dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

天使と一緒に人生逆戻り そしてまた生まれる輝き

人生逆戻りツアー 泉ウタマロ (プレジデント) 

 

 

この本書いたのどんな人

 この本を書いたのは、謎のお方です。

著者ご自身のブログにあった自己紹介によると

泉ウタマロは他次元コンダクターであり、作家・アーチスト。

精神世界と物質界をつなぐ表現が特徴。

異次元からの情報・意図を地上に届ける使命。

 なんだそうです。不思議な方でしょ。

詳しくはこちらを↓

ameblo.jp

  

 

内容

 この本は、なんだか不思議なウタマロさんが書いた不思議な物語です。

 

主人公は、64歳のクロード・ルパージュ。

この物語は、彼が死んでしまったことから始まります。

 

彼には、天使A、天使B、天使Cの3にんががついていました。

「そろそろ君の人生を回想しに行こう。でも今回は逆向きでね」

天使Aが親しげに言った。

 

天使らに連れられて、クロードは自らの人生を振り返えると、いろいろなことが見えてきました。

働き方のこと、子供の頃の夢のこと、別れてしまった奥さんとのこと、輪廻転生のことなど、生きている間に見えていたことは、ほんの一部、一面に過ぎないことがわかりました。

 

 

私の感想

とあることから、スピリチュアルな世界に興味を持ち、何か本を読みたいなと思って探していたら、この本に出会いました。

 

スピリチュアルな世界を理解できない人にとっては、天使に守られていることや、死んだ後の世界、そして輪廻転生は、作り事のファンタジーの世界のようですが、スピリチュアルな世界を理解してい人にとっては、この物語がこの世界の本当の姿なんでしょう。

 

見える世界をそのまま書いたらこうなった、という感じなのかもしれません。

 

私自身は、残念ながら物質的な世界以外を理解する心がないので、スピリチュアルな世界を物語にして見せてくれるなんて、なんともありがたい。

 

ウタマロさんのようには、なれそうもないけれど、私もいつか、私の理解できる範囲で、スピリチュアルな世界を描くことができたらなぁと思っています。

 

 

 

*私の好きな作家さん おすすめ本リスト

tetuneco.hatenablog.com