dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

Top page

f:id:tetuneco:20161112103929j:plain

こんにちは、tetunecoです。

私は、書評、本の選び方などを書き、そして、おすすめの本をジャンルや著者別にまとめたリストを作っています。

 

私の記事が、あなたと本の出会いのきっかけになるといいなと思っています。 

 

【記事一覧】 

 

 

小説などのおすすめリスト

 

実用書リスト

生き方

 

働き方

読む書く

 

お金のこと 

 

 

新書・教養書リスト

おすすめの新書

 

宇宙の本

 

生物の本

 

 

私の好きな作家さん おすすめリスト

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

  

私の好きな作品 順番まとめ

 

本を選ぶ方法(私の場合)

 

プロフィール

このページを書いている私のプロフィールはこちらです↓

 

Q&Aで解説 声のなんでも小事典

教養 教養-教養・新書 教養-ブルーバックス

声のなんでも小事典 和田美代子

 

この本書いたのどんな人

 この本を書いたのは、声の専門家ではありません。

著者が、

ヒトの声にまつわるさまざまな疑問を専門家に聞き、Q&A形式で答えたのが本書です。

 

著者は、声の専門家ではないからこそできる、素朴な質問を重ねて、とことん調べてまとめます。

他にも、日本酒の科学という本を出版されています。 

日本酒の科学 水・米・麹の伝統の技 (ブルーバックス)

 

内容

この本では、ヒトの一生と声、発生のからくり、声の悩みと解消法、声を育てる

声のトラブルと病気の5つの章からなり、71の質問に答える。

その質問の中には、面白いものがあって、

赤ちゃんの泣き声が大きのはなぜですか

女子も声変わりはあるのですか

裏声は誰にでも出せる声ですか

音痴は治りますか

声を若返らせる方法はありますか 

 なんてのもある。

一つ一つの質問には、専門家が丁寧に答えてくれています。

この本を読めば、声に関して知りたかったことや、思わぬ声の不思議を知ることができます。

 

 

私の感想

以前、とある本で、声が出ることと、話せることは別だと知って以来、声を出すということと、話すことの関係を大切に考えてきた。

 

話すということは、声には喉から音を出すというだけではなく、言葉や感情を乗せて、相手に声を届けることだ。

 

このところ、声を出すのが苦痛になって、人と話すのが億劫になってきた。 

病院へも行ったけど、仕方ないことのようで、治療することもなく、そのままになっていた。

それでも、声は出るもんだとたかをくくっていた。

 

元はというと、声帯は、声を出すために発生、進化した器官ではなく、食べ物を飲み込むことを安全かつ確実に行うための弁でした。

声帯は、肺から出た息によって振動し、呼吸流の断続音が咽頭、口腔、鼻腔を通り、舌、唇、顎、歯、頬などで声に変化を加えることによって、さらにいろいろな声が作られるのです。

 複雑な仕組みの中で作られる声は、どこか一つの器官に不具合でも、今の私の声は違ったものになってしまう。

 

言葉や感情を伝える手段の一つとして、大切な声を、今と変わらず誰かに届けるためには、声に関わる器官を大切に使っていきたいと思う。

 

 

 

*おすすめの「ブルーバックス」たち 

tetuneco.hatenablog.com

 

 

 *おすすめの新書あります

tetuneco.hatenablog.com

 

人間はどこまで耐えられるのか あなたはどこまで

教養 教養-教養・新書

人間はどこまで耐えられるのか フランセス アッシュクロフト(河出文庫)

 

内容

この本は、

極限の環境における人間の生理学的な反応を説明しながら、人間が生き延びる限界を探る。

ものであり、章は6つ。

 

どのくらい高く登れるのか

どのくらい深く登れるのか

どのくらいの暑さに耐えられるのか

どのくらいの寒さに耐えられるのか

どのくらい早く走れるのか

宇宙では生きていけるのか

 

この本は、それぞれその限界に挑んだ人々の功績とともに、それぞれの環境が人間に与える影響を解説し、人間の限界はどこなのかを示していく「生理学」を基本とする本だ。

 

