
 
今日から11月。冬支度を始めなくちゃ。
 
【ナナメ読み感想】
働き方改革とやらで、ついには国会議員秘書という、なんとも閉鎖的な職場にまで、その職務の実態を晒すような、この本が注目されているのかな。
議員秘書というお仕事の実態と合わせて、どうしたらなれるのか、選挙で負けたらどうなるのか、給料はいくらかなどなど、いろんな疑問も解消され、国会議員秘書になりたいなと思う人がいるとしたら、参考になるだろうけど、なりたくなくなるかも。
私なんか、3日と勤まらないだろうな。
こういうお仕事の話は、どこか遠いところでの他人事として読むぐらいがちょうどいいな。
 
  
No.641 平成29年10月31日
タイトル 気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている
気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫)

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている (講談社文庫)

 

 【買う?買わない?】

全国各地どこへ行っても、必ずと行っていいほど、チェーン店の飲食店がある。
 
気がつけばチェーン店でばかりメシを食べるには、何か理由があるのかな?と深読みしているけど、特にないような気がする。
まあ、この本はエッセイであって、チェーン店を紹介する本ではないので、何か情報を得ようとせず、気楽に読みたいなと思う。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
この本は、雑誌での連載をまとめたものです。
雑誌の記事を読む合間に、誰もが食べたことのあるであろう見慣れたチェーン店のエッセイ。ほっこりしないはずがありません。
とはいえ、何かの合間に読むからほっこりするのでありまして、こればっかりだと、なんといいますか、飽きてきちゃうかな。
読み手の方で、他の本を読みつつ、ちょっと合間に、この本を読んでほっこりするとか、調整すると楽しめるような気がする。
私は、田舎に住んでいるせいか、知らないチェーン店もいくつかあって、読み飛ばした。いろんなチェーン店が溢れている都会の人が読むともっと楽しめたのかなとも思う。
 
 
 
No.640 平成29年10月30日
タイトル ブラウン神父の童心
ブラウン神父の童心 (創元推理文庫)

ブラウン神父の童心 (創元推理文庫)

 

 【買う?買わない?】

今日はミステリーですね。表紙の絵の青と雰囲気が、私好みでいい感じ。
Amazon様の内容紹介によると、
奇想天外なトリック、痛烈な諷刺とユーモア、独特の逆説と警句で、ミステリ史上に燦然と輝くシリーズの第一集
とかで、まさに、怪しいくらいのべた褒めで、その真偽はともかく、期待させる。
とにかく、12の短編集とのことなので、短めの物語でテンポよく読めそうだ。月曜日の重たい頭には、ちょうどいいかもしれない。ありがたや。
今日も買います。
 
二週続けての台風に、みなさま被害はありませんでしたでしょうか。
平和な一週間の始まりになりますように。
 
【ナナメ読み感想】
 いやー。表紙の絵は、おそらくこの本の第一話の様子かな。表紙の男性は、もちろんブラウン神父なんだろうけど、ちよっと違うなぁ。
なんというかこんな哀愁のある感じじゃなくって、コミカルな人に隙を与えそうな雰囲気を醸し出してる感じなんだな、この本からすると。
さて、そんなブラウン神父が、外見川は想像もできないような推理を披露するのだが、確かに、この本は、奇想天外なトリックとはこのことかと思わせる展開だ。
なんというか、ネタバレになるので詳しくは書けないが、ミステリーのセオリーとはちょっと違う、え?そうなの?犯人がその人で、もう死んじゃうのという展開。
いわゆる本格的ミステリーとは異なるけど、結構、意外性があって面白い。シリーズ化されているので、続きも読みたいな。
 
 
No.639 平成29年10月29日
タイトル べーしっ君 完全版
べーしっ君 完全版 (立東舎)

べーしっ君 完全版 (立東舎)

 

 【買う?買わない?】

なんだか見たことあるようなポーズをとる少年。この子がベーしっ君かな。
私は見たことないんだけど、この絵を見ただけで懐かしい気持ちになる人もいるんじゃないかなぁ。
今日は、コミックなので買いません。
またまた日曜日に台風が接近しているので、今日も家にいて大人しくしているしかない。ある意味、読書日和なのかも。
 
【ナナメ読み感想】
 
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
ゲーム誌『ファミコン通信』やパソコン誌『ログイン』。80年代半ば~90年代半ばにこれらの雑誌を愛読していた方なら、“すぽーん!”などの擬音が象徴的な四コマ漫画『ベーしっ君』を覚えているはずです。その『ベーしっ君』が、改めて“完全版”として復刊されます!過去に4冊のコミックスとして出版されていたものを1冊にまとめ、そこにコミック未収録だった“幻の作品”約100本も追加収録。結果、総数約600本の4コマ作品を収録した内容となっております。ちなみに本書の厚さは約3センチ!“完全版”の名に相応しい、大ボリュームの1冊です。
 
 
No.638 平成29年10月28日
タイトル ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか
ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

 

 【買う?買わない?】

 何やら世の中、会社の中で与えられた仕事をするというのではなく、自ら創造的に仕事をしていきたいという人が多いようで、「イノベーション」を高める本が、この日替わりセールにもたびたび登場する。
今日の本は、その代表格といえる本なのではないかなと思う。 
ちなみに著者は、
アメリカ合衆国の起業家、投資家。PayPal(ペイパル)の創業者。シリコンバレーで大きな影響力を持つ
お方だ。
この本は、そんな著者の起業に関する講義録なのだそうだ。
ただまあ、平成29年2月5日に日替わりセール対象本だったので、この本を読んでいるが、読みにくかったという印象です。
今日は、ルール1により買いません。
 
それにしても週末毎の雨は、勘弁してほしい。 
 
【ナナメ読み感想】
 平成29年2月1日の私の感想
今日の本は、思っていた以上に哲学的で、著者の魅力が最大限に表現されている本と言う感じがした。何かを生み出した人というのは、こうも哲学的なものなのかと、驚かされた。
若い人が読んで、大きなことを成し遂げるに、哲学的な語りにも耳を傾け、志の支えにするのもいいかもしれない。
そして、内容は確かに素晴らしいものなのだろうと思うのだが、著者がどんな人なのかを知っている人が読めば、もっと興味深く読める本なのではないかと思う。  
 
 
No.637 平成29年10月27日
タイトル 女子の人間関係
女子の人間関係

女子の人間関係

 

 【買う?買わない?】

うう。タイトルと表紙の絵を見てるだけで、気が思い本だなぁ、これ。
著者は、精神科医であり、衆議院議員も務められたお方。こういう本を書くと、かえって女子を敵に回しそうな気がしないでもないが・・・
著者のホームページはこちら↓

http://www.hirokom.org

 私が男だったら、絶対この本買わないんだけど。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
この本では、あなたの周りにもきっといる面倒な女を「女」と称して、女性全般とは切り離して解説していく。決して女性全般を非難するものではない。
さて、著者曰く、「女」は、選ばれる立場として、人からの評価を気にするため、その過程で傷つき、どんどん厄介な「女」と化していくそうな。怖い怖い。
そして、嫉妬して張り合ってくる「女」、大切にされたい「女」、友人の結婚が喜べない「女」、いない人の悪口を言う「女」、「敵」「味方」を作りたがる「女」など、さまざまな困った「女」など、24のケースについて対処法を紹介している。
この本は、困った「女」とうまく付き合うには、という本のようであるが、読み手の女性が「女」にならないための本という読み方もできる。
私自身は、「女」度は低いと思いたかったけど、この本を読んで、周りを困らせているところもあると自覚した。 
なかなか面白い本でした。
 
  
No.636 平成29年10月26日
タイトル 会社四季報2017年4集秋号[雑誌] 
会社四季報2017年4集秋号[雑誌]

会社四季報2017年4集秋号[雑誌]

 
【買う?買わない?】
 このところ株価が上昇しているとかニュースで聞いたような・・・。
未だに四季報読んで株式投資をしている人がどのくらいいるのか謎ですが、こうして定期的に出版されているところを見ると、それなりに需要があるのかな。
とはいえ、ネットで得られる情報を本から得ようとする人は、紙の本を買っていて、Kindleで買わないんじゃないかなと思うんだけど、どうだろう。
私は、いらないかな。今日は、ルール2を適用して買いません。
ちなみに、購入を検討されている方は、この本は、タブレット以外では非常に読みにくいと思われますので、ご注意ください。 
 
【ナナメ読み感想】
 私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
業界担当記者が独自取材・独自分析で業績変化を先取り。
上場3654社をフルカバー、完全2期予想の会社四季報で
自分だけの“お宝銘柄”を探そう!

