dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

しみる切なさ 人間は生きてるだけで切ない

R62号の発明・鉛の卵  安部公房

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

砂の女
tetuneco.hatenablog.com

壁↓
tetuneco.hatenablog.com

箱男↓ 

箱男 (新潮文庫)

箱男 (新潮文庫)

読書メーターメモ 私ならサングラス一つで箱男と化せる)

ときて、この本。4冊目の阿部公房である。




これまでの3作品は、現実から離れているようで、どうもそうでもなく、

未来でも過去でも現在でもないような、

ふっと引き込まれるような世界観が漂っていたのだが、

今度は、近未来空想的なお話を集めた短編集で、

働くこと、食べること、

ついては生きることの動物的、ある意味機械的な一面


を描き出している。


ただまあ、

近未来的といっても、ロボットがなんかが出てくるとかそういうことで、
勝手に私が近未来的、といっているだけで、
結局のところ、形を変えて、人間という生き物を見せられる
という点では、これまでの作品とも変わらないのだろうと思う。


そして、
この長く続く景気低迷による社会不安に通ずる世界観があり、
そういう意味では、今読まれていい本なのかなぁと思う。


恋愛の切ないは、いくら切なくてもいいが、
労働者の切なさは、ほんと、身にしみる。しみるわ。


よかったら、こちらも
tetuneco.hatenablog.com