dokusyo
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を読んで社会をのぞき見

読書記録・本のおすすめ・その他もろもろ

Top page

こんにちは、tetunecoです。 私は、書評、本の選び方などを書き、そして、おすすめの本をジャンルや著者別にまとめたリストを作っています。 私の記事が、あなたと本の出会いのきっかけになるといいなと思っています。 【記事一覧】 小説などのおすすめリス…

【おすすめ】私の好きなおすすめ「幻冬舎新書」9冊

黄色い表紙が目印の幻冬舎新書は、本屋さんの書棚でも目立つ存在です。 幻冬舎新書は、新書の中でも読みやすく、取り上げているテーマも幅広いので、新書はあまり読んだことのないという方でも、読みたい作品にきっと出会えます。 新書デビューにも最適です…

いつもの東京が違って見える 異国トーキョー漂流記 

異国トーキョー漂流記 高野秀行(集英社文庫) 異国トーキョー漂流記 (集英社文庫) posted with ヨメレバ 高野 秀行 集英社 2005-02 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、辺境の旅人?といいますか、UMA(未確認動物)を追うノンフィ…

ことばの教養を身につけたいあなたへ

ことばの教養 外山滋比呂(中公文庫) ことばの教養 (中公文庫) posted with ヨメレバ 外山 滋比古 中央公論新社 2008-10 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、 お茶の水女子大学名誉教授、日本の英文学者、言語学者、評論家、エッセ…

私の読んでいる本・これから読む本のリスト公開中ー 

こんにちは、tetunecoです。 私は本を読んでブログに感想などを書いています。 この記事では、私のところに来てくれる本たちが、どうやって私のところに来たのか、どうして読みたいと思ったのかを記録しておきたいと思います。

あなたは何を書く? 書いて生きるあなたのために

書くことが思いつかない人のための文章教室 近藤勝重(幻冬舎新書) 書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 近藤 勝重 幻冬舎 2011-09-29 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本の著者は、 毎日新聞専門編集委…

Q&Aで解説 声のなんでも小事典

声のなんでも小事典 和田美代子 声のなんでも小事典―発声のメカニズムから声の健康まで (ブルーバックス) posted with ヨメレバ 和田 美代子 講談社 2012-03-20 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、声の専門家ではありません。 著者…

人間はどこまで耐えられるのか あなたはどこまで

人間はどこまで耐えられるのか フランセス アッシュクロフト(河出文庫) 人間はどこまで耐えられるのか (河出文庫) posted with ヨメレバ フランセス アッシュクロフト 河出書房新社 2008-05-02 Amazon Kindle 内容 この本は、 極限の環境における人間の生…

【おすすめ】私の好きな「現代新書」おすすめ10冊

こんにちは、tetunecoです。 本屋さんの新書売り場で、目を引くのが「現代新書」だ。 表紙の真ん中に、真四角が一つ。 その真四角は、いろんな色で塗られていて、本の内容を想像させたり、妙な愛着をわかせたりする。 とにかく集めて本棚にずらりと、色を揃…

【おすすめ】私の好きな「ブルーバックス」おすすめ6冊

こんにちは、tetunecoです。 みなさん、ブルーバックスという新書のシリーズをご存知でしょうか。 ブルーバックスとは講談社が刊行している新書で、自然科学全般の話題を専門家ではない一般読者向けに解説・啓蒙しているシリーズです。 このシリーズは、物理…

【おすすめ】小説・エッセイ・ミステリ・SFなどなど 89選

面白い本に出会うには、どうしたらいいのか? 週末、何か読みたい。んでも何を読んでいいやらわからない・・・。 本屋さんに行く時間がないので、本との出会いがない。 Amazonで検索しても、おすすめされるのは、自分が読んだことのある本に関連のある本なの…

【おすすめ】私の好きな『野矢茂樹』おすすめ5冊

こんにちは、tetunecoです。 哲学は好きですか? 私は好きです。大きな声では言えませんが、哲学が大好きです。 しかしまあ、大きな声で言えるほど、哲学を理解しているわけではありません。 私の好きな哲学者野矢茂樹さんのおすすめ本を紹介します。 また、…

