dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

瓶詰の地獄 地獄を瓶に詰めてみました 

 『瓶詰の地獄』夢野久作

瓶詰の地獄 (角川文庫)

瓶詰の地獄 (角川文庫)

 

 赤地に金にも見える色のリンゴのような模様。

その可愛らしい姿に引き寄せられて手に取ると、「瓶詰の地獄」なる文字。

帯には、

ああ。

お父様。

 お母様。

すみません。

すみません、

すみません

とある。なにやらただならぬ情景を思わせて、

更に私を引き寄せつつも、読んでいいものやら何やら。

いこかもどろか。

 

散々悩んだあげく手にした、その本の中身は・・・・。

 

死 と 生  生 と 性  命 と 愛

 

強くおぞましい欲望の羅列。

 

引き込まれてはならないことはわかっていても、

入り込みたくてしょうがない。

この本は、そんな自分が恐ろしくなる本でした。