2017年4集秋号では、全上場企業の7割を占める3月期決算企業の第1四半期決算実績を取り込んでいます。通常、秋号は四季報独自の増額予想がもっとも多い号です。四季報が好業績を先取りした自分だけの“お宝銘柄”をお探しください。

株式投資はもちろんのこと、営業先開拓などのビジネスユースや就職活動などにも、ぜひお役立てください。
 
 
 
No.635 平成29年10月25日
タイトル 脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める 生活人新書
脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める 生活人新書

脳が冴える15の習慣 ―記憶・集中・思考力を高める 生活人新書

 

 【買う?買わない?】

おお。なんだか懐かしい本が登場しました。
この本は、Kindle日替わりセール買って読むマラソンを始めて、2度目の登場なのですが、実は、2006年に紙の書籍が出版された時に買って、読んでいます。
通常は、ルール1に従って買わないのですが、紙の本は処分してしまっていたのもあって、電子書籍版を購入しました。
そして、この本で紹介されている15の習慣を手帳に書き留め、毎日眺めていました。
 今日は、もう買いません。
が、先日購入した2018年版の手帳に、15の習慣を書き取りしようかなと思っています。
 
【ナナメ読み感想】
 平成28年8月1日の私の感想はこちら
著者は、日本の脳神経外科専門医、公益財団法人河野臨床医学研究所附属北品川クリニック所長さんだそうです。
この本では、脳を良い状態で生活するための習慣を15個、その取り組み方の解説も合わせて、書かれています。 
改めて読み返してみると、なるほどどれも取り組みやすく、そして脳に良いときているのですがから、このんが長く売れているのも頷けます。
久しぶりに、本の抜書きやろうかな、と思います。

 (★★★★★★:大変良い。年齢や立場にかかわらず、たくさんの人が参考になる本だね)

  
 
 
 
No.634 平成29年10月24日
タイトル 「憲法改正」の真実
「憲法改正」の真実 (集英社新書)

「憲法改正」の真実 (集英社新書)

 

 【買う?買わない?】

先日の選挙結果からすると、いよいよ憲法改正が現実味を帯びてきました。
著者の樋口陽一さん、小林節さんは、いずれも憲法学者だ。長らく改正もなく解釈だけに頼っていた憲法学も、今こそ、その研究の成果を国民に還元してもらいたいところだ。 
日本に大きな変化がもたらせれるこの時に、その行く先をしっかりと見極められる力をこの本から得られればと思う。
今日も買います。
 
 
【ナナメ読み感想】
 
うーむ。
 この本では、憲法学者のお二人が改憲について大いに語り合う対話形式となっています。その議論の多くは、自由民主党が作成している日本国憲法改正草案に向けられています。
この本を読んで思うことには、まずは自分でこの日本国憲法草案をしっかり読んで見るべきだということ。

constitution.jimin.jp

 

 そして、この日本国憲法草案にはQ&Aも用意されているので、こちらも読むべき。

https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/kenpou_qa.pdf

そうして、一度は、自分の頭で憲法とはなんぞやということを考えておく必要があるように思う。
それは、憲法といえども、単なる古い法律一つであり、その解釈をこねくり回している学者さんのいうことを、一方的に鵜呑みにすることなく、憲法改正の意味を考えるためだ。 
まあ、考えたところで、選挙も自民党の大勝で終わってしまったので、時機遅れという気がしないでもないが。
  
 
No.633 平成29年10月23日
タイトル 日本で、自宅で、一人で、ここまでできる! 海外ドラマDVD英語学習法
日本で、自宅で、一人で、ここまでできる! 海外ドラマDVD英語学習法

日本で、自宅で、一人で、ここまでできる! 海外ドラマDVD英語学習法

 

 【買う?買わない?】

このところAmazonプライムで海外の犯罪捜査ドラマのシリーズものを字幕版で、見ていたところ、「あ、何度も出てくるこの単語、もしかしてこういう意味では?」という瞬間がありまして、ドラマも見続けていると単語の一つくらい自然に覚えられるんだなぁと思ったことがありました。ただそれが、「被害者」という単語だったなので、覚えても使うことないんだろうなとは思いますが。
そんなわけで、海外ドラマのDVDもしっかり活用すれば、英語の学習にはなるんだろうなぁと思います。とはいえ、本気になれば、海外ドラマのDVDからでも、英語を勉強できるという話なんじゃないかなぁと思うなぁ。
私自身は、英語の学習は必要ないので、今日はルール2により買いません。
 
【ナナメ読み感想】
 
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
英語を学ぶなら、海外ドラマがいちばん!

留学しなくても、英会話学校に通わなくても、ネイティブに通じる自然な英語が完璧に身につく。しかも楽しく続けられる。

人気ブロガーが完全独学で英検1級・TOEIC満点を取得した方法を公開!
 
 
 
 
No.632 平成29年10月22日
タイトル 会社では教えてもらえない 生産性が高い人の思考整理のキホン 【会社では教えてもらえないシリーズ】

 【買う?買わない?】

昨日は、物の整理をして生活をスッキリさせる本。そして本日は、思考を整理して頭の中をスッキリさせる本。
昨日は、生活をスッキリさせて、日常を豊かにするのに対して、今日は、頭の中をスッキリさせて、仕事の生産性をあげるようだ。
私も仕事に費やす時間を、少しでも減らしたい。なんとなく、若い人向けの本のようだけど、私にとっても参考になることが書いてあるといいなぁ。
今日も買います。
 
 
【ナナメ読み感想】
自分の頭の中にある思考がどうなっているのか、客観的に見ることできるなら、みてみたい気もするけれど、きとごちゃごちゃしているんだろうなぁ。
この本では、頭の中にある思考をアウトプットして整理し、判断力や説得力、発想力を高める方法を解説しています。思考という目に見えないものを扱っているためか、アドバイスもやや抽象的な感じがしないでもないですが、基本的には、頭の中の不要なものは削除し、優先順位をつけて整理することが大切なんだそうな。
できそうでできない、思考の整理には、頭の中だけに頼らず、メモなどの思考の見える化が、もっとも有効な方法のようです。
明日は月曜日。この本を参考に、思考を整理し、スッキリした一週間にしたいと思います。
 
 
 
No.631 平成29年10月21日
タイトル NHK出版 なるほど!の本 ミニマリストの持ちもの帖 家族5人 これだけで暮らしています

 【買う?買わない?】

今日は、ミニマリストかあ。
私もミニマリスト目指していたりする。
ミニマリストって、持っているものの数を減らす競争をしているわけじゃないので、減らせばいいってものじゃなくって、なぜそれを持っているのか、なぜその数なのかが、結構大切な気がしている。
 こういう本もものの数を真似するのではなく、著者の物の対する思いを理解するといいんじゃないかなと思う(この本読んでないけど)。
私は以前、ミニマリストさんの書籍を読んでその思いに引き寄せられて、私なりのミニマリストを目指して暮らしています。人の真似はしたくないので、この本は必要ないかな。 
今日は、買いません。
 