難解な本に挑む あなたのための指南書

難解な本を読む技術 高田明典(光文社新書) 難解な本を読む技術 (光文社新書) posted with ヨメレバ 高田 明典 光文社 2009-05-15 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、 現代思想、通信工学、メディア論が専門で、一般向けに多数の著…

タイムトラベル 今ここはマイナス・ゼロ

マイナス・ゼロ 広瀬正 (集英社文庫) マイナス・ゼロ (集英社文庫) posted with ヨメレバ 広瀬 正 集英社 2008-07 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、 日本の小説家、SF作家、推理作家、ジャズ・サックス奏者、クラシックカーモデ…

語彙力を鍛えたいあなたへ 量と質を高めるヒントがここにある

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング 石黒圭(光文社新書) 語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書) posted with ヨメレバ 石黒 圭 光文社 2016-05-19 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、 日本の言語学者日…

脳が作り出す映像 夢を科学する 

夢の科学 ー そのとき脳は何をしているのか?(ブルーバックス) 夢の科学―そのとき脳は何をしているのか? (ブルーバックス)posted with ヨメレバアラン・ホブソン 講談社 2003-12-21 AmazonKindle 私は、よく夢見る。戦隊モノの主人公だったり、殺し屋に狙…

食べて生きる 人間の原点を鋭く見据える作品

もの食う人びと 辺見庸 (角川文庫) もの食う人びと (角川文庫)posted with ヨメレバ辺見 庸 角川書店 1997-06 AmazonKindle 人間は、食べたものでできているという。当たり前だ。 私は、毎日繰り返す、食うことについて、食が自分を作り、生きているから食…

人のあがきは、もがけがばもがくほど深く沈む

ガラスの靴・悪い仲間 安岡章太郎(講談社文芸文庫) ガラスの靴・悪い仲間 (講談社文芸文庫) posted with ヨメレバ 安岡 章太郎 講談社 1989-08-03 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本にも収められている「ガラスの靴」でデビューし、この作品は…

「政治的秘境」が俺を呼んでいる アヘン王国潜入記

アヘン王国潜入記 (集英社文庫) アヘン王国潜入記 (集英社文庫) posted with ヨメレバ 高野 秀行 集英社 2007-03 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、ノンフィクション作家であり、 「誰も行かないところへ行き、誰もやらないこと…

心と響き合う読書案内 暖かな読書時間をあなたに贈る本

『心と響き合う読書案内』小川洋子

【おすすめ】私の好きな「江國香織」おすすめ5選

こんにちは、tetunecoです。 恋愛小説はほとんど読まない私ですが、数年に一度くらいのペースで、読みたくなるのが、江國香織さんの描く恋愛小説だ。 気がついたらスパッと切れた切り口から血が滲んで、後から痛みがじわじわくるような感じで、彼女の作品は…

【おすすめ】私の好きな「生物の本」おすすめ5冊!

こんにちは、tetunecoです。 人間を含めた、地球に住む生物には、謎がいっぱい。 生命の始まりや、生物の構造に組み込まれた生きるための仕組みなど、知れば知るほどよくできている。 私たちが生きて、この世界に存在することの不思議を、生物の本を読んで、…

見えない人の世界を体感する あなたは視野から解き放たれる

目の見えない人は世界をどう見ているのか 伊藤亜紗(光文社新書) 目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書) posted with ヨメレバ 伊藤 亜紗 光文社 2015-04-16 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、東京工業大学リベラ…

走れ!芽野!おい!ちょい待て、そっちじゃない!だから踊るなって!

新訳 走れメロス 他四篇 (森見登美彦) 新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫) posted with ヨメレバ 森見 登美彦 KADOKAWA/角川書店 2015-08-25 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 森見登美彦氏は、どんな人なんでしょう。 あ、いや、ここにどんな人なの…

あなたのコーチになってくれる本があります

ザ・コーチ 谷口貴彦 (小学館文庫プレジデントセレクト) ザ・コーチ 最高の自分に気づく本 (小学館文庫プレジデントセレクト) posted with ヨメレバ 谷口 貴彦 小学館 2016-11-08 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本の著者を検索してみたら、公…

小さな下宿ふうのアパートにて ここでいいより ここがいい暮らし

お家賃ですけど 能町みね子(文春文庫) お家賃ですけど (文春文庫) posted with ヨメレバ 能町 みね子 文藝春秋 2015-08-04 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、エッセイスト、イラストレーターさんです。 どうやら人生の途中で、男…

