dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

【おすすめ】私の好きな「米澤穂信」おすすめ5選

f:id:tetuneco:20160618132831j:plain

 こんにちは、tetunecoです。

 

 優しい文体と独特の世界観で、大好きな米澤穂信さん。

 怖いお話もどこかちょっと暖かいというか甘い感じがするのが、とても好きです。

 

大好きな米澤穂信さんの作品の中からおすすめ五冊を選びました。

 

 

 

 1

氷菓(角川文庫)

 ファンも多く、アニメ化もされている古典部シリーズの第1作目。

古典部シリーズの中でも一番好きな作品。

 

 

満願(新潮社)

6つの短編集。どの作品も重く、心にずしりとくる。

 人の思いというものは、これほどにも重いのかと、改めて思い知らされます。

 

 

 3

王とサーカス(東京創元社)

太刀洗万智のベルーフシリーズ。ネパールの地で、ジャーナリズムとは何かを問う。 

誰かの悲しみをサーカスにしない。

ミステリーにとどまらない、好きな作品です。

 

 

 4

追想五断章(集英社文庫)

ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語」を探して欲しいと依頼されるところから始まる物語。

一つ一つの物語を解くごとに、見える真実。

 

 

 

儚い羊たちの祝宴(新潮文庫)

 

 夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」が舞台であり、本好きにはたまらない設定です。

「バベルの会」をめぐる5つの短編で、邪悪で残酷で優雅な世界をお楽しみください。

 

 

以上、5冊でしたー。

黒っぽい表紙の5冊になりました。夜の読書タイムにいかがでしょうか。

 

 

*おすすめ本リスト 著者別まとめ

tetuneco.hatenablog.com

 

 

* おすすめ本リストあります 

tetuneco.hatenablog.com