dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

ミミズ好きのあなたに贈る、最初から最後までミミズだらけの本 

教養 教養-教養・新書

ミミズのいる地球 中村方子(中公新書)


この本を書いたのどんな人

この本の著者は、動物生態学研修者であり、中央大学名誉教授です。

ミミズの研究者として知られておられます。

それにしても、なぜ著者は研修対象にミミズを選んだのか、そういう意味でもユニークな方なんでしょう。

私の感想

この本は、ミミズを愛し、ミミズのいる世界を愛する著者が世界のあちらこちらで、ミミズの研究を行い、その成果を丁寧に紹介する本である。


本当に、最初の1行目から最後の1行までミミズ、ミミズ、ミミズだらけの本なのである。


我ながら、指して好きでもないミミズの本をどうして買っちゃったんだろうな?と思いつつ、どうにかこうにか、この本を読み終えた。


読み終えてみて、ときには、地球上の小さい生き物に、思いを馳せるのもいいな、と思った。


だって、私も、小さい生き物だもんね。


小さい生き物に目を向けて、愛情を注ぐ。小さい生き物の生きる姿を、見つめる、感じるというのも、いいもんだなぁと。


生きていていいんだなぁと、ほっとしたり。


*おすすめの謎本あります!
tetuneco.hatenablog.com