互いに愛せよ さもなくば死あるのみ

モリー先生との火曜日 ミッチ・アルボム (NHK出版) 普及版 モリー先生との火曜日 posted with ヨメレバ ミッチ・アルボム NHK出版 2004-11-21 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いた人は、 ジャーナリスト、脚本、劇作家、ラジオおよびテレ…

お城好き必読! いつかは行きたい現存12天守閣を巡る旅を本で  

現存12天守閣 山下景子(幻冬舎新書) 現存12天守閣 (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 山下 景子 幻冬舎 2011-01 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 著者をどんな人か調べてみたら、ウィキペディアに評論家とあった。 しかし、何の評論家なのかは、…

瞑想難民にならないために 瞑想する前の迷走中に読もう

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門 悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門 (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 魚川 祐司,プラユキ・ナラテボー 幻冬舎 2016-10-28 Amazon Kindle この本書いたのどん…

犯人たちよ、福家警部補に隙を与えてはいけない

福家警部補の再訪 大倉崇裕(創元推理文庫) 福家警部補の再訪 (創元推理文庫) posted with ヨメレバ 大倉 崇裕 東京創元社 2013-07-20 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いた人は、 会社勤務を経て1997年、「三人目の幽霊」で第4回創元推理…

映画監督西川美和さんの頭の中をのぞいてみよう

映画にまつわるXについて 西川美和 (実業之日本社) 映画にまつわるXについて posted with ヨメレバ 西川 美和 実業之日本社 2013-03-07 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本の著者は、映画監督西川美和さんだ。 私は、邦画洋画問わず映画をほとん…

首都は生まれ変わる あなたにもきっと新しい首都が見える

首都崩壊 高嶋哲夫 (幻冬舎) 首都崩壊 posted with ヨメレバ 高嶋 哲夫 幻冬舎 2014-02-19 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、日本原子力研究員を務めた経験を持つ小説家さんです。 研究員を務めた後は、学習塾も経営していたそう…

【おすすめ】私の好きな「高野秀行」おすすめ7選

こんにちは、tetunecoです。 高野さんの本の魅力は、高野さん本人の誰もが行きたがらない辺境の地への冒険心、どんな辺境の地でも土地の人にすっとなじむ人懐っこさ、社会の常識には囚われないハチャメチャぶりなどがあげられるだろう。 加えて、文章の面白…

あなたもペンギンと電車に乗って なくしものを探しに行きませんか 

ペンギン鉄道なくしもの係 名取佐和子(幻冬舎文庫) ペンギン鉄道なくしもの係 *1 posted with ヨメレバ 名取 佐和子 幻冬舎 2014-06-10 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本の著者は、 日本のゲームシナリオライター、小説家兵庫県神戸市生まれ、…

本屋で何する? 平台がおまちかねだぞ

平台がおまちかね 大崎梢 (創元推理文庫) 平台がおまちかね (創元推理文庫) posted with ヨメレバ 大崎 梢 東京創元社 2011-09-16 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本の著者は、 日本小説家、推理作家。元書店員。東京創元社発行の連作短編集『…

【週末読書家おすすめ】小説・実用書・新書などのおすすめ本リストいろいろ

<目 次> はじめに 小説リスト 何か読みたいなら、この中から 大好きなミステリーをまとめたよ 本屋大賞受賞作を読む 泣ける本5冊集めました おすすめエッセイあります 「新潮文庫の100冊」からおすすめ15冊 美味しい物語5選 本好きのための図書室・本…

【おすすめ】本好きのための本・図書室・本屋がモチーフの物語 4選

こんにちは、本の中に自分が読んだことのある本や本好きの人が登場したりすると、なんだか嬉しいtetunecoです。 私が、読んだ本の中から、本、図書室、本屋がモチーフとなっている物語を集めました。 本が好きならきっと、嬉しくなるような物語と出会うこと…

理系あるあるがいいたい〜 あるあるいいたい〜

理系あるある 小谷太郎(幻冬舎新書) 理系あるある (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 小谷 太郎 幻冬舎 2014-05-30 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、 日本のサイエンスライター、大学教員。東京大学理学部物理学科卒。博士(理…

【おすすめ】雑学博士に送る本8冊 こんな謎本あります!