【ナナメ読み感想】
 私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ

「何が本当に必要なモノか」が、見えてくる一冊

台所用品、住まいの品、衣類、そして家族のモノ──働く母であり人気ブロガーの著者が紹介する「これだけは必要」なモノたち。夫と男の子3人と共に、シンプルかつ快適に暮らす極意とは。ミニマリストが「残したモノ」たちには、家をすっきりさせるための数々のヒントがあった!(オール2色) 

 

雨がよく降りますね。冷たい雨です。暖かくしてお過ごしください。
 
 
No.631 平成29年10月20日
タイトル ときどき旅に出るカフェ
ときどき旅に出るカフェ

ときどき旅に出るカフェ

 
【買う?買わない?】
ざわざわする気持ちをすっと抑えて、むしろ爽やかにするようなテーブルクロスに、甘酸っぱそうな赤いソースとイチゴのお皿。こんなお店があったら、私も行きたいな。
今日は金曜日。疲れ切った頭を癒してくれる本だといいなぁ。 
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
近藤史恵さんの本、初めて読んだんだけど、働く女性は、きっと、この本好きだと思うなぁ。
文体が優しくて、読んでいて心地いいし、意心地のいいカフェに、旅の話と美味しそうなスイーツと女性が好きなものがたくさん登場。まあ、女子って生きるのしんどいよね、色々あるよねって感じの物語ではあるけれど、ちょっとした謎解きなんかもある短編集で、世界各国に実在する美味しいお菓子と飲み物の知識が折々に披露されていて、楽しい。金曜の疲れた仕事帰りの通勤電車で読むのに、ほんとぴったりでした。
 
明日は、土曜日。せっかくのお休みなんだけど、1日雨みたいです。でも、近くのケーキ屋さんまで歩いて行こう。美味しいケーキを食べながら、本を読もうかなぁと思います。
 
  
No.630 平成29年10月19日
タイトル 働く女のオキテ。給湯室はOLの戦場
働く女のオキテ。給湯室はOLの戦場

働く女のオキテ。給湯室はOLの戦場

 

 【買う?買わない?】

なんじゃろこの本。
表紙の絵から、右端の1人だけピンクの上下を着せられ、可愛らしい彼女が、明らかに掟破りであろうことが想像される。けど、可愛いってのは、ダメなのか。
よくわからぬなぁ。
著者と一緒になって、「あいつ空気読めないよねー。」と言いつつ読めば、さぞかし面白いんだろうけど、私はそういうの面倒なので参加しない派なんだなぁ。
 今日は、ルール3により買いません。
よかった、今日の本がコミックで。
 
【ナナメ読み感想】
 
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
一躍メディアの注目を集めた著者が、自身のお局さま時代の会社員経験を生かし、持ち前のシビアな観察眼で描くコミックエッセイ。
新人、お局、派遣、勝ち組、婚活、友情……表面上は笑顔でいても、裏で抱える羨望と嫉妬の感情。
働く女たちの腹黒い本心を鋭く描いた本書は、女性なら誰もがうなずき一気読みしてしまうこと間違いなし!
「働く女」が絶対うなずく職場あるあるがギッシリ!!
  
 
No.629 平成29年10月18日
タイトル 読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本
読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本

 

 【買う?買わない?】

お、この本は、平成28年8月14日、平成29年3月27日にも日替わりセール対象になっている。この日替わりセール買った読むマラソンを始めて以来、初めての3回登場した本だ。字がうまくなりたいという人は、年齢性別関わらず、一定数いて、このタイトルに引き寄せられて、「セールだし買っとくか。」という人が結構いるのかもしれないなぁ。
さて、著者は、
1984年埼玉県生まれ。博士(書道学)。大東文化大学大学院博士課程修了、2013年博士号取得。大手デパートでの講座をはじめ、企業研修や講演などを各地で開催。また企業への文字デザイン提供や、NYでの作品展示、茶会での床の間依頼など、創作活動も多岐に渡る。
書道家さん。詳しくは、著者のホームページを↓
字を書く機会がめっきり減った今日この頃。周りの人が、どんな字を書くのかは、めったにわからなくなった。意外な人の文字がうまかったりすると、「あれこんな字を書くのか」と、見直したりする。うまい字って大事かも。
 
【ナナメ読み感想】
私の感想
まず最初に、言っておきたいのは、「読むだけで」とタイトルには書いてありますが、本文中には、「練習してください」となんども書かれています。
まあ、当たり前のことですが、この本を読むだけでなく、著者の描く美しい見本を見て、書いて練習する必要があります。そりゃそうですよね。
著者の綺麗な見本を目に焼き付けて、コツをつかめば、字が上手くなる気もします。
しかし、少なくとも、本を読んで字が上手くなったか、どうか確かめるためにも、1度はペンを持つ必要がありますね。
 
 
 
No.628 平成29年10月17日
タイトル ど素人が始めるiDeCo(個人型確定拠出年金)の本
ど素人が始めるiDeCo(個人型確定拠出年金)の本

ど素人が始めるiDeCo(個人型確定拠出年金)の本

 
【買う?買わない?】
 国内はもちろん、ファイナンシャルプランナーの国際資格も取得されている著者。
 調べてみたら、「確定拠出年金相談ねっと」というサイトを立ち上げ、広く電話やネットでの相談を受けたり、セミナーを開催したりしておられるようです。
詳しくはこちらを↓
この本を読むことで、著者のセミナーを受けるのと同じ効果が得られるなら、本代なんて安いものじゃないかなと思う。
さて、私はというと、すでにiDeCo始めちゃってるので、この本はいらないかなぁという感じ。
そんなわけで、今日はルール2を適用して、買いません。
 
今日も雨だなぁ。よく降るなぁ。
 
【ナナメ読み感想】
 
ナナメ読み感想は後ほど!
 
 
No.627 平成29年10月16日
タイトル プリズンホテル 1 夏
プリズンホテル 1 夏 (集英社文庫)

プリズンホテル 1 夏 (集英社文庫)

 

 【買う?買わない?】

むむ?
日替わりセールのページを見てみたら、昨日と同じ本が表示されていますー。これは、627日の日替わりセール買って読むマラソンはじまって以来のことじゃないかな?(忘れているだけかも・・)
ま、こういう時は気長に待つとしましょう。
 
今日も雨ですね。冷たい雨に風邪などひかれませんように。
 
朝ごはん食べたり、いろいろとしているうちに、しれっと更新されていました。
今日の本は、浅田次郎さん。鉄道員(ぽっぽや)が有名どころでしょうか。
物語は、任侠専用のホテルが舞台とのことで、何が起きるやら、読む前から期待させられちゃいます。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
ヤクザの親分による任侠のためのホテル。働く人もお客さんもヤクザ、時々、一般の人。
主人公の小説家、その叔父のヤクザの親分、ホテルチェーンを左遷された支配人、訳ありの一家、そして幽霊となったオーナー家族等々、片言の日本語で頑張る外国人従業員などなど、とにかく個性的な登場人物が面々が、物語を楽しく彩ります。どの人も人情味溢れるあったかい人として書かれているようにも思いました。
もっとこう、やくざ者っぽい、渋いストーリーかと思ったら、案外、コミカルな感じで、読んでいてとても楽しい。こういう作品は、心に優しくてありがたいな。
やっときた読書の秋が、どうも雨ばかりで鬱陶しけど、人恋しい秋に、今日の本はぴったりなんじゃないかなと思いました。
 
  
No.627  平成29年10月15日
タイトル  たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書
たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書

たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書

 
【買う?買わない?】
 ああ、なんだか懐かしいですね。魚住りえさんといえば、アナウンサーさんですが、若い人はこぞんじなのかしら。
このタイトルからすると、たった1分の聞く力の本のように思えるけどどうなのかしらん。
まあ、それはともかく、今日も買います。

【ナナメ読み感想】
タイトルから予想していたとおり、アドバイスがずらりと並んだ、やや小ネタ集的な本という感じ。
とはいえ、聞く時の基本、あいづちのテクニック、聞く姿勢、質問のポイントから、いろんな場面での対処法など、幅広いアドバイスが、うまくまとめられています。とくべ付録として、「聞く力」50のコツも掲載されています。
ちょっとしたことで、人間関係が広がったり、改善したりすることもあるので、ちょっとしたコツが、案外使えるのではないでしょうか。
私は、電話での聞き方として、アドバイスされていた
電話では、口角をきちんと上げて「低めの声」を意識。
相手の顔が見えないので、あいづちは少し多めに打つ。
を実践してみようと思っています。
 
 
 
No.626 平成29年10月14日
タイトル ゾーン 最終章 トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスの最後のアドバイス
ゾーン 最終章 トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスの最後のアドバイス

ゾーン 最終章 トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスの最後のアドバイス

  • 作者: マーク・ダグラス,ポーラ・T・ウエッブ
  • 出版社/メーカー: パンローリング株式会社
  • 発売日: 2017/08/05
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 【買う?買わない?】

 おお、トレードですか。
世界情勢が不安定で、経済状況も良くない中、安定を求めず、むしろこれをチャンスとトレードに挑戦する人も案外いるようで、きっとこういう本の需要はそれなりにあるんだろうなぁ。
この本では、トレーダーの心理を解き明かし、いかに価値に持ち込むかを解説しているようですが、トレードって、心理戦なんですねぇ。道理で私には、向いてないはずだわ。人の心理なんか全くわかんないですから。
そんなわけで、今日はルール2を適用して買いません。
 
【ナナメ読み感想】
 
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
1980年代、トレード心理学は未知の分野であった。創始者の一人であるマーク・ダグラスは当時から、今日ではよく知られているこの分野に多くのトレーダーを導いてきた。彼が得意なのはトレードの本質を明らかにすることであり、本書でもその本領を遺憾なく発揮している。そのために、値動きや建玉を実用的に定義しているだけではない。市場が実際にどういう働きをしていて、それはなぜなのかについて、一般に信じられている考えの多くを退けてもいる。どれだけの人が、自分の反対側にもトレードをしている生身の人間がいると意識しているだろうか。また、トレードはコンピューター「ゲーム」にすぎないと誤解している人がどれだけいるだろうか。読者はトレード心理学の大家の一人による本書によって、ようやく理解するだろう。相場を絶えず動かし変動させるものは何なのかを。また、マーケットは世界中でトレードをしているすべての人の純粋なエネルギー――彼らがマウスをクリックするたびに発するエネルギーや信念――でいかに支えられているかを。本書を読めば、着実に利益を増やしていくために何をすべきか、どういう考え方をすべきかについて、すべての人の迷いを消し去ってくれるだろう。 
  
 
No.625 平成29年10月13日
タイトル 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる (文春文庫)

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる (文春文庫)

 

 【買う?買わない?】

 おお、ちきりんさん!
 ちきりんさんといえば、知る人ぞ知る社会はブロガーさんですね。

ブログはこちら↓↓ 
d.hatena.ne.jp

 
いやー、お名前は存じあげていたものの、これまでブログや本で、文章に触れる機会はなく、今日に至っております。
賛否両論、いろいろあるお方のようですが、社会派と名乗っている限り、まあそれは、いろいろあってしかるべきでしょう。
私自身、ちょうど、パラレルキャリアとか、今後の10年の働き方とかを模索していたところだったので、この本から参考を得られるといいなぁ。
今日も買います。
 
 
【読了】
 ううむ。
何やら定年退職となる年齢が65歳になりそうだというニュースで、まるで真っ暗なトンネルの中を、ずーっと遠くにわずかに見えていた出口の明かりを目指して歩いていたのに、それがすっと消えてしまったように、私の目の前は、真っ暗になってしまった。
そんなわけで、このままでいいのかなんて、働き方のことを考えたりしておりましたところへ、この本を出会った。まさに絶好のタイミング、でした。
さて、この本では、ちきりんさんが考えるこれからの働き方が提案されています。
特に、平均寿命が100歳になることを前提にした働き方の提案は、大変参考になりました。
また、最近はやりのミニマリストとして、生活コストを最小限にし、それに対応して、必要最小限だけ働くなども、一つの働き方として紹介されていました。
この本を読んで、いろんな働き方があって、幸せな働き方を探せばいいんだって思ったら、ちょっと気が楽になった。楽観的なばかりじゃだめんだろうけど。
 
  
No.624 平成29年10月12日
タイトル そして、ありがとう…―犬とわたしの12の涙
そして、ありがとう…―犬とわたしの12の涙―

そして、ありがとう…―犬とわたしの12の涙―

 

 【買う?買わない?】

あー。実は、こういう泣かせる本って、結構苦手だったりする(「全米が泣いた!」とかいう映画も見ない。)。
日常生活の中での感情でいっぱいいっぱいで、できるだけ平穏無事に暮らそうとしている中、何故あえて泣くための物語を読まねばならぬのか、よくわからないなぁ。
まあ、致し方ない。今日も買います。
 
さて、鬼も目にも涙となるでしょうか。
 
【ナナメ読み感想】
まず、この本は、Amazon様の説明書きにあるとおり、ダブレットで読むべきです。
Kindle端末やスマホアプリでしか読めない状況であれば、非常に読みづらいので買わないほうが賢明です。 
私は、外出時には、Kindle端末とスマホしか持ち出さないので、この本のものがラリを読んで涙する前に、目がしょぼついて涙しそうになりました。
結局、目を細めつつ頑張って読もうとしたけれど、一話目が愛犬の死にまつわるお話で動物を飼う身としては辛すぎたのと、物語というか長い詩のような表現に馴染めなかったということもあって、二話以降は読む気になれませんでした。
タブレットをお持ちの方は、もう少し読みやすいかもしれません。
優しくて繊細な語りでつづられた本のようですので、紙の本を買って、気に入ったら、そばに置くというのがいいのではないでしょうか。
 
  
No.623 平成29年10月11日
タイトル 心を動かす話し方
心を動かす話し方 (SB新書)

心を動かす話し方 (SB新書)

 

 【買う?買わない?】

企業経営者でもない限り、お会いすることのない職業の方だとは思うが、世の中には、経営コンサルタントを業とする人がこんなにいるのかと驚くくらい、この日替わりセール本を読んでいると、多くの経営コンサルタントと出会う。
今日の著者も、経営コンサルタントであり、コンサルタント会社の代表取締役でもある。著者の会社のサイトはこちら↓
そして、今日の本は、話し方、伝え方の本なんだそうな。難しい本でもなさそうだし、気楽に読んでみましょうかね。 
今日も買います。
 
 
【ナナメ読み感想】
 この本は、著者が読者に語りかけるように書かれています。さすが5000回以上の講演の実績がある著者は、いい塩梅で強弱をつけながら、読者の心に届くように語りかけてくる。
タイトルでは、「話し方」となっているが、この本で扱っているのは、何を話すかという中身の重要性、どう話すかという表現方法にとどまらず、聞くことの大切さや人との距離感の取り方などコミュニケーション全般であると思う。
あくまでも著者が語るオレ流コミュニケーション術という感じがした。 
 それは決して、参考にならないということではなく、この本を真似るだけではダメだということだ。この本をヒントに、失敗を繰り返しながらも、私流のコミュニケーション術を身につけるしかないということだ。
この本を読んでいると、まるで著者の講演を聞いているような気がした。その中で著者は、とにかくやってみろよと、悩める読者の背中をどーんと押してくれているようだった。
 
