dokusyo

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

『ことばのご馳走』金平敬之助

[新装版]ことばのご馳走

[新装版]ことばのご馳走

私は以前、『読書ノート』をつけていました。


そのノートは、本を読みながら気に入った部分に線を引き、

書き取りをしたものです。


(今は、ノートだらけになったので統合しました。

http://d.hatena.ne.jp/tetuneco/20091216


さて、最近この書き取りをずいぶんさぼっていたので、

この本から、久しぶりに書き取りをしました。


この本には、

「人を元気づけ、職場を活かす」ことばのご馳走がいっぱい詰まっています。

例えばこうです。


仕事のできる人に、そのこつを尋ねる。
共通して必ず出てくる答えは何か。
「燃えている仲間と常に接していること」ではないか。

過去は小さい。未来は大きい。

黙りたいときは黙っている。喋りたいときだけ喋る。
こんな人を「勝手無口」というのだそうだ。
この「勝手無口」は人間関係を一番悪くする、という。


久しぶりに読後の書き取りは、ノートにいっぱい。

そして、ご馳走でお腹いっぱい胸いっぱいになりました。。



今度は私が誰かにご馳走する番。。

照れずに言えるんかいな。。。

メールやブログは饒舌なんやけども。。