dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

若いっていいね 眩しくて見えないね

小説 小説-物語

 もういちど生まれる 朝井リョウ(幻冬舎文庫)

この本書いたのどんな人?

この本は、「桐島、部活やめるってよ」を書いた方です。

映画化もされているので、「桐島、部活やめるってよ」をご存知の方も多いとおもいます。

また、この「〇〇、〇〇やめるってよ」というフレーズは、いろいろなパターンでアレンジされ、ツイッターやブログに度々登場しています。

著書、映画など、いろんな意味で、いろんな方向に影響を与えている方だと思います。

 

内容は? 

この本は、大学生を主人公とした青春小説です。

短編が5つ、主人公がそれぞれ違っているけれど、微妙につながっていて、一話読むごとに世界が広がっていきます。

 

一種独特な感性で描かれているのか、これがいまどきの若者の姿なのか、それは私にもわかりませんが、不思議な魅力の若者像が描かれています。

 

 

私の感想

若い人たちの世界の広がりは、見ていて気持ちがいいものです。

 

彼氏がやきもちを焼いてくれないとか、好きな女の子がおんなこのを好きだとか、友達好きなあの子が髪型を変えたとか、友達に彼女ができたとか、母親に彼氏ができたとか、双子の姉がモテモテとかとか。

 

オレはふわふわの茶髪の方が好きだったし、チョーカーなんかでせっかくのきれいな首を隠さないでほしい。新しい男はオレと好みが全く違うみたいだ。だからしかたないんだ。 

 

うん。若い若い。

 

若い人のキラキラした毎日は、どんな小さな出来事も眩しいです。

私にはもう細部まで見えなくなってしまっているようです、眩しすぎて。

 

恋はいくつになってもできると思う。大人の恋だってあるしね。

 

それは否定しないけど、青春は一度きりだと思う。それは当たり前で、若さは一度きりだから。 

若さなんて、もう何も思い出さないし、何の未練もないけれど、それだけにきっとすごく貴重なんだな。

 

こういう眩しい本は、若いうちに読まなきゃダメだなぁとしみじみ。

 

仕方ないので、大人の恋でもします。

 

 *おすすめ本リストあります

tetuneco.hatenablog.com