dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

すぐに稼げる文章術が欲しいあなたに 喝を入れてくれる本

すぐに稼げる文章術  日垣隆


文章を書くこと、稼ぐこと、それから、文章で稼ぐこと
のどれも興味あり!

いつかは文章で稼ぎたいなどと夢見つつ、
稼げる文章の勉強のために購入した本です。
この日記を書く上でも、参考にしている本です。

本来、最優先して考えなければならないことは、
「どう書くか」より、文章が「どう読まれるか」ということのほうです。
書評では、自分が本を推したいという気持ちをただ書いているだけでは
自己満足の文章に終わってしまいます。
それよりも、書評を読んだ人が実際に本を買いに走ってくれるかどうか、
あるいは書評自身がエッセイとしてたのしめるかどうかを
念頭に置いて文章を書くことのほうが、ずっとずっと大切です。

私は、後者の書評自体がエッセイとして楽しめることを目指しています。
本を買ってもらうには、本の内容を正確に伝えなければならないように思います。
私には難しいなぁと思って。。



さて、稼ぐことについて、著者は

何かでお金を取ろうと思ったら、目安として最低1万時間はやり続けなければならない。

という。

納得のひとこと。言葉の重みを感じます。
1万時間のその長さより、やる続けることの重みをずっしりと感じます。



稼ぐという言葉の、引力に引き寄せられたが、いたって真面目な本でした。

* 文章術の本あります
tetuneco.hatenablog.com