dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

【おすすめ】私の好きなおすすめ「幻冬舎新書」9冊

 

f:id:tetuneco:20170326091110j:plain

 

 黄色い表紙が目印の幻冬舎新書は、本屋さんの書棚でも目立つ存在です。

 

幻冬舎新書は、新書の中でも読みやすく、取り上げているテーマも幅広いので、新書はあまり読んだことのないという方でも、読みたい作品にきっと出会えます。

新書デビューにも最適です。

 

私の好きな幻冬舎新書の中から、私好みの9冊を選びましたー。

 

 

 

はやぶさー不死身の探査機と宇宙研の物語

 

著者の吉田武さんは、サイエンスライターさんです。

 >>
著書『虚数の情緒・中学生からの全方位独学法』で、平成12年度日刊工業新聞社第16回技術・科学図書文化賞最優秀賞を受賞した。
<<
なんだそうでして、なんだか難しそうな本をたくさんお書きの方です。その中でも、壮大なはやぶさ物語を描いたこの本は、科学好き出なくても十分楽しめる作品です。

 私の感想はこちら↓

おかえり! はやぶさ 待たせすぎやで 

 

 

2 

理系あるある 小谷太郎(幻冬舎新書)

 

 

素数に出くわすと喜ぶ

ハンダごてで火傷する 

白色着ていると思われる 

などなど、理系ならではのあるあるが、この本に散りばめられている。

そして、それぞれのあるあるには、理系の著者による解説が加えられていて、なぜそうなるのか、理系的思考の秘密が語られている。

 私の感想はこちら↓

理系あるあるがいいたい〜 あるあるいいたい〜 

 

 

 

3 

現存12天守閣 山下景子(幻冬舎新書)

 

日本国内に現存する天守12を余すことなく紹介する、お城好きにはたまらない一冊です。この本持って旅に出よう1

私の感想はこちらです↓

お城好き必読! いつかは行きたい現存12天守閣を巡る旅を本で 

 

 

 

美人の暮らし方  沖幸子 

 

 美人の暮らし方と聞いちゃぁ、私が読まずにはいられない!とばかりに、この本を購入しました。美しい暮らし方をすることで、内面から美しくなろう!というものだ。

大人のためのシンプルライフ術満載です。

私の感想はこちら↓

美人なら 美人らしい 美しい暮らしを 

 

 

必ず書ける「3つが基本」の文章術 近藤勝重

 

 

何事も基本が大切。この本には、文章を書く上での基本が詰まっている。

私の感想はこちらです↓

必ず書ける 文章術を手に入れろ 私も欲しいよ 

 

 

孤独の価値 森博嗣 (幻冬舎新書)

 

本屋をふらついていて、ふと「孤独」の文字が目に入った。その上、著者にも見覚えがあった。著者は、私の好きな作家さんの一人だ。

この本は、孤独を楽しむ著者が、孤独も一つの生き方として、淡々と綴る本だ。読めば、誰かといなくちゃいけない、ひとりはダメだという考えから解き放たれる。

私の感想はこちらです↓

おひとりさまじゃなくって、孤独でいいんです。 

 

 

7 

日本の10大新宗教 島田裕巳

 

「新宗教」という言葉には、どうしてこう胡散臭いイメージがこびりついている。しかし、
>>
本書では、新宗教をめぐるさまざまな問題を踏まえた上で、主な十の教団を取り上げ、それぞれの教団の成り立ちや歴史、教団としての特徴などを紹介することで、日本の社会における新宗教のあり方を概観していくことにする。
<<

このように、この本は、表題から想像するほど怪しい本ではない。
読めばスッキリ、新宗教の姿がくっきり見えて、よくわかる真面目な本なのだ。

私の感想はこちら↓

「新」がついて より怪しく感じるのは 宗教だけじゃないのか 

 

 

 8

思い通りの死に方 中村仁一 久坂部羊 (幻冬舎新書)

 

あなたにとって「思い通りの死に方」って、どんな死に方でしょうか。

あなたを含め、身近な人の死に方について、しっかり考えるための一冊です。家族で読むのもいいかもしれません。

私の感想はこちらです↓

思い通りにならないのが人生 死に方もしかり 

 

 

 もう親を捨てるしかない介護・葬式・遺産は、要らない 島田裕巳(幻冬舎新書)

 

 著者曰く、介護による悲劇に陥らないためには、もう親を捨てるしかないらしい。「親を捨てる」というと、なんだか極悪非道に聞こえるが、著者は、

私たちはどこかの時点で親離れをしなければならない。たとえそれが、それに困難なことであろうと、大人になって親に甘えれば、それはもう終わりなのである。

として、この本では、親子間の甘えの構造を断ち切ることを提案しているのだ。

 私の感想はこちらです↓

親が子を捨てるのではない もう親を捨てるしかない時代だ 

 

 

 

*おすすめの新書あります 

tetuneco.hatenablog.com