dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

人間はどこまで動物か 私も動物です どこから人間なのでしょう

 『人間はどこまで動物か』日高敏隆

人間はどこまで動物か (新潮文庫)

人間はどこまで動物か (新潮文庫)

 

 先日、友人に誘われるままに旅に出た。

 

旅のお供に、ゴロゴロをつれて出てみたら、ゴロゴロのポケットから、お気に入りのブックカバーと共に、この本が出てきた。

動物か 

きっとずっと前の旅につれてって、そのまんまになり、ポケットの中で私に見つけてもらうのを待ってたんだろうな。

冬眠してたのかな?

 

久しぶりの日高さんの本を読み進めていくと、なんだか春が来たみたい。

 

いやその、今ちょうど春なんだけど、そういうことでなくて、本に書いてあるのも、春のことだけじゃなくって、花が咲いて、草が茂り、夏がきて蝉がなき、鳥がいて、冬になり草が枯れ、そしていつしかまた春になってって、ぐるーっと書いてあるんだけど、

 

この本を読んでいると、あったかい日差しに、体が温められ、心まであったかくなって、あぁ春なんだな、って冬から解放される瞬間に似た感覚が、私を包んでくれるよな、そんな感じになってくる。

 

今年、ちょうどあったかい日差しが私を包む頃、私はずっと下ばかり向いていて、少し痩せた。

 桜もろくに見ることもなく、散ってしまっていた。 

季節は進んで、もうすっかり緑鮮やかな春だけど、私は、芽吹く春からやり直し。

 

 

人間はどこまで動物か

 そんな奢りきった愚問に、答えがあるなんて思ってた私が、なんだか馬鹿みたい。

 

 

明日も晴れるかな。

明日は咲いている花を探して、春の中を歩こう。

 

 この本と共にこの曲をどうぞ

ウクレレジブリ

ウクレレジブリ

  • Various Artists
  • J-Pop
  • ¥2000