 
 
No.622 平成29年10月10日
タイトル 池田屋乱刃
池田屋乱刃

池田屋乱刃

 

 【買う?買わない?】

 ふむふむ。今日は、時代物ですな。男性が好みそうな本とお見受けいたしましたが、いかがなものでしょう。
調べてみましたら、著者のサイトがございました。このサイトを見ると著者の歴史小説への並々ならぬ熱い想いが切々とつづられておりました。
掲示板もあって、著者ご自身がファンの方々とも交流されているご様子です。
気になった方はこちらを↓
 
私は、日頃、歴史小説は全く読まない。歴史小説には、歴史を好む者、歴史を知り尽くした者が知っている暗黙の了解のようなものがある気がしている。今日は読むのに苦労しそうだ。 
 とはいえ、今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
激動の時代を生きた高い志を持つ男たちの熱き血潮のように、躍動感を持って描かれた物語は、私のような歴史オンチでも、大変楽しめた。とにかく、登場人物の一人一人が、生き生きと描かれていて、どの登場人物にも心惹かれた。第1章ですでに、グッと心を掴まれてしまったようで、もうあとは引き込まれるように読んだ。
おそらく、歴史的背景を知っていたら、もっと楽しめたであろう作品。その辺りは、自分自身の知識不足を悔やむしかあるまい。
刀で斬り合うことがまかり通るなど、決していい時代だったとはいえないのだろうが、命がけで戦う男たちの時代と見れば、心惹かれる人も多いのではないだろうか。
 
  
No.621 平成29年10月9日
タイトル 日本沈没 決定版
日本沈没 決定版【文春e-Books】

日本沈没 決定版【文春e-Books】

 

 【買う?買わない?】

あらあら。今日の日替わりセール本が、更新されていませんね。どうしちゃったのかなぁ。
更新されていないことは、実はよくあることで、そのうち、何事もなかったかのように、しれっと更新されるだろうから、こちらものんびり待ちますか。
みなさん、今日は、お休みでしょうか。私は3連休最終日です。
 
更新を待っている間に、ランニングに行ってきましたー。
 
おおー。今日の本は、小松左京!そして日本沈没!!さらにさらに上下巻を一冊にまとめられた決定版!しかもすごく安い!
 これは誰がなんと言おうと買いでしょう。今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
確か、テレビで映画を観た、と思う。東京が壊滅するとか、火山が噴火するとかと行った、よく似た他の映画かもしれない。
思うに、2時間ほどにまとめられた映像よりずっと、原作の方がいい。
とにかく、小さな事実と積み重ね、少しずつ少しずつ、じわりじわりと日本沈没へと迫っていくあたりが、詳細に描かれていて、日本に差し迫った危機を予測しようとする男たちの緊迫感が読み手にも伝わってくる。
 「日本が今後どうなるかわからない。」という科学者の言葉がそのまま、読み手にとっての恐怖となって、その先を読まずにいられなくなる。
さすが、小松左京!と言いたくなる作品だ。
まだお読みでない方は、この機会にぜひ。
 
 
 
No.620 平成29年10月8日
タイトル フランス人は10着しか服を持たない コミック版 ファッション&ビューティ 編
フランス人は10着しか服を持たない コミック版 ファッション&ビューティ 編 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

フランス人は10着しか服を持たない コミック版 ファッション&ビューティ 編 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

 

 【買う?買わない?】

数年前にずいぶんと売れた本のコミック版ですね。
こちらの本です↓

フランス人は10着しか服を持たない

私も流行りに負けて、この本を読みたいなぁと思っていた時期がありましたが、結局、若い女の子向けで、私には合わない気もしましたし・・・、ドイツ流の片付け本を持っていたこともあって、買わずじまいでした。 
こういう片付け本は、買っただけで何もしないと、かえって本が1冊増えたなんてことになりかねないのですが、その点、Kindleで買えば、物としては増えませんから、三日坊主になりやすい方は、Kindle版を買うのがオススメです。
さて、今日は、コミック。ルール3により買いません。
  
【ナナメ読み感想】
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ 
毎朝、クローゼットの前で「着る服がない」と悩んでいる?
買い物をしても、メイクを頑張っても、
なにか物足りないと感じていませんか?
フランスマダムに学ぶ、パリ流“片づけ”術。

空前の大ベストセラーを、待望のコミック化!
オリジナル書籍『フランス人は10着しか服を持たない』のエッセンスを、
“ファッション&ビューティ 編”と
“ダイエット&ライフスタイル 編”の2編に分冊して同時刊行。
ステキな服や小物、美しいインテリアや街の風景をよりイメージしやすいコミック版でお届けします
  
 
 No.619   平成29年10月7日
タイトル   マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方

 

 

【買う?買わない?】
マンガでわかるシリーズ、いろいろなほんがあるんだなぁ。この手の本で読んだことがあるのは、マンガ日本の歴史?ぐらいかな。わしかにわかりやすいんだけど、記憶に残りにくい気がするけどどうなのかな。
本を読むのがいやで、マンガなら読むし、絵も一緒に記憶できるような人なら、こういう本の方がいいのかなぁ。
まあ、今日はルール3により、買いません。
 確か、元ネタ本を、この日替わりセールで読んだと思う。
 
三連休の1日目は、一昨日の日替わりセールの残りから読みたいと思います。

【ナナメ読み感想】
私が読まない日はAmazon様の内容紹介をどうぞ
ベストセラー『誰とでも15分以上 会話がとぎれない話し方 66のルール』をさらにわかりやすく紹介しているのが本書。会話をするときに、自分と相手の気持ちに目を向けて、「気持ちのキャッチボールをする」というシンプルな方法で会話がドンドンふくらむコツをマンガでわかりやすく紹介しています。1話読むごとに、会話力が身について会話についての悩みが吹き飛びます!
 
No.618 平成29年10月6日
タイトル 七十歳死亡法案、可決
七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)

七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)

 

 【買う?買わない?】

あら。「面白そうだな」と思っていいのかな、この本。なんだか、70歳過ぎたら、社会のために死んでくださいとか思ってるみたいで、ためらわれる。
70歳で死亡という、奇抜な設定の中、登場人物たちをどう動かしていくのか、読むのが楽しみだ。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
介護する者される者、働く男に働かない男、介護から逃げる者、 とかく世の中、いろいろ大変なんだなと、つくづくいやになる。
そんな重苦しさを、70歳死亡法で、長生きしなくていい世の中にして、妙な軽さを持たせている。
また、この物語では、70歳死亡法が成立して、どんどん安楽死させられていく訳ではないので、深く考えこむこともない。
もしもこんな法律あったら?くらいの感じで読んだらいいと思う。
 
 
No.617 平成29年10月5日
タイトル 深い疵 刑事オリヴァー&ピア・シリーズ
深い疵 刑事オリヴァー&ピア・シリーズ

深い疵 刑事オリヴァー&ピア・シリーズ

 

 【買う?買わない?】

お。今日の本は、ドイツでシリーズ200万部を突破している警察小説なんだそうな。
タイトルと装丁もなかなか良いではないか。
朝夕めっきり涼しくなって、秋の夜長にミステリーはぴったりですね。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
なかなか読み応えがある作品ですぞ、これは。
まず、翻訳がとてもいいので、日本語を読むこと自体が楽しめます。ことがを味わいつつ、ストーリも楽しめるのですが、おかげで簡単に読み進められません。
ドイツが舞台ですので、当然登場人物はドイツ人なので、名前が覚えにくい上に、人間関係が複雑です。登場人物も細やかに描かれていますので、これまた簡単に読み進められない。
物語も、被害者の過去に、大きなドラマが隠されているようで、その期待感も相まって、読み応え十分という感じです。
今週末は、3連休なので、残りはじっくり時間をかけて読みたいと思います。
  
