dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

パン・ホルモン・おでん おいしいは幸せを運ぶ

まぼろしのパン屋 松宮宏(徳間文庫)

 

この本書いたのどんな人

この本の著者は大阪府大阪市出身。デザインビジネスのコンサルタントでもあるんだそうな。

 著者の作品の一つ「こいわらい」のフェイスブックページを見つけたので、貼っておきます。素敵でしたので、貼っておきます。

よかったら見てみてくださいまし。

www.facebook.com

 

 

 

内容 

この本は、3つの短編からなります。

 

一つ目は「まぼろしのパン屋」

暖かくてやわかな焼きたてのパンの香りが、物語全体をふんわりと包んでいる素敵な作品。大きな組織の歯車として自分を殺して働くサラリーマンのおとぎ話的な感じです。

 

二つ目は「ホルモンと薔薇」

パンの次は、ホルモンです。

ホルモンを、切って、投げつけて、焼いて焼いて食べて、そしてみんなで怒って泣いて笑って、泣いて。いろんな感情でお腹いっぱい胸いっぱいになる作品です。

 

三つ目は「こころの帰る場所」

最後は、姫路おでんです。

あんぽんたんが主人公ですが、その友達もみんなあんぽんたんです。みんなでひとつのお鍋に入って、美味しいおでんになりました。

 

 

私の感想

私はパンが好きで、そして本が好き。

それでもう、タイトルと装丁に惹かれて、この本を買いました。

 

なのに、本を開くと、読めども読めども、なかなかパンが出てこなくて、

ほとほと困りました。

物語の始まりは、男性社会の組織の息苦しさが描かれていて、

なんだか身につまされました。

そうしておいて、読み進めていくと、ようやく本の中から溢れるように、

パンの香りがしてきました。

 

パンの香りは、夢を見させてくれるのかもしれませんね。

 

実は、パンの物語にかなりの期待を寄せていた私でしたが、

読んでみると、ホルモンが一番美味しそうでした。

 

あ、いや、ホルモンのお話が、気に入りました。

なんかもう、組織とか派閥とかそういうのリアルでもう十分。

煙もくもく、焦げた油のジュージュー、ホルモンを囲んだら、

笑って笑って、みんな同じ。細かいことは、忘れてしまう。

 

ああ、ホルモン食べたい。

って、そういや昨日食べたんだった。

 ホルモン食べたの思い出したら、今度はおでんが食べたくなってきた。

 

もしかしたら、本と食べ物の相性って、とってもいいのかも。

 

 

 * おすすめの本あります

tetuneco.hatenablog.com