dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

嫌いで結構 母が嫌いなあなたに贈る 

小説 小説-物語

シズコさん 佐野洋子 (新潮文庫)

佐野洋子さんというと、「100万回生きたねこ」の佐野さんである。

装丁の絵からして、なんとなく分かった人もいたかもしれない。


この本は、

佐野さんと母のシズコさんとの関係を振り返りつつ、

老いた母との今を淡々と綴るものである。


これほどまでに、物語でもないのに、しつこく「母を嫌う本」というのも、

なかなか珍しいのではないか、と思う。


というのも、この世の中、親を、特に母を嫌うということは、

なんとなく許されない風潮があるように思える。

だから、

ほとんどの人はそうは思っていても、誰も表立ってはっきりとは言わない。


なのに、

佐野さんときたら、はっきりと嫌いだと言葉にし、本にもした。


そのため、この本を読み進めていくと、

嫌いな母とのあれこれが、いろいろと綴られていて、

自然に、我が身を振り返り、わが母とのあれこれを思い出し、私たちの今をしみじみと見つめてしまい、

私は、非常に重苦しい気分に包まれてしまった。



途中で何度も、読むのが嫌になった。


ところが、である。それでもどんどん読んでいくと、次第に変わっていく、洋子さんとシズコさんに、

どんどん引き込まれていくのだ。



それはたぶん、最後の最後まで、親を大切にしようとか、感謝しようとか、

よくある恩着せがましいところがなくて、

私のような、親不孝者でも素直な気持ちで読めるところが、何より良かったのではないかと思う。



とにかく、この本は、洋子さんはシズコさんが好きだったし、

ああ好きでよかったね、と思える、

あったかい本だ。

*おすすめ本あります
tetuneco.hatenablog.com