 
No.616 平成29年10月4日
タイトル 脳科学医が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法
脳科学医が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法 (幻冬舎単行本)

脳科学医が教える他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法 (幻冬舎単行本)

 

 【買う?買わない?】

脳科学医である著者は、80歳を超えてもなお、精力的活動されておられるようで、健康関連の本も多数出版されておられる中で、この本は80歳を超えてから書かれたものです。
NPO法人「食と健康プロジェクト」の代表でもあります↓こちらのサイトでは、著者の活動や、元気なお顔を拝見できます↓
 
他人に鈍感そうな人だって、本ににしたら「気にしている」という場合もあるわけで、「他人に敏感すぎる人がラクに生きる方法」があるなら、知りたい人は多いんじゃないかな、と思う。
 今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
エイレン・N・アーロン博士によるれば、 世界のおよそ20%、つまり5人に1人が残る80%の人よりも敏感で、刺激に対して非常に反応しやすい気質を生まれながらに備えているのだといいます。

 

この本では、著者が、この考えに触れ、自らHSP(非常に敏感な人)であると確信したことで、楽に生きることができるようになった経験から、HSPとは何か、楽に生きるための考え方を紹介しています。

心当たりのある人は、参考になることも多いかと思いました。

面白いなと思ったのは、著者曰く、HSP(非常に敏感な人)は「参謀・僧侶」タイプらしいとのこと。私は僧侶だなとか、妙に納得してしまいました。

  

 
No.615 平成29年10月3日
タイトル なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?
なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

 

 【買う?買わない?】

 ううむ。今日の本は、嫌な予感しかしない本だな。
これまでの読書経験から、タイトルに「ハーバード・ビジネス・スクール」の文字が入った、外国の方が書いた本は、とにかくダラダラと事例が紹介され、同じようなことが何度も書いてあるだけで、内容に厚みがない傾向にある。
この本もそうでないといいが・・・。
しかしまあ、どんな本からも学びはあるというのが私の持論なので、この本からもきっと何かしらの学びはあるはず。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 
うーん。
営業と一言に言っても、それぞれ取り扱う商品や、売る相手も異なる中で、営業の一定法則のようなものを見出すことはできないのではないかと思う。
色々な事例や、セールスマンたるやかくあるべしなどと、書き記されているが、結局のところ努力と根性に忍耐が、多くのセールスマンを作り出していると思った。
まあそれは、どんな仕事も同じで、特にセールスマンに限らないことなんじゃないかなとも思った。
そんなわけで、想定どおり何が書いてあるやら、いまいちピンとこなかったけど、 日本の生保レディを含むいろんな国のセールスマンの物語として読めば、それなりにお国事情も見て取れて面白いかなと思う。
はらかずも営業職についてしまった、若きセールスマンには元気の出る本なんじゃないかな。
 
  
No.614 平成29年10月2日
タイトル 美しい表紙で読みたい 三四郎
美しい表紙で読みたい 三四郎

美しい表紙で読みたい 三四郎

 

 【買う?買わない?】

ううむ。三四郎。
何故この名作に、子供っぽい可愛らしい漫画的なイラストの表紙にしたのだろう。こういう表紙で、、若い人に読んでもらいたいということなんだろうけど、どうなんだろう。
おそらく私は、本を読んでもらいたい対象の年代から外れているし、ほおっておいても本を読む類なので、表紙の絵をごちゃごちゃいうべきじゃないんだろうなぁ。それに、Kindleで読むと表紙の絵なんか関係ないし・・・。
それはさておき、「三四郎」自体は読んだことがあるので、今日は、ルール1を適用して買いません。
月曜日から、こちらは雨。ゆっくりスタートします。
 
【ナナメ読み感想】
 私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
明治41年「朝日新聞」に9月1日から12月29日にかけて連載され、翌年5月に春陽堂から刊行された夏目漱石の代表作で、『それから』『門』へと続く前期三部作の一つ。
九州の田舎から出てきた主人公・小川三四郎が、都会の様々な人との交流から得るさまざまな経験、恋愛模様が描かれています。
三人称小説ですが、視点は三四郎に寄り添い、ときに三四郎の内面を鋭く描き出されています。
「美しい表紙でよみたい」シリーズは、不朽の名作を美麗な表紙イラストともにじっくりと味わえます。
本作の表紙イラストは、現在イラストレーターとして国内外で活動中の安那(Anna)氏によるものです。和風・ノスタルジックテイスト漂う作風が特徴で、叙情的な表情、季節感の表現を得意とする美しいイラストが、時代を経ても色あせない名作文学の魅力をアップさせてくれます。
 
 
 
No.613 平成29年10月1日
タイトル 朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる
朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる Business Life

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる Business Life

  • 作者: 馬渕知子
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 【買う?買わない?】

 先日読んだ「仕掛学」の中で、タイマーセットできるコーヒーメーカーで、起きる時間にコーヒーが出来上がるようにセットしておけば、朝、コーヒーの良い香りに包まれて、気持ちよく起きることができるという仕掛けが紹介されていた。
それ以来、コーヒーメーカーを買うかどうか悩んでいるのだが、この本が、そんな私の背中を押すことになるかもしれない。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
ううむ。ダメでした。
この本によると、朝起きてすぐのコーヒは、起きようとする体のリズムを崩し、1日不調に過ごすことになるらしい。ちなみに、コーヒーは、朝なら9時半頃に飲むといいらしいです。 
私は、ビールは全く飲めないので、ビールのページは全く無駄になってしまったけど、水分の取り方や、飲み会での過ごし方なんかは、参考になりました。
コーヒーやビールで、簡単に仕事が上手くいくようになるとは思えないけど、食べ物と比べて、水分は体への即効性があることを知っただけでも、この本を読んだ価値はあったかなと。
この本を読んで、食べること、何をいつ食べるかと同じくらい、飲むこと、何をいつ飲むかにも、もっと気を配りたいなと思った。
 
 
 
 
No.612 平成29年9月30日
タイトル 人類の未来 AI、経済、民主主義
人類の未来 AI、経済、民主主義 (NHK出版新書)

人類の未来 AI、経済、民主主義 (NHK出版新書)

  • 作者: ノーム・チョムスキー,レイ・カーツワイル,マーティン・ウルフ,ビャルケ・インゲルス,フリーマン・ダイソン
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2017/04/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 【買う?買わない?】

このところ、AI関連の書籍を何冊か読んだこともあって、これから私たちの世界はどうなっていくんだろうと、日常生活の中で考えることが多くなった。
今日の本は、世界の「知の巨人」たちが、その答えを示してくれるようだ。
まあそれも、こうなるであろうという予測でしかないのだろうが、凡人の私があれこれ考えるよりずっと、くっきりとした未来像を見せてくれるのではないかと思って期待している。
知の巨人が示す未来に、とにかく興味津々。今日も買います。
読むの楽しみ!
 
