dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

それでも、それでも日本人は「戦争」を選んだ

教養 教養-教養・新書 新潮文庫の100冊

それでも日本人は「戦争」を選んだ 加藤陽子

戦争なんかしなきゃよかった、しないほうがいいなんてこと、誰だってわかってる。

それでも、戦争は起こったし、今もどこかで続いている。

それはなぜか。


この本は、高校生への講義を書籍化したものであり、

丁寧に語りかける形で、我が国が戦争に至った道のりを、

時に内側から、時に外側から、じっくりと見つめながら、

著者は、高校生、そして読者を伴いながら、

一歩一歩、戦争へと続く道を進んでいくものである。



そうして、この本が綴る戦争への道のりは、

知れば知るほど虚しく、細い一本道だ。



ところで、

人は過去の歴史を学ぶことで、人はそれを生かすができるというが、本当だろうか。

いくら学んだところで、人が常に最良の判断をすることができないことは、

この本が語ることではないだろうか。



また、武力の行使だけが戦争ではないと思う。

私たちの未来。細い細い一本道の先に何が待っているのかわからないけど、

そには、形を変えた戦争が私たちを待っているような気がする。



そしてそれを受け入れるしかないのではないかと、私は思う。


よかれよかれと思って進んでいても、結果として、

それでも人間は戦争を選ぶのだ。

それが人間なんだと思うから。


「それでも日本人は「戦争」を選んだ」は「新潮文庫の100冊」に選ばれています

tetuneco.hatenablog.com

おすすめの本リストあります

tetuneco.hatenablog.com