著者曰く

本書を読めばわかるように、生理学は研究室の中だけでなく、日常生活に当てはまる科学でもある。極限状態と戦って生きのびるためには、「命の理論」である生理学の知識が欠かせないのだ。

 

とのこと。

「生理学」を通して、人間という動物の姿を、この本は見せてくれる。

  

私の感想

この本は、タイトルもさることながら、圧倒的な表紙のインパクトに引き寄せられるようにして購入した本だ。

 表紙には、氷に包まれ、炎にも耐え、山の頂を目指す?過酷な姿が描かれているが、なんだかどこか滑稽でもある。

 

地球上で一番高いところを目指す冒険家たちの体に起こる変化とは。

海の奥深い底の底を見たいという科学者たちの挑戦。

地球上の驚くべき環境下に暮らす人々の生活。寒さ、暑さへの対処。

人が早く走るためには、一体何が必要なのか。

地球を飛び出して、安全な方法で宇宙へ行って、帰ってくるための科学技術。

 

この本は、極限状態の人間の姿には、どうしてそんなところに?という疑問や、どうしてそこまでする?という好疑問や好奇心を、確実に満たしてくれる。 

 

それにしても、この本で、これらの人間の限界に挑むのは、探究心溢れる科学者、危険を厭わない冒険家、戦争下において極限状態に置かれた人々がほとんどだ。

人間というのは、極限状態という生死の境目にまで挑戦しなかればいられない動物なんだなぁと、つくづく感心するやら、呆れるやら。

 

人間の好奇心に限界などないことからすれば、この先、科学技術が進んで、ますます人間の限界は広がるだろう。

いつか続編が出版されるのを楽しみにしたい。 

 

 

 *おすすめの新書あります

tetuneco.hatenablog.com

 

私の読んでいる本・これから読む本のリスト公開中ー 

雑記

f:id:tetuneco:20160708125438j:plain

こんにちは、tetunecoです。

 

私は本を読んでブログに感想などを書いています。

 この記事では、私のところに来てくれる本たちが、どうやって私のところに来たのか、どうして読みたいと思ったのかを記録しておきたいと思います。

 

続きを読む

【おすすめ】私の好きな「現代新書」おすすめ10冊

本おすすめまとめ 本おすすめまとめ-新書

f:id:tetuneco:20161015130847j:plain

 

こんにちは、tetunecoです。 

 

本屋さんの新書売り場で、目を引くのが「現代新書」だ。

表紙の真ん中に、真四角が一つ。

その真四角は、いろんな色で塗られていて、本の内容を想像させたり、妙な愛着をわかせたりする。 

 

 とにかく集めて本棚にずらりと、色を揃えて並べてると楽しい。

 Kindleで表紙を眺めてみても綺麗だ。

 

私のお気に入りの10冊をおすすめ順に並べてみましたー

 

並べてみたら表紙の色も私らしいチョイスのような気がする。

 

 

 

10位 『「関係の空気」「場の空気」』冷水彰彦


「KY」という言葉が、もはや一般的な言葉になって何年が経つだろう。

この本では、人間関係に漂う「空気」を「関係の空気」=1対1の会話における空気、そして、「場の空気」=3人以上の場における空気の二種類に分けて解説しています。

空気を読むためには、まずは空気を知ることが必要だ。この本はその助けになる。

 

 

 

9位 文系のための数学教室 小島寛之 

 

 

文系だって数学したい!下手の横好きだっていいじゃないか!