【ナナメ読み感想】
 この本は、吉城真由美さんが、人間の未来について、知の巨人たちの思考に深く切り込むインタビュー集である。
そういえが、同著の似たようなインタビュー集を読んだことがあったのを思い出した↓

tetuneco.hatenablog.com

 知の巨人と一般の読者とを、うまく橋渡ししながら、読み手に様々な未来予想図をありありと見せてくれる著者の問いは、本当に素晴らしい。
全く反対の考えや、全く違う未来を描くものも一緒に収録されているところも、読み手の方で、「あなたはどう考える」と問われているようで、楽しい。
私はシンギュラリティが来ることを、これまで以上に楽しみにしたいと思った。
 
  
No.611 平成29年9月29日
タイトル 生命保険のカラクリ
生命保険のカラクリ

生命保険のカラクリ

 

 【買う?買わない?】

生命保険については、あまり詳しくないにもかかわらず、なんだかんだ言って、生命保険会社がお金を儲ける、そういうカラクリになってるんだろうと勝手な想像をし、あまり良い印象がない。
誰だこんな本を書いたやつは?と思ったら、テレビCMでもおなじみのライフネット生命の社長さんでした↓↓ 
 著者は、どんな人が知らないが、ライフネット生命といえば、CEOの出口治明さんは、書籍などから、なんとなく好印象である↓↓

 生命保険自体は、人助けとか云々、表面ヅラのいいところがあまり好きではないのだが、出口さんが一緒に仕事をしておられる方が書いた本だと思えば、どんなことが書いてあるのか興味が湧いた。

今日も買います。 

 
【ナナメ読み感想】
 
ううむ。予想はしていたが、こんなカラクリが日本の生保市場に隠されていたのかという驚いたというか、まあ呆れたというか・・・。
まあ、どんな商品も儲けるために販売するわけだし、保健だけが悪どいカラクリで販売されているわけではなかろうが。
そして、9割の日本人が保険契約をしているらしいが、それは世界的に見ても突出して高い割合なんだそうだ。私自身、誰もがみんな社会人になったら、保険に入るもんだと思い込んでいたし、保険契約が当たり前かのように外交員さんにも勧められたのが、そうでもなかった。とはいえ、生保の外交員さんから説明された保険契約の内容もわからず、契約してしまい、漫然と保険料を払い続けている私も私なのだ。
この本は、保険会社の経営者と契約者の両方の目線から、保険会社を丸裸にする本だった。
 
 
 
 
No.610 平成29年9月28日
タイトル ダンナは海上保安官
ダンナは海上保安官

ダンナは海上保安官

 

 【買う?買わない?】

それにしても、この頃、こういうコミックエッセイ?というのかな、漫画家さんの日常を描いたコミック多いなぁ。いつからこんなことになったんだろう。
私もエッセイ書きたいなぁと思っているけど、なかなか文章にしたくなるような日常ってないもんなんだよなぁ。
それが、こういう本を書いている人は、書きたいことがあって、なおかつ、絵も描けるなんて、羨ましいなぁと常々思っております。
まあ、それはさておき、今日はルール3を適用して、書いません。
 
【ナナメ読み感想】
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ。
船乗り夫は今日も帰らず!! 
婚活実り、公務員ダーリンとのラブラブ生活スタート…のはずが、初日からひとりぼっち!? 
漫画家ヨメが海保夫との生活を大ぶっちゃけ!
 
 
 
 
No.609 平成29年9月27日
タイトル 異性の心を上手に透視する方法
異性の心を上手に透視する方法

異性の心を上手に透視する方法

  • 作者: アミール・レバイン,レイチェル・ヘラ―
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2016/06/22
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 【買う?買わない?】

なになに、「異性の心を上手に透視する方法」だって?
そんな方法あるのかなぁ。どういうつもりか知らないけど、表紙に猫の写真なんか貼っちゃって、本の内容とどんな関係があるというのか。怪しい。
それにしても、こういう本が全米ベストセラーになるなんて、アメリカ人もよくわかんないなぁ。
どんなことが書いてあるのか楽しみに、今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
この本によると、 子供が親と結ぶアタッチメント(愛情の対象との関係)は、大人がパートナーに対して結ぶアタッチメンチには似たパターンが見られるという記事を前提に、すべての人は3つの「愛情パターン」のどれかにあてはまるのだそうだ。
その3つとは、安定型、不安型、回避型なんだそうな。
読み進めていくと、おっとこれは、なかなか当たってるところあるじゃんとか思ったりもした。
だが、時間をおいて考えてみたら、3つのどれかになると初めから決まっているのだから、自分をそのどれかに当てはめざるを得ないし、こういう人はこうだ、と言われるとそうかもしれないと思えてくるものだ。血液型占いみたいなもんだな。
これは、私が周囲の人を寄せ付けず、1人になりたがる回避型に分類されたことで、拗ねているわけではない。
 
  
No.608 平成29年9月26日
タイトル スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

  • 作者: エドワード・スノーデン,青木理,井桁大介,金昌浩,ベン・ワイズナー,マリコ・ヒロセ,宮下紘
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/04/24
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
【買う?買わない?】
よく知らないけど、私のとっては、スパイ映画を地で行く人というイメージの著者。
映画みたいな人生を生きる人と思っていたら、逆に、彼をモデルにした、映画がありました↓ これ誰か観たんだろうか。
どうやら有り難いことに、日本へ警告もしてくれているご様子。よくわからん。
よくわからんので、この本を読んでみる。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
 ううむ。あんまりよくわからない本だった。
この本は、前半は、東京大学で行われた、アメリカが広く行なっていた情報収集活動を目でジアを通じてリークしたスノーデン氏との対談、後半は、4人のパネリストによる監視社会の問題点なんかの議論が収められている。
私には、この本に書いてあるような国家が国民のプライバシーを侵害しているとかって、ちょっと自意識過剰じゃないかな?って気がしてるんだけど、これじゃあ呑気すぎるかな。 
スノーデン氏が、なんか自分はいいことしたみたいに言ってるところも、なんか私には気にかかるなぁ。
  
 
No.607 平成29年9月25日
タイトル ジェリーフィッシュは凍らない
ジェリーフィッシュは凍らない

ジェリーフィッシュは凍らない

 

 【買う?買わない?】

お。表紙の絵が綺麗で、なんとなく洋書っぽい。
日替わりセールにしたら、あんまり安くなっていないなと思ったら、文庫本化されていない様子。そして、先日、この本の第2弾、「ブルーローズは眠らない」が出版されている。
それはさておき、今日の本は、鮎川哲也賞を受賞した本格ミステリーらしく、素直に嬉しい。
今日も買います。
楽しい一週間になるよう、心踊るミステリーで月曜日が楽しめますように。
 
【ナナメ読み感想】
 表紙の絵にある、空に浮かぶクラゲのような飛行船が、この本の舞台となるジェリーフィッシュ。この飛行船は、飛行実験の最中、山中にて黒焦げになって発見されます。中には、乗組員と思しき死体が6体。
空の上の6人と、その過去、陸上では、事件を追う2人の刑事。
舞台を変えながら物語は展開し、徐々に真相へと繋がっていきます。
月曜日は、なんだか疲れるし、とにかく眠い。しかし、犯人は誰なのか、そしてどうやって殺したのか、が気になって気になって続きが読みたい。
主人公の女性刑事が、美人なのに、身だしなみは最低で、使っている言葉もお粗末なことを除いては、なかなか楽しく読めている。
寝落ち覚悟で、ゴロンとしながら続きを読みたいと思う。 
 
  
No.606 平成29年9月24日
タイトル [新形式問題対応]TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7 TOEIC L&R テスト 究極のゼミシリーズ
[新形式問題対応]TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7 TOEIC L&R テスト 究極のゼミシリーズ

[新形式問題対応]TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7 TOEIC L&R テスト 究極のゼミシリーズ

 

 【買う?買わない?】

今日は、新形式のTOEICの学習本ですな。
調べてみたら、著者のブログを見つけました。
それによると著者は、前田広之さんという高知県生まれの男性で、どうやら英語が大好きなご様子で、長らく英語学習の講師を務めておられます。
 気になった方はこちらを↓
ブログを拝見いたしますと、「とにかくTOEICの得点が欲しい!」という方には、心強いお方のようです。 
 
また、将来AIが発展し英語を学ぶ必要はないのではないかと思ったりしたのですが、こちらの記事で、
一般人が購入できる卓上電卓が市場に出てから、すでに30年以上が経過しています。電卓に任せれば頭で計算するよりも速く四則演算ができますが、だからといって「もう小学校で九九は覚えさせなくて良い」という議論になったという話は聞きません。

とありました。ううむ、確かに。気になった方はこちらを↓

https://jp.linkedin.com/pulse/aiが翻訳してくれる時代に英語を学ぶ意義はあるか-akito-sato

 
とはいえ、私に英語学習は必要ありませんので、ルール2により買いません。 
 
【ナナメ読み感想】
 
私が読まない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
シリーズ累計50万部突破! TOEIC スコア UP 指導の第一人者・ヒロ前田が読解問題の戦略的アプローチを伝授。Part 7を「できるだけ読んで解く」対策書が、「位置選択問題」「意図問題」「トリプルパッセージ」など、新形式に完全対応!
 
