dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

赤頭巾ちゃん気をつけて 狼は赤頭巾ちゃんが好きでした

『赤頭巾ちゃん気をつけて』庄司薫 

赤頭巾ちゃん気をつけて (新潮文庫)

赤頭巾ちゃん気をつけて (新潮文庫)

 


私にとって読書は、
本を読む目的、本の種類に関わらず、
その本を手にした時の私と、その本を書いた時の著者とを、
本の中に探してみたり、感じ合わせてみたりする
私と著者との1対1の重なりなんだと思う。


この本は、私にしては珍しく
何かオススメしてって、教えてもらったオススメ本なので、

私がこの本を読むとき、否応無しに、
私と著者との関係に、本を介して、オススメ人と著者との関係が加わってしまう。
実に複雑な感じ。。。
1対2でもなく、1対1が2つでもない感じ。

それでも、どうにかして、オススメ人のことも含めて、

3者を慮ることはできないものかと

たどたどしく言葉を追ってみたけれど、
1対1を越える構成には、私はお手上げするしかなかった。


どうもにもこうにも、なんだかぎこちない読書となってしまった。

 

そんなこんなで、
色々と雑念の多い中、この本を読み進めてみると
主人公も本の中であーでもないこーでもないともがいている。

可愛いったらない。

女子が可愛くいるためには、
可愛い男子が必要だと、心底思った。


オススメ人がどんなことを思ってこの本を読み
私に勧めてくれたかは知らないけれど、
私はこの本を読んで、とってもあったまったよって、
言いたいなと思う。