dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

打ち合わせの天才になる方法を知りたい人いませんか?

実用書 実用書-ビジネス

 打ち合わせの天才 野地秩嘉(光文社新書)

 

この本書いたのどんな人?

この本の著者は、ノンフィクション作家さんです。

ノンフィクション作家として、これまで300人以上の社長にインタヴューされてきたそうです。

 

作家・野地秩嘉が見た社長と社長室の密なる関係|メンズファッション、時計、高級車、男のための最新情報|GQ JAPAN

 

そんな著者にとって、打ち合わせとは?そして打ち合わせの天才とは?が、この本に解説されています。

 

私の感想

 打ち合わせのある日は、とっても憂鬱だなあ。

 

打ち合わせの天才、なーんて、なんかよくわかんないけど

ちょっと覗き見したくなって買った本。

 

読んでみると、男の人が書いているので、

本の中に登場する人は、男の人ばかり。

なので、女の人が参考にするのには、

そのまま使わず、工夫が必要かな、と思った。

 

女が、男の人のやり方をまねしても、男の人は動かない。

そんな気がする今日この頃なのであーる。

 

 

けど、

いいな、と思う言葉ももらえた。

 

他人とのコミュニケーションにおいて、

「相手にどう思われるか」が気になる人がいる。

しかし、それではつねに相手の目を気にしていなければならない。

大切なのは相手が好きな自分を目指すことではなく、

誰に対しても変わらない態度でいられる自分になることだ。

 

目指すところはここか?

誰に対しても変わらないなんて、仙人か?

 

一応、

周りの皆様に合わせようと日々奮闘しているつもりの私であるが、

恐らく、周りのたくさんの皆様に合わせていただいていて、私自身は、あまり変わらない態度を貫いている気がする。

それは、ここにいう変わらない態度という意味とはチョと違い、あまりいい意味ではないような・・・。

 

もうすぐ、年の瀬。

毎年、毎年、目標を掲げて一年を始める私。

今年の目標は確か、自然体だったような。変わらない私こそ、目指すべきところなのか。

 

なーんて、

今年の反省もそこそこに、もう来年の目標を考えはじめてる。

 

そろそろ本気で仙人をめざそうかな。

仙人になったら、打ち合わせから逃げる天才になれそう。 

 

 

 * 社会人・大学生におすすめ!新書(知識・教養)

tetuneco.hatenablog.com