dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

103歳になってわかったこと 一人でも面白い人生に憧れちゃうなぁ

一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い 篠田桃紅 (幻冬舎単行本)

 

 長生きしそうだよね、と言われた。

私のどこが長生きしそうなのか、よくわからないけど、

一応、喜んでいいのかな。

 

さて、この本は、タイトルにもあるとおり、

著者が、103歳の自分自身を綴ったエッセイなのだが、

もはや伝記的である。

 

そして、103年を生きた人の言葉は、どれもこれも穏やかだ。

 

 自由という熟語は、自らに由ると書きますが、

私は自らに由って生きていると実感しています。

自らに由っていますから、孤独で寂しいという思いはありません。

むしろ、気楽で平和です。

 

103年を一人で生きた自信を感じます。

 

一方で、自分に自信がないのか、

私は、どうしても著者と私とを比較してしまう。

 

私は、こんなに長生きできないだろう

ってのはさておき、

著者みたいな自由に生きることのできる術も、行動力も、経済力も

私にはないなあって。

 

そうじゃなくって、

こういう生き方もあるんだなって、

もっと客観的に著者も私自信も見れたらいいのに。

 

103歳まで、まだまだあるし(何年かは秘密)、

この本は、慌てずゆっくり、繰り返し読んでいきたい。

 

一人でも面白い人生って、言い切れるっていいよね。