dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

川の始まりへと遡る旅 そして川は海の底へと続く

 『川はどうしてできるのか』藤岡勘太郎 (ブルーバックス)

 

 

出かける先々で写真を撮るのが、何となく好き。特に、水辺。 

中でも、川が好き。

 そんな私のセンチメンタルとは関係なく、この本は、川について、学問的な解説を行う、いたって科学的な本なのである。

 

まず、第1部では、事例による解説。

短い物語を読むような感じで、川に関する最低限の知識を得ることができる。

 

第2部では、一つの川の始まりから終わりまでを追う。

長い物語のようであり、そのどこかの場面で、読む人それぞれが知るどこかの川を思わせるだろう。

物語の始まりも終わりも、とても興味深くて、読む人の心をわくわくさせる。

 

第3部では、著者の仮説が検証される。

川を題材としたミステリーは、このところ人気の、科学的検証による謎解きよろしく展開していく。

お見事です。

 

そんなこんなで、あっという間に最後まで読んでしまう本。

 そしてまた、さらに川が好きになっちゃったなぁ。

 

あのね、川の始まりは、平らなんだって。

(すいません。詳しくは本を読んでください。)

 

生まれた一滴、さあて、どちらへいこうか。

 

 

*おすすめの新書あります

tetuneco.hatenablog.com