dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

理系あるあるがいいたい〜 あるあるいいたい〜

教養 教養-教養・新書

理系あるある 小谷太郎(幻冬舎新書)

 

この本書いたのどんな人

この本を書いたのは、

日本のサイエンスライター、大学教員。東京大学理学部物理学科卒。博士(理学)。理研NASAゴダード宇宙飛行センター、東工大などの研究員を経て著述活動を開始。

という、まぎれもない理系さんです。 

 

なんだかへんてこりんな、まさか誰かが読むだろうことなんて考えもしなかったような、著者のホームページを見つけました。

このようなホームページを作ってしまうのも、理系のなせる技なのでしょうか?

気になった方はこちらを↓

TARO KOTANI'S PAGE

  

内容

素数に出くわすと喜ぶ

 

ハンダごてで火傷する 

 

数百万円の実験装置を踏み台に使う

 

白色着ていると思われる

 

などなど、理系ならではのあるあるが、この本に散りばめられている。

そして、それぞれのあるあるには、理系の著者による解説が加えられていて、なぜそうなるのか、理系的思考の秘密が語られている。

 

私の感想

理系的な人って、なんでこんなに面白いんだろう。理系的な人って、本当にチャーミングだ。

 

私と理系男子は、分かり合えないことを前提とした異文化交流のようで、こちらに引け目があるのか、理系の方々が高みにいるのかわからないけど、理系の方々が、なぜかちょっと上から目線なのが、なんだか楽しい。

 

私が、科学系の本をよく読んでいるのも、その本を書いている理系的な人の理路整然とした語り口が好きなんだと思う。

 

人は、自分にないものを、他の誰かに求めるものだ。

 

この本では、理系の著者が、理系であるが故の、ちょっとお茶目に表現し、ちょっとだけ自虐的に笑いつつ、親しみやすさを醸し出している。

 

おかげで、この本を読むわずかの間だけでも、 いつも上からこちらを見下ろしている理系の皆さんを、私の方が、ふふふと笑って過ごすことができた。

 

理系あるある〜で

あなたの周りの宇宙人的存在である、理系さん、理系君を身近に感じてみませんか?

 

理系あるある 小谷太郎(幻冬舎新書)

 

* 雑学博士におすすめの新書あります

tetuneco.hatenablog.com