dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

エチュード  犯人との心理戦に引き込まれる 碓氷弘一シリーズ 順番まとめ付き

エチュード 今野 敏(中公文庫) 

エチュード (中公文庫)

今野 敏 中央公論新社 2013-12-20
売り上げランキング : 44162
by ヨメレバ

この本は、警察官碓氷弘一が主人公のミステリー第4作目です。

今回、初めてこの著者の本を読みましたので、どんな方なのかなぁと調べてみたら、1978年大学在学中にデビューされたそうで、以後182の作品を書かれておられます(今野敏ホームページ 作品リスト より)。

 

いろいろなシリーズの本を書いておられるようでして、奏者水滸伝シリーズ、聖拳伝説、特殊防諜班シリーズ、トランプ・フォース シリーズ、宇宙海兵隊・宇宙海兵隊ギガースなどなど、なかなか興味深いネーミングのシリーズがたくさんあります。

 

このほか、横浜みなとみらい署シリーズ渋谷署強行犯係シリーズ、歌舞伎町特別診療所シリーズ(旧題:犬養和正シリーズ)、警視庁強行犯係・樋口顕シリーズ、倉島警部補シリーズなど、私の大好物の刑事モノがあります。

 

そうして著者の本を見ていると、私がめちゃくちゃ好きな安積班シリーズがありました。

そうです、あのドラマ「ハンチョウ」に原作本があったとは!知りませんでした!

(まあ、ストーリー云々より佐々木蔵之助さんが好きだったといえば、そこまでなのですが。)

 

そうなると(どうなると?)、この本の評価も俄然変わってきます。

 

舞台は、渋谷・新宿で発生した連続通り魔殺人事件。

立て続けに起こったこの2件の事件には共通点がありました。

 

・現行犯として捕まえられた男はいずれも、犯行を否認している

・現場で、その男の現行犯逮捕に協力した協力者が、消えている

・駆けつけた警察官が、いずれも消えた協力者を覚えていない

 

これらの共通点を元に、主人公碓氷と、警察庁から送り込まれた心理調査官藤森(美人の女性)が、犯人との心理戦を繰り広げます。

 

詳しくはネタバレになってしまうので、詳しくは書けないのですが、犯人の仕掛けたトリックが今まで読んだ本とは違っていたので、新鮮な驚きがありました。

 

この本、ドラマや映画など映像化するのは難しいだろうけど、できるなら見てみたいな。

 

心理調査官は、仲間由紀恵あたりで。

著者の書いたトリックを目で見て、みんなで騙されたいなあ。

 

 

碓氷弘一シリーズ 順番まとめましたので、ご参考に

1 触発

触発 (中公文庫)

今野 敏 中央公論新社 2001-04
売り上げランキング : 43569
by ヨメレバ

2 アキハバラ

アキハバラ (中公文庫)

今野 敏 中央公論新社 2004-02
売り上げランキング : 112996
by ヨメレバ

 3 パラレル

パラレル (中公文庫)

今野 敏 中央公論新社 2006-05
売り上げランキング : 60338
by ヨメレバ

4 エチュード

エチュード (中公文庫)

今野 敏 中央公論新社 2013-12-20
売り上げランキング : 44162
by ヨメレバ

 5 ペトロ

ペトロ (中公文庫)

今野 敏 中央公論新社 2015-01-23
売り上げランキング : 47444
by ヨメレバ

6 マインド

マインド

今野 敏 中央公論新社 2015-05-22
売り上げランキング : 100749
by ヨメレバ

 

 

 

 

 *私のオススメの本リストはこちら↓

tetuneco.hatenablog.com