dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

僧侶が説く 煩悩(ストレス)フリーの働き方 

実用書 実用書-ビジネス

煩悩フリーの働き方 小池龍之介(角川文庫)

この本書いたのどんな人

この本を書いたのは、僧侶です。
でも調べてみたら、著者は、破門処分を受けて僧籍除籍になったり、やっぱり住職になったり、私のイメージするお坊さんとはちょっと違うみたいです。
(Wikipediaより)

僧侶というと、生まれながらのいい人、正しい人、清らかな人というイメージですが、そうでもない人もいるんだなって、なんだかちょっと安心しました。



私の感想

この本のタイトル、煩悩と書いてストレスと読ませている。

自分の中にあるいろんな煩悩が、ストレスを生み出すということなのだろう。


じゃあ、煩悩ってなんなの?


ってところが、この本から読みとりづらくて、私には、この本はどうも理解しきれなかった。


まわりくどくって、ちょっとしんどい。

お坊さんの話って、だいたいそうだ。

なのになぜか、心に残る一言をポロリとくれたりするから、不思議だ。


意味を問うことは、
それ自体何かしら傲慢さを伴っているのではないのでしょうか。


どうやら傲慢さが邪魔して、今の私には、この本に書いてある言葉を受け取る準備が、

まだできていないようだ。