dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

【おすすめ】私の好きな「光文社新書」おすすめ5冊

f:id:tetuneco:20170409100601j:plain

 

こんにちは、tetunecoです。

 

 グレーに、頭に火を灯したような、羽を生やしたような人の絵が書いてある、シンプルな装丁。新書の装丁の中では、ソフトな印象です。

 「光文社新書」は、割と身近なテーマをわかりやすく紹介しているような印象があります。

 

出版社のサイトはこちら↓

光文社新書 | 光文社

 

私の読んだ中から、おすすめを選んでみました!

 

 

1 

語彙力を鍛える  量と質を高めるトレーニング 石黒圭(光文社新書)

 

この本では、語彙とは何かから始まり、

語彙力 = 語彙の量(豊富な語彙知識)×語彙の質(精度の高い語彙運用)

として、語彙の質を上げるための11の語彙の「量」を増やす方法、そして11の語彙の「質」を高める方法を解いていきます。

 文章を書きたい!という人には、強くオススメする1冊です。

 

 

2 

難解な本を読む技術 高田明典(光文社新書)

 

 

この本では、難解な本といってもそんじょそこらの難解さではなく、超がつくような難解な本を読む技術を解説ています。

さらに、読書ノートの書き方にとどまらず、著者の難解本を読むことの意義、読書とは何かを示してくれます。 

読まず嫌いの分厚い古典を読む前に、この本を読んでみてください。

私の感想はこちら↓

難解な本に挑む あなたのための指南書 

 

 

 

3 

目の見えない人は世界をどう見ているのか 伊藤亜紗(光文社新書)

 

  

この本では、空間認知、手や耳の感覚、見えない世界での体の使い方、言葉など、見えない人たちとの対話を通して、見えない人が見ている世界を丁寧に解説していきます。

この本を読むことで、目が見える人が目をつぶるだけでは想像できない、目に頼らない世界を、頭の中で作り上げることができると思います。

 目に見える世界以外の世界をあなたも体験しませんか。

私の感想はこちら↓

見えない人の世界を体感する あなたは視野から解き放たれる 

 

 

 4

昆虫はすごい 丸山宗利 (光文社新書)

 

 この本では、 地球上に百万種を超えるという昆虫の多様性と、その多様性を生かした多様な暮らしを紹介している。そして、人間と昆虫の関係にも触れる。

 

この本では、いろんな視点から昆虫を紹介されており、あなたの知らない昆虫の世界を覗き見ることができる。

珍しい昆虫の写真もたくさん載ってます!

私の感想はこちら↓

おそるべき昆虫の世界を堪能 昆虫だらけのすごい本 

 

 

 

 5

事務ミスをナメるな!中田亨

 

 

 ヒューマンエラー対策技術を研究する著者が、いかに事務ミスをナメちゃあーいけないのかについて、その研究成果を交えながら解説する。

ヒューマンエラーを徹底的に科学する本。

誰にだってミスはつきもの。読んで損なしの1冊です。

私の感想はこちら↓

「事務ミス」をナメるな! ヒューマンエラーを減らすには 

 

 

 

以上、5冊でしたー。

 

おすすめの新書あります

tetuneco.hatenablog.com