dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

『ポケットに名言を』寺山修司

小説 小説-エッセイ

ポケットに名言を (角川文庫)

ポケットに名言を (角川文庫)


著者は、ポケットに名言を、

名言を友人に持とう、という。


だからこの本には、著者の友人たちが、

ずらずらと並んでいる。

私からすれば、変人奇人がずらりてな感じで(失礼)

中には理解し難いものもあるが、

でも、それはそれで他人の友人。

理解する必要なんてないし、とやかく言うものでもない。


そして、中には魅力的な、ぜひとも友人になりたいものもあり、

それはそれで私の友人として迎え入れればよく、

早い話。私は私の友人を持てばいいのだ。


私も、時折だが、読書後に本の抜き書きをすることがある。

いいな、と思った言葉を集めるのだ。


今思えば、そうして集めた私の友人たちは、

たいてい教訓めいた言葉であり、

私はなるほどと思える言葉を選んでいることが多い。


そういえば、私の人間の友人たちも、

私になるほどを与えてくれる人が多い。



私は私をハッとさせる思考を持つ人が好きなのだ。


とはいえ、類は友を呼ぶとも言うし、

私の友人たちも奇人変人がずらりなんてことに、なるやもしれない。