dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

『「事務ミス」をナメるな!』中田亨

「事務ミス」をナメるな! (光文社新書)

「事務ミス」をナメるな! (光文社新書)


減らしたくてもなかなか減らない事務ミス・・・

いろいろと工夫をしたり、確認に次ぐ確認をしても、

やっぱりミスは起きる。


ミスる ⇒ へこむ ⇒ 気合いを入れる ⇒ またミスる 

⇒ よけいへこむ


というのがだいたいの私の失敗のループ。。


著者いわく

現代は、うっかりが許されない時代・・・なんだそうで、

小さな失敗も、ちょっとくらいいいや、では済まされない!!らしい。


やっぱり、私だってなんとかしたい!



この本では、ヒューマンエラーを防ぐ3つの力が紹介されています。

① 異常検知力

② 異常源逆探知

③ 作業確実実行力

この3つの中でも

1つめのの異常探知力が一番重要なのだそうです。

異常探知力とは、仕事の中に潜在している異変の兆候を
目ざとく探知する能力のことです。

上の私の失敗ループだと、

たぶん私は、

3つめの作業確実実行力をあげることにばかりに、

気力を注いでいるんだと思います。


気合いで何とか作業確実実行力をあげようとしていただけでした。


今後は、自らの失敗に対して、

気力とか気合いとか、精神的になんとかしようと思うだけではなくて、

間違いやすい事務については、しかるべきポイントで確認作業を行うような

仕組み作りをし、いちはやく謝りに気付くようにし、

気付いた間違いの原因もしっかり捉えて、今後の仕組み作りに生かす!

なーんて優等生的対応で、失敗を少しでも減らしていきたいです。。


そして、すぐに100%を目指そうとすると、

自分のふがいなさにすぐ気持ちが萎えてしまいそうなので、

ちょっとずつちょっとずつ。。


とにかく、

へこんでるばっかじゃ、どうにもならないもんね。。