dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

家守綺譚 四季が流れる本。どの季節に読んでも、四季を愛せる本。

『家守綺譚』梨木香歩

家守綺譚 (新潮文庫)

家守綺譚 (新潮文庫)

死んだ友人の父から頼まれ、友人の家の留守を守る主人公。

ふっと現れる友人(幽霊?)との何気ないやりとりが、

著者が生み出す怪しげな世界との境界を曖昧にする。



主人公の彼は、文章を書いている。物書きだ。

ときに、庭を眺め、庭のさるすべりに惚れられる。。

山を歩きタヌキに化かされ、狐に化かされ、

庭の池にて、河童の皮を盗んでしまう。

花が咲き、虫がざわめき、風が吹いて、小鬼がふてくされる。



この本を読んだ人にしか分からない優しくて、騙されたい世界が広がる。

引き込まれる。まさに温暖湿潤な世界。


この本の中でゆっくりと四季が流れて、いい。文章もいい。とても。

こんな世界が表現できる著者がうらめしい。



私も、こんな世界に住みたい。

同著の本。。映画にもなっています。
この本も好き。

西の魔女が死んだ
tetuneco.hatenablog.com

西の魔女が死んだ [DVD]

西の魔女が死んだ [DVD]

tetuneco.hatenablog.com