私は、マニアックなネタの本を見つけると、こんな本があるのか!という驚きと共に、その本を読まずにいられない。 今回は、そんな私の読んだいつ披露したらいいのかわからない教養あふれる本を集めてみました。 1 ミミズのいる地球 中村方子(中公新書) ミ…

自分の立ち位置を理解せよ 新しい社会へとゆっくり降りる

下り坂をそろそろと下る 平田オリザ(講談社現在新書) 下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書) posted with ヨメレバ 平田 オリザ 講談社 2016-04-13 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、 平田 オリザ(ひらた オリザ)、男性、日…

親が子を捨てるのではない もう親を捨てるしかない時代だ 

もう親を捨てるしかない介護・葬式・遺産は、要らない 島田裕巳(幻冬舎新書) もう親を捨てるしかない 介護・葬式・遺産は、要らない (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 島田 裕巳 幻冬舎 2016-05-28 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いた…

図書館の神様は優しく見守るのだった

図書館の神様 瀬尾まいこ(ちくま文庫) 図書館の神様 (ちくま文庫) posted with ヨメレバ 瀬尾 まいこ 筑摩書房 2009-07-08 Amazon Kindle この本書いた人どんな人 この本を書いた瀬尾まいこさんは、中学校の国語の講師を経て教員になる傍ら、執筆活動を行…

シングルモルトとシガー 大人の男っていいな

Salon de SHIMAJI バーカウンターは人生の勉強机である Salon de SHIMAJI バーカウンターは人生の勉強机である (ペンブックス) posted with ヨメレバ 島地勝彦 CCCメディアハウス 2014-09-11 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本の著者は、 集英社…

思い通りにならないのが人生 死に方もしかり  

思い通りの死に方 中村仁一 久坂部羊 (幻冬舎新書) 思い通りの死に方 (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 中村 仁一,久坂部 羊 幻冬舎 2012-09-28 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本は、中村仁一さんと久坂部羊さんのお二人の医師による対談形…

山の神様に守られて なあなあ なんとなるさ

神去なあなあ日常 三浦しをん(徳間文庫) 神去なあなあ日常 (徳間文庫) posted with ヨメレバ 三浦 しをん 徳間書店 2012-09-07 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いた著者は、 2006年(平成18年)8月に『まほろ駅前多田便利軒』で同年上半…

【おすすめ】旅してますか? 旅のエッセイおすすめ5冊

こんにちは、tetunecoです。 みなさん、旅は好きですか。 私は、まあまあです。 本物の旅も、もちろんいいけれど、居ながらにして旅を味わう、旅のエッセイはいかがでしょうか。 私の好きな作家さんの旅のエッセイを集めました。 本の中に流れる非日常感は、…

イスラムの国々を西へ 夫婦の旅は続く

夫婦で行くイスラムの国々 清水義範(集英社文庫) 夫婦で行くイスラムの国々 (集英社文庫) posted with ヨメレバ 清水 義範 集英社 2009-08-20 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本の著者は、小説家です。 それも、SF、ミステリー長編、短編、エッ…

趣味を突き詰めろ! みうらじゅん流 仕事の作り方

「ない仕事」の作り方 みうらじゅん(文藝春秋) 「ない仕事」の作り方 posted with ヨメレバ みうら じゅん 文藝春秋 2015-11-24 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いた、みうらじゅんさんって、ウィキペディアによると、 日本の漫画家、イ…

身も心もほっこり レトロ銭湯へようこそ 

レトロ銭湯へようこそ 関西版 松本康治(戎光祥出版) レトロ銭湯へようこそ 関西版 posted with ヨメレバ 松本 康治 戎光祥出版 2015-12-08 Amazon Kindle 関西てくてく銭湯 まち歩き&銭湯ツアーに行ってきた 先日、大阪のディープタウン京橋を散策しつつ街…

「鋼のメンタル」いい響き これ欲しいね

鋼のメンタル 百田尚樹 (新潮文庫) 鋼のメンタル (新潮新書) posted with ヨメレバ 百田 尚樹 新潮社 2016-08-10 Amazon Kindle この本書いたのどんな人 この本を書いたのは、放送作家、小説家です。 放送作家としては、関西人の心、『探偵!ナイトスクープ…