dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

『人が人を裁くということ』小坂井敏晶

教養 教養-教養・新書

人が人を裁くということ (岩波新書)

人が人を裁くということ (岩波新書)

私はこれまで、

人が人を裁くということは、どういうことなのかということを、

ちゃんと考えたことがなかった。



ところが、そんな、何の気なしにこの本を手に取った私に、

とんでもない答えを与えることになる。

いや、答えではない、更なる問いという方が正しいだろう。



この本では、まずはじめに、

裁判員制度をめぐる問題から裁判という制度そのものを、

世界の制度と比較しつつ解説する。

そして、人が人を裁くことにより生ずる冤罪についても、

丁寧に検討していく。

この辺りまでは、まあよい。


最後に、「原罪としての裁き」として、

そもそも私たちが罪と呼んでいるものは何なのか、

私たちが、裁いていると思っているものは何なのか、

を深く深く考えていく。


それはもうあまりに深すぎて、もうほとんど禅問答のようなところまで到達してしまう。



私は、この本を読んで、

私たちが「罪人を裁く」と考えていることは、

社会の軋轢が噴出した、犯罪の行為者を見せしめにするということなんだと、

少なくとも、そういう一面があるということを私は知った。


この本が問いかけることは、ほんとのところどうなのかよくわからないが、

この本は、裁判について、私に新たな視点を与えてくれたことは確かだ。

いや、裁判だけじゃなく、

犯罪はなくならず、そして、それを裁き続ける人間についても、

新たな視点を与えてくれた。


↓同じく裁判について新たな視点を与えてくれた本↓

http://d.hatena.ne.jp/tetuneco/20090502