dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

『言えないコトバ』益田ミリ

小説 小説-エッセイ

言えないコトバ (集英社文庫)

言えないコトバ (集英社文庫)

この本は、

「彼氏」って何歳まで言っていいの?

なんて、いろいろ考えちゃう著者だからこそ書ける、

なんとも、ちまちました本である。


「言えないコトバ」とは、

なんだか自分に似合わないというか、照れくさいなぁというか、

自分のものでない気がして、どうも口にすることのできない、

言うに言えないコトバたちなのである。

著者の「言えないコトバ」は、たとえばこうだ。

思ってたより おあいそ、遠慮のかたまり、

カフェ、元気だけが取り柄です、親友、ひとりごはん

つかえない、忙しい

などなど。



いろいろ取り上げているけど、

どれもこれも、どうでもいいのでは?と思えるが、

ところがどっこい、どうでもよくないのである。


どんなコトバを選ぶかは、自分の世界をどう表すのかに直結していて、

口にしたコトバは、そのままその人を表すものだからだ。


言葉にこだわる著者は、自分にこだわる人なのかもしれない。




さて、余計な想像をしてしまったが、

期待どおりのゆるゆる感が、この著者の魅力であり、

この本も、その期待を裏切らない。



ちまちま万歳なのである。