dokusyo

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

Top page

f:id:tetuneco:20161112103929j:plain

こんにちは、tetunecoです。

私は、書評、本の選び方などを書き、そして、おすすめの本をジャンルや著者別にまとめたリストを作っています。

 

私の記事が、あなたと本の出会いのきっかけになるといいなと思っています。 

 

【記事一覧】 

 

 

小説などのおすすめリスト

 

実用書リスト

生き方

 

働き方

読む書く

 

お金のこと 

 

 

新書・教養書リスト

おすすめの新書

 

宇宙の本

 

生物の本

 

 

私の好きな作家さん おすすめリスト

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

  

私の好きな作品 順番まとめ

 

本を選ぶ方法(私の場合)

 

プロフィール

このページを書いている私のプロフィールはこちらです↓

 

私の読んでいる本・これから読む本のリスト公開中ー 

f:id:tetuneco:20160708125438j:plain

こんにちは、tetunecoです。

 

私は本を読んでブログに感想などを書いています。

 この記事では、私のところに来てくれる本たちが、どうやって私のところに来たのか、どうして読みたいと思ったのかを記録しておきたいと思います。

 

続きを読む

時間の不思議が、不思議すぎましたー

時間の不思議 都筑卓司

 

 

この本書いたのどんな人

この本を書いたお方は、昭和三年生まれ。

すでに2002年にお亡くなりになられておられていて、新しい作品を読むことができないのはとても残念ですが、ブルーバックスでは初期の頃から数々のベストセラーを出しておられますので、作品を通じて、著者の世界を解き明かすという科学への思いを感じ取りたいですね。

 

 

内容

この本は、時間という

誠に奇妙なこの概念(?)をメインテーマにして、主として物理学の最近の発展を追ってみたものである。

 

具体的には、時間とはなにかを解き明かすべく、7つのテーマに沿って解説している。

まずは、時間の相対性から始まりワームホールという謎の存在を用いて、タイムマシンが実現するという理論を紹介する。

ここからが、エライコッチャである。

次に、時間もないというか、時間が止まるブラックホールの話になったかと思うと、時間の始まりに迫っていく。

それは、宇宙の始まりであり、量子論的時間や、ホーキングの虚時間に逆転する時間、最後には、永遠の(?)時間として、宇宙の姿にまで話は及びます。

もうわけわからない世界です。

 

この本の中に広がるのは、目に見えない時間を科学的に解き明かそうとするとこうなるのか、という驚きに満ちた世界です。

 

私の感想

 

いやはや。

時間の不思議を語ろうとすると、ここまで深く物理学の世界にどっぷりはまり込んでしまうとは思いもよらなかった。

タイムマシンの話は、まだなんとかわかったような気もしたし、時間について考えているという意識も持てたような気がしていました。

 

しかし、本の内容がブラックホール、虚時間、そして、ひも理論に10次元の世界とくると、

「あれ?時間の不思議というタイトルの本を読んでたはずだったが。」

と、この本が時間についての本だったことを忘れそうになりました。

 

まあ、私がのんきなだけで、宇宙の全てを説明すべく理論構築された物理学の知識無くしては、時間の不思議を説明できないのは当たり前か。

 

とにかく、この本を読んでわかったことは、時間は不可逆であるということ。

そして、書いていることの多くが、よくわからなかったという点も含めて、私にとって時間は、まだまだ不思議な存在であるということ。

 

よくわからないことがあるということは、それはそれで楽しいもので、今後も、この本に懲りずに、宇宙や時間について、いろんな本を読んで、身の程もわきまえず、理解を深めていけたらなあと思う。

 

 

 

 

 *タイムトラベルに取り憑かれた作家の作品はこちら

tetuneco.hatenablog.com

 

 

*オススメの新書あります

tetuneco.hatenablog.com

 

本屋大賞(2004−2017)おすすめはどれだ? 二次投票得点を元に勝手にランキング! 

f:id:tetuneco:20160322112838j:plain

こんにちは。

 

本屋大賞」は全国の書店員が、日本の小説の中からいちばん売りたい本を投票によって選ぶ賞として2004年に創設されたものですので、私たちが手に取りやすく親しみやすい本が選ばれることが多いですし、私は本屋そのものが好きなので、本屋を応援したいというよく分からない偽善心からでもあります。

 

そこで、本屋大賞で選ばれた作品で、一番面白いのはどの本だ?ということが気になりまして、ランキングにしてみよう!と思い立ちました。

本屋大賞のサイトで公表されている選考方法等を元に、次のとおりのルールでランキングにすることにしました。

本屋大賞サイト・http://www.hontai.or.jp

 

続きを読む

仕事は、あなたの全てではない 生きることの意味を求めて

 

 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える 泉谷閑示(幻冬舎新書)

 

 この本書いたのどんな人

この本の著者は、精神科医さんです。

著者が院長を務めるクリニックのホームページには、

当院では精神療法の適応について考える上で、精神医学的な診断名よりも、ご本人が自分の状態についてどんな問題意識を持って向き合っているのかということ(治療へのモチベーション)を重視いたします。

 とありました。

薬を使用によらず、カウンセリングなどを通じて、新たな生き方へのサポートをされているようです。

詳しくはこちらを↓

心療内科 神経科 東京 広尾 うつ病 神経症 パーソナリティ障害 パニック障害 摂食障害 精神療法 カウンセリング 泉谷クリニック 薬を使わない

 

 

内容

この本では、

「人間ならではのモチベーションが求められる時代」に、私たちはいったいどのような価値観を持って、何を指針に生きていくことができるのか。 

 を真正面から考えていきます。

 

その手始めとして、私たちは、なぜ、生きる意味を見失い、おい求めてさまようようになってしまったのかについて、現代の私たちを取り巻く環境から解き明かします。

特に、私たちの生き方に大きな影響を与える「働くこと」との関係から、「生きる意味」とは何かを模索していきます。

そうして見えてくる、「働くこと」とは離れて、本来の人の生きる姿を求めて、私たちは、いったいどこへ向かえばいいのかを、この本では提案しています。

 

著者曰く、

 一個の人間は一つの職業に包括されるほど小さくはない

 

 私たちに問われているのは、「労働」をやみくも賛美する「労働教」から脱して、今一度、大きな人間として復活することです。

とのこと。

 

この本は、働くこと意味に関する私たちの思い込みを砕き、生きることとは何かを考えさせてくれます。

 

 

私の感想

 

「仕事なんか生きがいにするな」

 

だなんて、この頃よくある過激なタイトルで目を引く本なんだろうと思いつつ、この本を手に取った。

 

読んでいくうちに、このタイトルが、著者の切なる思いであって、決して大げさに人を驚かすものではないことがわかる。

 

なぜ働くのか、と問われたら、私は、生きていくためと答える。

どう生きたいかというと、心豊かに、穏やかに生きたいと思っている。

 

しかし、本来、生きるための手段であった働くことが、いつのまにか生きる目的(生きがい)かのようにすり替わってしまっていた。 

働くことを目的化していたために、仕事中心に物事を考え、その他のことを疎かにし、心豊かに、穏やかに生きることをないがしろにしていた。

 

この本を読んで、 そのことに気がついた。

 

私は、このタイトルの意味するところがわからないほど、「労働教」に浸りきっていたようだ。

 

 若いうちはいい。仕事に打ち込み、思い切り働く時期があってもいいだろう。

でも、私は違う。

 

もっと、自分が生きていると実感できることを生きがいにして、心豊かに、穏やかに生きていきたい思う。

 

 

 

 *働き方を変えるための6冊!

tetuneco.hatenablog.com