dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

きらきらひかる 触れば切れそうなガラスのかけら

小説 小説-物語 新潮文庫の100冊

『きらきらひかる』江國香織

この本書いたのどんな人

著者は、1987年『草之丞の話』で童話作家として出発、『きらきらひかる』『落下する夕方』『神様のボート』などの小説作品で人気を得る。
2004年、『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。詩作のほか、海外の絵本の翻訳も多数。父はエッセイストの江國滋。
江國香織 - Wikipedia

以前、この著者は、名前だけで本が売れると聞いたことがあります。


私の感想

ホモの夫にアル中の妻。セックスレスでも傷つけあっても、離れられない二人


出会わなければよかった、と思う恋もある。

だからといって、恋したこと、過ごした時間は、後悔していない。
出会ってしまった以上は、恋するよりほかなかった。それだけのことだ。


この本は、いわゆる恋愛小説で、恋や愛なんて、ただでさえ切ないというのに、
どうしてここまで、心の中の痛いところをむき出しにする必要があるのか、

もう、著者を恨むしかなくて、出会わなければよかった、と思う本だ。



きらきらひかる

ときにはこんな、切なさに眠れぬ夜もいいだろう。




この本と一緒にこの曲をどうぞ

広いシーツにひとりきり

広いシーツにひとりきり

  • 古内東子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


* 「きらきらひかる」は「新潮文庫の100冊 2016」に選ばれています
tetuneco.hatenablog.com


* おすすめの本リストあります
tetuneco.hatenablog.com