dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

『古都』川端康成

川端康成作品3冊目に挑戦したしました。

1冊目は、男女のいろいろ
http://d.hatena.ne.jp/tetuneco/20100101

2冊目は、怪談
http://d.hatena.ne.jp/tetuneco/20110211


で、今度は、京都が舞台の清らかなお話です。

どこを探しても、どこにも黒いものがない。

北山杉のまっすぐな木立、そのモチーフに裏付けられながら、

最後まで読み終えたとき、最後の最後まで登場人物や情景がいずれも清らかだったことに、

安堵と喜びを感じました。


著者本人のあとがきにもあるように、

京都の人に頼んでなおしてもらったという京言葉が、

なによりその美しさを彩っていて、ついつい声に出して読んでみたくなるから不思議です。



この本は、お話の流れもさることながら、

京言葉にやられたといっても過言ではありません。


私は、一応、生まれは京都なもので、京言葉に血が騒ぐのかな?



へえ。うち、この本好きどすわ。

ええ本どすぇ。あんさんも読んでみとおみ。