文系を名乗り、数学に決別した人へ、数学エッセイストを自称する著者から、数学の楽しみ方を学ぶ。

私の感想はこちらを↓

数学への片思い。文系を装いつつ数学を愛する方へ 

 

 

 

8位 下り坂をそろそろと下る 平田オリザ(講談社現在新書) 

 

 

この本では、社会学者でも経済学者でも、教育者でもない、劇作家、演出家である著者が、社会を見つめ、社会や教育の再生を訴えかけている。

それがこう、社会学者などが専門用語を使って語るものとは違って、柔らかい言葉遣いでありながら、ズバッと社会を表現していく。 

 私の感想はこちらを↓

自分の立ち位置を理解せよ 新しい社会へとゆっくり降りる 

 

 

 

7位 つながる読書 日垣隆

「つながる」って言葉に惹かれて買った。

この本は、読書を通して、積極的かつ多面的なつながりを見つけるための本だ。 

漫然と本を読むことに飽きた方にオススメ。攻めの読書をあなたに。

私の感想はこちら↓

つながる読書 本を読んであなたは何とつながりますか 

 

 

 

6位 考える技術・書く技術  板坂元

この本は1973年に発行され、第67刷が発行されている本である。 30年以上も、読み続けられている本といえる。

古典には、時が経っても変わらない大切なことが書かれているものです。 

 私の感想↓

書きたい人、書かねばならぬ人 読んで書き学ぶしかない 

 

 

 

5位 私とは何か 平野啓一郎

 

 

この本では、私とはについて、著者独特の「分人」という考えによって説明する。

そして、他の本では読んだことのないような、私に出会える本だ。

私とは何かを考えるような人は、きっと内向きな人なんだろうけど、この本を読むと、外へと広がりを持って、自分を捉えられるように気がすると思う。

 

 

 

4位 戦争を記憶する 広島・ホロコーストと現在 藤原帰一

 

戦争を語る本はたくさんある。戦争を忘れてはならないという言葉もよく聞く。

しかし、戦争を語る本をどう読むべきか、その本当の難しさを教えてくれる本は少ない。そして、戦争を記憶するということがどういうことなのか、しっかり理解している人も少ない。

この本は、戦争を学ぶ時、今一度読んでほしい本だ。 

私の感想はこちら↓

戦争を記憶する その難しさを痛感した本 

 

 

 

3位 無限論の教室 野矢茂樹

 

この本では、無限とは何かについて、対話形式で議論していく。 

この本の一つ一つの言葉を追って、丹念に読み込んでいくと、ふっと無限の世界が広がるような、そんな不思議な体験ができる本だと思います。

私の感想はこちらを↓

哲学による、無限を体験しませんか? 

 

 

 

2位 生物と無生物のあいだ 福岡伸一

 

この本は、2008年に第1回新書大賞を受賞されている作品です。

私たちは、生きている物と生きていない物を見分けることができる。しかしその差はなんでしょうか。はっきりと答えることができるでしょうか。

この本では、分子生物学を専門とする著者が、過去の科学者の思考をたどりつつ、現在の科学まで、生命となにかを丁寧に辿っていきます。その過程を読み進めていくと、内容はどんどん専門的かつ難解になっていくものの、順を追って研究の成果を学び、徐々に生命に迫っていくことができ、読んでいて本当に楽しかった。難しく考えず読める良書です。おすすめです。

私の感想はこちら→

生物と無生物のあいだ 生命とは何かを問う良書 

 

 

 

1位 社会を変えるには 小熊英二 

 

この本は、新書でありながら1,404円(Amazon)と価格は通常の2倍、もちろん厚みも通常の新書の2倍、そして中身の濃さは、通常の5倍くらいはありそうな、なんとも読み応えのある本です。

「社会を変えたい」などということを掲げて活動している人はたくさんいます。デモ、政治活動、NPOの設立、ボランティア活動様々あります。

この本では、「社会を変える」ということがどういうことかについて、歴史的、社会構造的、思想的に考え解説しており、様々な考え方が体系的に紹介されており、1冊読めば、たくさんの考え方の人と語り合ったような体験のできる貴重な本です。

ニュースでもデモの様子をよく見かけるようになりました。この本を一度読んでおくと、社会活動に対する自分の意見も持てていいと思います。おすすめです。

私の感想はこちら→ 

社会を変えるには まず、この社会にある様々な考えに触れることから 

 

 

以上、10冊でしたー

 

 

 

*おすすめの新書あります

tetuneco.hatenablog.com