dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

小泉今日子さんの書評集に寄せて

小泉今日子さんの書評集がたいそう売れているというニュースが出ていました。

 

こちらです。

www.excite.co.jp

 

その売れすぎて困っている本がこちら

小泉今日子書評集 小泉今日子 (中央公論新社)

小泉今日子書評集

小泉 今日子 中央公論新社 2015-10-23
売り上げランキング : 66
by ヨメレバ

 で、その本の内容は、というと(Amazon様より)

2005年~2014年まで、「読売新聞」読書欄に掲載された書評、97本を収録。 小説、ノンフィクション、エッセイからコミックまで――あのベストセラーや話題の本、 そして独自の感性が掬い上げた名本たちを、唯一無二の視線で紹介する。 取り上げた本、一冊一冊に対する現時点でのコメントと、特別インタビュー 「読書委員の十年間を振り返って」を、新たに収録。
              
 
小泉今日子さんと本、なんかイメージできない。
でも、本の紹介を読むと、10年間もの間、読書欄に書評を書いておられたとのこと。
知らなかったなぁ。
 
私は、小泉今日子さんのファンでもないけど、彼女が、どんな本を読んで、どんなことを考え、どんな文章を書いたのか、ちょっと気になる。
読んでみたいなぁと思う(と言いつつ、Kindle化待ちかなあ)。
 
誰かが書いた文章を読んでみたいと思うということって、そうそうないことで、やっぱり好きじゃないと読めない。
 
もしかしたら、結構、小泉今日子さんが好きなのかもしれないなあ、私。 
 
 
 
 
さて、今日の本題は、小泉今日子さんの書評集に寄せて、書評を書くということについて考えたいと思うのです。
 
私は、ここでこうして、書評と言いますか、本の紹介したり、おすすめしたりごそごそ書いております。
 
そもそもこのブログは、本を読んでアウトプットをするというのが始まりだったにせよ、今や、要はおすすめという名の本の販売をしているのです。
 
果たして、好きでもない私の文章を読み、なおかつ、本を買ってくださる方などいるのでしょうか。
 
 
こうして考えてみると、書評を読んでいる人は、本を買うためにブログを読んでいるのではないという気がしてきました。
 
そうだとすると、仮に本を買う人がいるとしたら、それは本を売っているのではなくて、ここに書いた文章を買ってもらっているといってもいいかもしれないなどと思ったりします。
 
小泉今日子さんは、本を売ろうと思って文章書いたりしていないだろしなぁ(まあ、それはキョンキョンだから、読んだ皆が勝手に買うことになるんだろう。)
 
今後も、本は売れたり売れなかったりだろうけれども、このブログを読んでいただいてる方の本選びのお手伝いや、ちょっとした暇ツブシになれればと思います。
 
キョンキョンどんな本読んでんだろなー 
小泉今日子書評集

小泉 今日子 中央公論新社 2015-10-23
売り上げランキング : 66
by ヨメレバ

 やっぱりキョンキョンはこれでしょ

なんてったってアイドル

なんてったってアイドル

  • 小泉今日子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes