dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

『人はなぜ逃げおくれるのか』広瀬弘忠

人はなぜ逃げおくれるのか ―災害の心理学 (集英社新書)

人はなぜ逃げおくれるのか ―災害の心理学 (集英社新書)

3月11日の地震で、被害に合われた方々には、

心よりお見舞い申し上げます。


私は、その時、ちょうど家でテレビを見ておりました。

町を飲み込む黒い波に、ただならぬ不安と恐怖を感じました。



「人はなぜ逃げおくれるのか」


この本では、災害心理学を専門とする著者が、

災害時の人間心理に焦点をあて、

危険な状況下でとるべき避難行動を解説する。




この本を読んで、危険な状況下でとるべき行動は分かった。


だけど、

実際の災害時に、その行動がとれるかどうかは分からない。

そして、

正しい行動をとったからと言って、生き伸びるとも限らない。

多少、逃げ切る確率は上がる程度なのではないか、と思う。



私は、

災害心理学は、災害への備えや災害後の生活には役立ちそうだが、

災害時には、あまり役立ちそうにない気がしてならない。