dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

断捨離から数年・・・ついにミニマリスト目指します

実用書 実用書-生活・きれい

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -作者: 佐々木典士

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

私は常々、山にこもり、仙人になりたいと思っている。

 
いわゆる世捨て人になりたいのである。
 
人はこれを、現実逃避と呼ぶ・・・。
 
 
この本では、ものを捨てることから始まり、
必要最小限のものとの暮らしのこと、その中で気がついたことなどなど、
ミニマリストの何たるやが解説されている。
 
たぶん、ミニマリストが気になる人が、知りたいことって、
捨てる、そして、買わないそんな生活が、
果たして楽しいのか、自分はそんな生活がしたいのか
ってところなのかなと思う。
(あ、自分がそうだから)
 
さて、著者はというと 
彼は、持っていたモノを捨て、残りモノで暮らしているのではなく、
今の自分と、自分の延長として必要なモノで暮らしているように見えた。
 
飾らないってことなのかな。
持っているモノで自分を作ろうとしないというか・・・。 
 
 
さて、いつものとおり、本を読んだら影響されまくりの私だが、
もちろん、ミニマリストを目指すことにした。
 
とりあえず、部屋には大きなゴミ袋を常に置いておき、
仙人に憧れつつも、
世の人々の欲しいと思うモノを自分の欲しいモノだと感違いし、
買ってしまったものなどを放り込んでいく。
 
 
私はミニマリストになれるだろうか。
 
それはつまり、今の自分で十分だと思う日が来ることを意味している。
 
そんな日は来るのだろうか。
 
迷いながら、明日も、私は何かを捨てるだろう。
 
 
ちなみに、この本を読むきっかけになったのが、この本↓

 

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

 

断捨離もやってみた、なんとなくできなような気がするけど、

ミニマリストになるのは・・・という方は、

まずはこちらから読んでみるのもいいかもしれない。