No.605 平成29年9月23日
タイトル ゲームを作りながら楽しく学べるHTML5+CSS+JavaScriptプログラミング[改訂版]
ゲームを作りながら楽しく学べるHTML5+CSS+JavaScriptプログラミング[改訂版] (Future Coders(NextPublishing))
 

 【買う?買わない?】

このところ、AI関連の本を読んだことで、何かにつけ、「これは将来AIに取って代わられるだろうか。」と考えることが多くなった。
それで、語学なんかが好きで、こそこそ勉強をしたりしてたけど、コンピューター関連の勉強をしてた方がよっぽど良かったのかな、なんて思ったりしている。
本当は、プログラミングも、興味がないわけでもないけど、何事にも正確性に著しく欠ける私には、きっと無理なんだろなと諦めている。
ちょっと覗きたい世界ではあるけれど、今日はルール2を適用して、買いません。
 
【ナナメ読み感想】
 
私が買わない日は、Amazon様の内容紹介をどうぞ
若い人向けに、楽しく学ぶことができるようにゲームを中心にしたサンプルを豊富に取り上げます。また、習得した知識を確認するための演習も満載。プログラミング上達の早道はなによりコードを読み、コードを書いてみることという筆者の経験から、リストを読み、実際に書いてもらうことを目指します。本書前半はプログラミング経験のまったくない人を対象に、HTML、CSS、JavaScriptの基本知識を解説。平板な解説に陥らないように、豊富なサンプルと演習が用意されています。本書後半は誰でもなじみのあるブロック崩し、テトリスライクなゲームを作成していきます。サンプルは、コード入力の負担が過度に大きくないこと、コードがわかりやすいこと、ちょっとした驚きがあることを心がけています。読者が自分で入力・確認してく過程で、プログラミングのスキルを身に着けることができるでしょう。
なお、本書は2013年に発売された初版の改訂版です。今回の改訂ではブラウザの仕様変更に関する対応が中心になりますが、ゲームも1つ追加しています。また、ダウンロードサービスも用意しました。
若い人向けなのね・・・ 
 
 
No.604 平成29年9月22日
タイトル 仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方
仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方

仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方

 

 【買う?買わない?】

ん?仕掛け学ってなんだろ?
 調べてみたら著者は、大阪大学の教授で
工学系出身で経営学系に在籍している仕掛学系の研究者。

なんだそうな。

著者のゼミのページにも表紙の絵と同じ写真があって、ゴミ箱にバスケットゴールを設置すると、人はシュートしたくなりゴミ捨て行動が促進されると説明されていました。

詳しくはこちらを↓

松村研究室

 まあ、そんな仕掛けを研究するのが仕掛学のようです。なんだか面白そうですね。なんだか興味が湧いてきました。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
仕掛学は、想像以上の面白さで、楽しませてくれました。
ちょっとした仕掛けで、人は簡単に行動を操られてしまう。しかも、その仕掛けそのものが楽しくて、 そこがまたいいなと思う。仕掛けに操られて人って、面白い動物だなとも思った。
そして、私自身、忘れ物を減らすなどの習慣付けのため、いろいろな仕組みを考えたりしているけど、この本にあるように気がつけば、習慣づけたい行動をとってしまうような仕掛けを考えた方がずっと楽しいと思った。
この本で、タイマー付きのコーヒーメーカーで、コーヒーの香りとともに目が覚めて、美味しいコーヒーで朝のひと時ってのが紹介されていた。本気で買おうかと思っている。
 
 
 
No.603 平成29年9月21日
タイトル 成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方
成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方

成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方

 
【買う?買わない?】
平成28年4月13日の日替わりセール本。
成功を収めるためのチャンスは、誰にでも訪れる。そのチャンスをいかに多く捉え、選別し、成功へとつなげていくか、という本だったと思う(タイトル読むだけで、この本を読んでいなくてもわかることだと思うけど)。
今日は、ルール1を適用して書いません。
 
【ナナメ読み感想】
 
平成28年4月13日の私の感想をどうぞ
この本では、ランダムに訪れる成功をいかにつかむかを解説しています。
この本は、翻訳物の自己啓発書にありがちな、一つのことを言うのに、それを証明するための事実を並べ立てるという「参考事例の詰め込み型の本」でしたので、繰り返しが多く、とにかく読むのに疲れました。
ですので、読み手の方でうまく重要なポイントを取り出しつつ読み進めていく必要があります。
ランダムに訪れる成功をつかむのは、いかに成功確率を上げるかにかかっているようで、一見成功に結びつかないようなことを行うことになります。
発想の転換をせよというような感じの本でした。
3分の1位の文章でもっとわかり安く書けると思う。
 
  
No.602 平成29年9月20日
タイトル 娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代「認知症」介護日記 
娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代「認知症」介護日記

娘になった妻、のぶ代へ 大山のぶ代「認知症」介護日記

 

 【買う?買わない?】

確か、この本の著者佐川啓介さんは、大山のぶ代さんを残して、先に旅立たれたとか、テレビで見たような。
本を開く前から、この本を読むと思うと、認知症、老老介護などなどの言葉だけで、すごく重苦しい気持ちになる。老いと死は、誰にも避けらないことだから、淡々と読みましょう。
今日も買います。
 
【読了】
この本は、認知症を発症した妻を思う夫の日記だ。
老いというものは等しく、誰にでも訪れるわけで、避けて通れないものであるにもかかわらず、どうしても自分のことととして捉えることを先送りにしがちだ。
この本を読んでいると、家族のこと、自分自身のこと、認知症、病気、そして、最愛の人を残して死ぬこと、いろんなことが重なって、 老いるということはこういうことかと身につまされる。
この本を書いた著者が、妻をおいて死ねないといっていたにもかかわらず、先立ってしまったことも、この本を読む私を一層辛くさせた。
 
  
No.601 平成29年9月19日
タイトル 緑衣の女
緑衣の女 (創元推理文庫)

緑衣の女 (創元推理文庫)

 

 【買う?買わない?】

 お。ミステリーだわさ。
 この本のシリーズ第三弾「声」は、日替わりセールで読んだ。なんとなく、うっすら記憶に残ってる。
ようやく朝晩は、涼しくなってきて、読書の季節がやってきました。秋の夜長にミステリーはぴったり。
今日も買います。
 
【ナナメ読み感想】
この本では、事件が起こった時間と、それを解決する時間とが、70年から50年の時の隔たりのまま、同時並行的に描かれている。
おそらく物語の舞台では、殺人事件に時効がないのか、随分と古い死体にもかかららず、淡々と操作が行われている。その点で、読み心地にいささか違和感が残るのだが、身元不明の古い死体、追い詰められていく家族、失踪したフィアンセ、死体の身元を追う捜査官達、物語は時間を隔てて進み、一つの事件へと繋がっていく。
 なかなか面白い構成と、じわじわと進む展開で、読み手を物語へと引き込んで生きます。
死体は一体誰なのか。
いやはや。今夜は夜更かしになりそう。