dokusyo

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

男が作る侠飯(おとこめし) こりゃ飯テロ本だね

侠飯 福澤徹三(文春文庫) 

 

 この本書いたのどんな人

実は私、この著者の本を読むのが、この「侠飯」が初めてでして、暖かくて素敵な本を書く方なんだなあなんて思いつつ調べたら、

 

日本の小説家、ホラー作家、推理作家。日本推理作家協会会員。日本文藝家協会会員。てのひら怪談大賞選考委員。

 

あらら、ホラー作家さんでもありました。

むしろ、 ホラー作品の方が多いみたいです。

 

  

内容

 どこにでもいそうな就活中の大学生男子が主人公です。

彼は、何をやったらいいのかわからない系の男子です。

 

そんな彼に、ひょんなことからヤクザな同居人ができました。

ヤクザな同居人は、なぜか料理上手でした。

 

まあ後は、漫画の「クッキングパパ」と「夢をかなえるゾウ」を足して、ぐるぐるっとまとめて、ヤクザっぽいクッキングパパと男子大学生が、いろいろあって、美味しいもの食べて成長しちゃうという感じです。

 

ドラマ化されたみたいです。

この本で作られている料理が、どんな料理なのか映像でも見てみたいです。

 

 

私の感想

内容のところで、どんな本か簡単にまとめすぎて、なんだそんな本かと思われたかもしれませんが、この本、結構良かった。

 

というのもこの本、ヤクザな感じ、大学生活のいろいろ、辛い就活、料理、男子の成長と、いろんな要素が込められているのだが、 それぞれの要素が、いいバランスで絡み合っていて、読み手の方で自然と全ての要素を楽しめるようになっているのだ。

 

 全体的に、温かい雰囲気の本なので、この著者が書くホラー作品って、どんな感じなんだろうと、ものすごく興味が湧きました。

 

私の好きなホラー作品には共通して、どこか温かい感じのするものが多いので、もしかすると、この著者の書くホラーとも相性いいかもと勝手に考えております。

 

それにしても、こうしてブログを書きつつ、内容を思い出しているだけで、この本の中で登場人物たちが食べていた料理を思い出してしまう。

 

ネギ、醤油、七味唐辛子でつくるネギ丼

 

ああ、食べたい。

 

 

 * おすすめの本リストあります

tetuneco.hatenablog.com