dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

【おすすめ】歴史を学ぶということを学ぶ 4冊

本おすすめまとめ 本おすすめまとめ-知識・雑学

f:id:tetuneco:20160921190204j:plain

 

こんにちは、tetunecoです。

 

歴史の解釈を巡っては、様々な立場によるいろいろな解釈があって、それは、国と国との深くて遠い溝となって、現代の私たちに重くのしかかっています。

 

そのため、歴史をどう解釈し、理解していくかは、年々、重要性を増しており、私たち一人一人が見過ごすことのできない問題となっています。

 

そして、問題の解決のためには、歴史を学ぶ前に、歴史を学ぶということは、どういうことなのか、歴史を正しく捉えるためにはどうしたらいいのか、現在の歴史解釈を変えることができるのかなどを、前もって学んでおくべきです。

 

そうしないと、結局、自分の頭で考えず、どこかの誰かの解釈に流されてしまうからです。

 

私のおすすめの歴史を学ぶ前に、読むべき本4冊を紹介します。

歴史解釈問題に興味のある方はぜひ、読んでみてください。

 

 

歴史を学ぶということ 入江昭

 歴史を学ぶ上で、私が最も影響を受けた本。歴史の一員として、自分の立場をしっかり見極めるべきことを理解する。

 私の感想はこちら↓

歴史を学ぶということ がどういうことなのか、その根本に迫る 

 

 

歴史とは何か 作者: E.H.カー,E.H. Carr,清水幾太郎

 

歴史を学ぶ人には、すべからく読んでほしい本。

歴史とは何か、その概念から問いただす本。 

 私の感想はこちらを↓

歴史とは何か 歴史を学ぶ人にはすべからく読んでほしい本

 

 

 

戦争を記憶する 広島・ホロコーストと現在 藤原帰一

 

歴史は、結局のところ過去に積み重ねです。史実のどれを記憶し、どう記憶していくのかによって、歴史は形作られていくのです。

戦争について理解することの難しさを考えさせられる本。

私の感想はこちら↓

戦争を記憶する その難しさを痛感した本 

 

 

 

戦後和解 小菅信子 (中公新書)

 

戦後和解は、いかにしてこんなにもこんがらがってしまったのか。

そして、和解はなるのか。どこに問題があるのかを考える本。 

私の感想はこちら↓

歴史を学ぶことの重要性が高まっている 

 

 

以上、4冊です。

 

いろいろな本を読んでも、読めば読むほど歴史って、奥深い。

ほんと厄介だなぁ・・・。

 

 

 

*おすすめの新書あります

tetuneco.hatenablog.com