dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

『理想の上司は、なぜ苦しいのか』樋口弘和



この本は、

管理職に求められる役割を整理し、

理想の上司になるにはどうすればいいのか、

を解説する本である。


そして、著者は、

管理職は苦しい、

だが、管理職に臆せず、

自分自身の成長の絶好の機会と捉えて、是非挑戦してほしい。

と、読者にエールを送る。


なかなか熱い本なのである。


そして、著者いわく

一般スタッフが「強みを生かす」、管理職が「弱みと向きあう」役割

なんだそうな。


確かに。


この数カ月、私は、自分の弱みを見せまいと、

かなり無理のある張りぼてに身を包んで、頑張ってきたけど、

いつしか張りぼてはボロボロに・・・。

弱みと向き合い、これまでの自分を乗り越えていくことで、

破れた張りぼての中から、一皮むけた私が登場するような気がしている。



上司に理想なんて、私にはないけど、

一皮むけたら、いつか

楽しく仕事のできる、そういう暖かい空気を持って、

周囲を包める上司になりたいなぁと思います。