dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

死体入門で学ぶ! いつかは自分も死体になるからね 

教養 教養-教養・新書

『死体入門』藤井司


表紙の装丁とタイトルが、とても人の目を引くこの本。
本屋さんで見つけて、だめだ、だめだと思いつつも、スーッと手が伸びて買ってしまいました。。
好きだなぁこういう雰囲気。

この本は、

必ず訪れるのに、誰にも理解できないもの---死。
法医学者が、死の全体像について意欲的な考察を試みる

本です。

とはいえ、本を読んだりしたって、死、そのものは理解できないだろう。

けれども、この本を読むことで、死後の身体がどうなるのかや、死体に関連する人たちの死との関わり方などを知ることによって、死の全体像を薄ぼんやりとしたイメージから、より具体的なイメージとして理解できるかなと思う。



さて、この本を読んで改めて私が実感したのは、生も死も、動物的なものなんだなということです。
当たり前なんだけれど。


それと、生も死も、生まれた人、死んだ人が愛される一場面なんだなということ。。



著者いわく、

過去の人口ミイラは、人々の愛と敬意の対象であった。

現代のミイラは孤独の産物である。


確かにそうかもしれない。

でも、本当にそうだろうか。孤独は愛を遠ざけてしまった結果なのかな。

私の死体も誰かに愛されているといいな。
せめて自分自身は、ちゃんと愛して死体になりたい。





*おすすめの謎本あります
tetuneco.hatenablog.com