dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

【おすすめ】泣ける小説 鬼の目にも涙本7冊

本おすすめまとめ 本おすすめまとめ-泣ける小説

f:id:tetuneco:20150821113849j:plain

こんにちは、tetunecoです。 

 

私は天邪鬼で、「全世界が泣いた!」なんていう映画を見たり、本を読んだりするのが好きじゃありません。「泣かせるよう作ったもので、泣いてもつまらん!」というのが私の持論です。

とはいえ、そんな私がうっかり手に取り 、うかつにも泣いてしまった本を集めました。

 

ただし、これらの本を読んでも涙が出ないこともあるでしょう。それは、あなたが冷たい人間だということではありません。

 

いずれにしても、ここに集めた本は、優しい本ばかりなので、まったりとした週末を一緒に過ごすにはぴったりの本です。おすすめ!

 

 

1 

泣ける度★★☆☆☆

通い猫アルフィーの奇跡 レイチィエル ウェルズ (ハーパーコリンズ・ジャパン)

 

ほっこりして泣ける本。とにかく猫のアルフィーが可愛い。

猫好きには特にたまらんです。

 

 

2 

泣ける度★★★☆☆

 四つ話のクローバー 水野敬也 (分響社)

 

四つのお話を順に読むべし。教訓めいているけれど、結果もわかっているけれど、どうしても泣ける本。心が洗われます。

 

 

3 

 泣ける度★★★☆☆

あん ドリアン助川 (ポプラ社)

 

タイトルと表紙からはわからない重い内容の本。だが、なぜか爽やかな涙がこみ上げてくるのが不思議だった。

 

 

4 

泣ける度★★★☆☆ 

チア男子!! 朝井リョウ(集英社文庫)

 

 とにかく青い青い青春物語。男ばかりの物語ですが、思うほどむさ苦しくなく、あったかい物語です。

 

 

 泣ける度★★★★☆

西の魔女が死んだ 梨木香歩(新潮文庫) 

おばあちゃんと少女が自然に包まれて暮らす様がいい。なんだかわからないけど涙が溢れた不思議な本です。

  

  

 泣ける度★★★★☆

ペンギン鉄道なくしもの係 名取佐和子(幻冬舎文庫)

 

その鉄道会社の電車には、なぜかペンギンが乗っている。乗せられているのではなく、自分で乗っているのだ。

白と黒のユーモラスな姿のペンギンと、赤毛のなくしもの係担当が、なくしものを大切に預かります。

 心温まる短編とそれが最後に繋がって、涙が溢れて止まりません。

 詳しくはこちらを↓

あなたもペンギンと電車に乗って なくしものを探しに行きませんか 

 

 

 

 泣ける度★★★★★

秘密 東野圭吾 (文春文庫)

  

通勤通学の途中の電車やカフェなど、人目のあるところで読むのは危険です。ううっとか言っちゃいますので。

 

 

以上、7冊でした!

今後も、うかつにも泣いてしまう本に出会ったら、追加していきます!

 

 

私のおすすめ本リストは、他にもあります↓

tetuneco.hatenablog.com

 

*1:幻冬舎文庫