dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

前進する日もしない日も そんな日もあるさ 大丈夫

小説 小説-エッセイ


通勤で使っている駅は、乗るのも降りるのも小さな駅で、

女子に必須の寄り道ポイントがまるでない。

理想は、スタバ、小さな雑貨屋とか、カフェとか、

ふっと気の抜ける感じのお店があるといいな、と思う。


唯一、小さな駅前の本屋が、

1時間に2本しかないバスの待ち時間を過ごす場所となっている。


先週もバスを待つべく、ふらふらと本屋に入り、

買ってしまったのがこの本なのである。



ご想像とおり、私は疲れていた。

前進する日もしない日も

なんて、こんなタイトルの本を購入している人の毎日が、

「前進する日」であるはずがない。



この本を手にして、

前進しない日もあるよねと、私は私に言い聞かせている。


そして、そうそうなんて、うなづきつつ本を読み、

自分の小ささを再確認して、なんだかほっとする。



そうして、友へ「元気?」なんてメールをしたりする。



いつもいつも、本も友も優しい。

暖かい言葉に、私は救われる。


同著者の本日記↓

http://d.hatena.ne.jp/tetuneco/20100410

http://d.hatena.ne.jp/tetuneco/20100427

http://d.hatena.ne.jp/tetuneco/20120804