dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

生物と無生物のあいだ 生命とは何かを問う良書

生物と無生物のあいだ 福岡伸一

生命とは何か

そう問われたら、どう答えればいいのだろう。

私はふと大学に入りたての頃、
生物学の時間に教師が問うた言葉を思い出す。
人は瞬時に、生物と無生物を見分けるけれど、
それは生物の何を見ているのでしょうか。
そもそも、生物とは何か、皆さんは定義できますか?

プロローグに書かれたこの言葉は、私をはっとさせた。

生命とはなにか問われると、
はっきりとは答えられないものの、
確かに、それが生物であるか、無生物であるか
峻別できる。

この本を読み進めるほどに、内容は、
どんどん専門的かつ難解になったが、
過去から現在に至る生命を探る研究の成果を学び、
徐々に生命に迫っていく作業は、
本当に楽しかった。


ただ、この本を読み終えて
私はこの本を読むにあたって、
違った目的を持って読んでいたことに気づいた。

私は、生物と無生物のあいだではなく、
私は、生物の生と死のあいだに興味があるようだ。

生命とは何か。
それは決して、死の裏返しではない、と私は思う。

この本が与える生命の定義に、
私は圧倒された。



*おすすめの新書あります
tetuneco.hatenablog.com