dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

おひとりさまじゃなくって、孤独でいいんです。

実用書 実用書-自己啓発

孤独の価値 森博嗣 

 

本屋をふらついていて、ふと「孤独」の文字が目に入った。

(おひとりさま、という呼び方は、やや気に入らないのだが。)

その上、著者にも見覚えがあった。

 

著者の本は、何冊か読んでいる。

どれも小説だったが、すっきりした文体が好きだ。

淡々としていて、白い装丁がとても良く似合う。

 

 ↓こちらの本。この装丁で思い出す人もいるかも。ドラマ化もされたしね。

すべてがFになる (講談社文庫)

すべてがFになる (講談社文庫)

 

 

この著者が、どんな「孤独」を書いているのだろう。

そう思ったし、

この著者の「孤独」を、読んでみたい思った。

 

 

読んでみるとその内容は、 簡単に言うと、

 

孤独って、そんなに悪いものなのか。 

そもそも誰かと何かをして楽しいというのは、

刷り込みにすぎないのではないか。

楽しいがあるから、寂しいがある。

どっちかが良くて、どっちかが悪いというものでもない。

 孤独に生きるということも、一つの生き方だ。

 

というものであった(あくまでも、私の勝手な解釈ですmm)。

 

 

 なんだそんなことか、と思われたかもしれない。

 

しかし、孤独もいいもんだなんて、なかなか言葉にできないように思う。

 

なにせ、この頃、巷では、絆、絆、つながり、つながりと

ひとりではない生き方が、もてはやされている。

そのうえ、なにやら空気とやらを読まなくちゃいけないらしい。

 

そんな中、孤独もいいものですよ、ひとりでいーんです、なーんて、空気を読んでいたら、とても言えそうにない。

 

私だって、孤独が大好き、まったくそうだ!そのとおりだ!

と思うが、言葉にしないようにしている(一応、空気を読んでいるのだ)。

 

ほんとうに、勇気ある本だ。

 

思うに、孤独かどうかなんて、自分と自分以外の人をどこで区切るかの問題なのかなあと。

 

私を私以外と区切り、私は孤独であーるといえば、どんなにたくさんの人がいようとも、どこにいたって、私は、孤独なのである。

 

つまり、私にとって孤独は、わがままにすぎない。

 

著者は、孤独と自由を結びつけていた。

孤独の中に楽しさがあるとも。

 

わがままに孤独の中にいて、楽しいがわからなくなってきていた

私であったが、この本を読んで、

一人の自由の中で、少しの楽しいでいいと思えるようになるのかもしれない

と思った。

 

これはもうほとんど、年寄り的な発想なのだろう。

 

 

 

 

【余談フォト】

友人と旅に出た。

4割ほどは別行動。

私たちらしい旅であった。

 

f:id:tetuneco:20150822181130j:plain